menu

シャロー道

【琵琶湖】ホッパープロッパー炸裂!?久しぶりのプラクティスで釣りすぎた話。Pride50 #3

やりたい釣りがココにはある!

息子が産まれてから数年、前日のプラクティスに行けず毎戦ぶっつけ本番で挑んでいた大会でしたが、他の用事も重なって久しぶりに大会前のプラクティスに入る事ができました。

今回は前日プラが出来ることもあり、過去の情報に頼ることなく、ネットに溢れる釣果情報も全てシャットアウト!この時期に釣りした事ないエリアも含め「今」の釣りをしたら琵琶湖のビッグバス達が答えてくれました

スポンサーリンク

プラ開始早々にトップウォーターで


さぁどこからやろうかな?って考えた時、6月という事もあり「アフター回復〜アーリーサマー」を意識し東岸の葉山川〜北山田の水通しの良いエリアを選択しました。

ルアー選択は戦略的ではなく「コレで釣りたい!」と選んだriver2sea(リバーツーシー)のホッパープロッパー130。季節的にも絶好のタイミングだしね(^^)

▼気分はバスマスターエリートAOYランキング現在1位のブレット・チャップマンで!w #ミーハーメリカンw

そのホッパープロッパーで30分程流すと…

ドバーンと派手に出たバスは54cm!いきなりたまりませんなぁ\(//∇//)\ ベイトフィッシュ食いまくりで腹パンパン!

この時は「まぁたまたまだろう…」ぐらいにしか思ってなかったのですが…

その15分後ぐらいに、またまたドバーンと派手なバイトで上がってきたのは52cm\(//∇//)\ こちらもベイト食いまくりで腹パンパンのバス!この釣りアリだなと確信w

そのデカイバスが食っていたと思われるベイトがこちら▼

そう「ハス」と言う琵琶湖ではおなじみの魚。かなりの量がシャローに入ってきていて、目視もできるほど。このハスちゃんは船外機でゆっくり走っていたら船内に飛び込んできました。このこがキーになっているのは容易に想像できました。

似たようなエリアを探して


ハスに着くバスがホッパープロッパー130で釣れる事は分かったので、今度はヒシモが絡むエリアへ移動。今度もコレで釣りたい!って事で、ポッパーフロッグであるSPROのブロンズアイ・ポップのミッドナイトウォーカーをキャスト!

そしたらまさかの1投目で55cm 2800gのビッグフィッシュ\(//∇//)\ 結局1時間と少しの時間で50アップ3本が水面を割って出てきました。やはりここでも周りを見渡すとハスが泳いでいました。

その後は主に見て回る


もうこの時点で釣り過ぎ感(笑)次の日の大会の事も考え、違うパターン探しに徹する事にしました。

色々と試す内にひとつ見つけれたのが、ザリガニを食ってるバスをフリッピングで釣るパターン。人工島のブルーギルを食っているバスのフリッピングパターンもありましたが、なんせ人工島は陸っぱりも含めて人が多過ぎる…

見つけた場所はかなり狭い範囲のオオバナミズキンバイが生えるフリップ場でしたが、他の人が気付かない見た目バスがいそうに感じない…けど釣れる場所を見つけられました。

ライギョも釣れてベイトの存在を教えてくれました。

最後に・・・


かなりの手応えを感じたプラクティス。久しぶりの車中泊では「このまま状況が変わらないでくれ!」と車の中でただただ祈ってましたw

そして大会当日、ホッパープロッパーフロッグイケてる釣りで勝ったらカッコいいぞーw と自分を奮い立たせ、勝負をしにシャローへ向かいました。

つづく……

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング