menu

シャロー道

バスマスターエリート優勝の立役者はRTO1.5だけじゃない!大森貴洋さんがレイクマーチン戦で使っていたジグなどの詳細

RTO1.5のフック交換情報もあります(^^)

RTO1.5の人気といったらもの凄いですね。バスマスターエリートの試合で、それも生中継であんなラッシュを見せられたら、誰もが欲しくなるのは間違いありません。もちろんRTOは私も買いましたw

世間はRTO話でもちきりですが、今大会でももちろんの事ですが大森さんは他のルアーも駆使してこの大会を勝利しました。全くと言っていいほどスポットが当たっていませんがw

今回はRTO以外に使用していたタックルにも目を向けて見たいと思います。ひとつだけRTOに触れると言ったらフックを交換している情報ですかね!

スポンサーリンク

ジグなどの詳細

こちらの動画は使用していた2種類のラバージグについて触れています。

その詳細がタックルウェアハウスのサイトに乗ってました!  情報を下さった「きびさん」ありがとうございます!

Googleの翻訳機で日本語訳にしました。

なんとなく読めますよね?「がまかつ→蒲刈」や「大森貴司郎」とちょっと面白い翻訳もありますがwこの中で私的に気になったのは、フルサイズのジグとフィネスなジグを用意している所。そして「skirtsplus」と言う会社のスカートを使ってラバージグを作っている所ですかね。

同じものを使ってみたくなる私wここで通販できるのでしょうか?他に手に入れる方法はあるのでしょうか?それかそのジグを販売してくれませんかね?w

ロッドやリールの情報が気になる方はこちら↓

ハンドメイドジグのトレーラー


そのハンドメイドのジグにトレーラーとして使用していたのは2種類。ひとつ目は日本でもおなじみの「ゲーリーのダブルテールの5インチ」です。日本の通販を見てみたら4インチしか見当たらないのはなぜ?

 
そしてもう1つは私も注目している、「Strike KingのTwin Tail Menace Grub trailer」と言うワーム。アメリカではもう定番らしいんですが、私は最近知ったのでタックルウェアハウスで手に入れました。今季使うのが楽しみなワームです。


このワームを知ったキッカケが、雨貝さんのこのTweetです。


Twin Tail Menace Grub trailerが乗ってるでしょwなんだこれは?と調べました。

でこの写真。デジタルスケールでジグとワームの重さを図っている写真です。なぜ計測するのか?などと考えると色々面白いのですが、今思えばこの写真のジグが今大会でも使用したジグなのかな?と思います。

テールがバタバタと強く振動するタイプで私の感覚だと強波動なタイプのワームです。

RTOのフック交換


大森さんはクランクのフック全てを標準装備のものから「ガマカツのラウンドベンド」のトレブルフックに交換しています。ガマカツUSAのブロンズのフックだと思います。

動画はRTOのクランクでは無いですが、まず初めにガマカツのフックに交換するよ…と言ってます。RTO1.5は「No.3」に変えているようですね。…標準が#4なので1番手大きくしている様です。

スピナーベイトで入れ替えしている

そしてこれは今回あまり出回ってない情報な気がしますが、最終日の後半にスピナーベイトを使って入れ替えを行っています。


前回の記事中の珍しい帰着動画の中で大森さんがタックルの片付けをしているのですが、そこにスピナーベイトが写っています。


スピナーベイトのチューニング
そのスピナーベイトはT.O.スピナーベイトで間違いないでしょう。(と言うか大森さんT.Oスピナーベイトしか持っていない)カラーはチャートリュースで、動画を見る限りダブルコロラドかな?って感じです。

私は写真のタンデムウィーローをよく使っているのですが、あまり振動が強くなく安定した姿勢で泳ぐスピナーベイトです。ダブルコロラドも試してみたいですね。

最後に・・・


もちろん今回のキーベイトはRTO1.5のTOクローでしょう。しかし他にも使用したルアーも注目すると、その時の状況が奥深く理解出来て、RTOの出しどころも分かってくるのではないでしょうか。あの「マジック・スポット」ではRTO1.5で、他のエリアではスピナーベイトやジグなんですから…。

流行りでRTO買って闇雲に投げても釣れませんよ…ってこの大森さんの後ろ姿が語っている気がしますwバス釣りはほんと奥が深い…。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング