menu

シャロー道

これだけは知っておきたい、バスボートまとめ

バスボート

バスフィッシャーマンを魅了するバスボート!湖面を100km以上の速度で走るその姿は、とてもカッコいいですよね!
もちろん、釣りのしやすさや、釣りを快適にしてくれる装備も充実しています。

そんなバスボートの有名なメーカーと、バスボートには欠かせないエンジン、エレキ、魚探のメーカーも一緒にまとめてみました。

ボートメーカー

トライトン・ボート Tritonboats

Tritonboatsトップページ

トライトン。名前からもうカッコいいですよね。釣りやすさ、走破性はもちろんのこと、ブランド的にも所有してるだけで、「オシャレでカッコイイボート」だと思います。

レンジャー・ボート Rangerboats

Rangerboatsトップページ

トップトーナメンターが求める「釣りのしやすさ」をとことん追求したボートがレンジャーボートです。

スキーター Skeeterboats

Skeeterboatsトップページ

2008年のバスマスタークラシックを制覇したAlton Jonesが乗っているボートがスキーターです。トランサム形状が特徴的で、波があっても抜群の安定性です。

ナイトロ Nitro

Nitroトップページ

あのケビンバンダムなどサポートするナイトロのバスボート。スーパーワイドハル効果により静止安定性と高浮力を誇る。シャローでの釣りが多いアメリカでは特に好まれているバスボートです。

サウザー・ボート Souther

Southerトップページ

Japan Style をとことん追求したバスボートです。トレーラーにもこだわり、日本の公道でも問題なく牽引できる所もオススメです。

 

エンジン・メーカー

マーキュリー Mercurymarine

Mercurymarineトップページ

ヤマハ Yamahaoutboards

Yamahaoutboardsトップページ

スズキ Suzuki

Suzukiトップページ

エレクトリック・モーター

ミンコタ Minnkota

Minnkotaトップページ

モーターガイド Motorguide

Motorguideトップページ

魚探

ローランス Lowrance

Lowranceトップページ

ホンデックス Hondex

Hondexトップページ

ハミンバード Humminbird

Humminbirdトップページ

フルノ Furuno

Furunoトップページ

いかがでしたでしょうか?

どれも格好良くて、憧れちゃいますね。高い買い物ですが、バスフィッシングがさらに面白く、楽しくなる道具ですので、購入を考えてみたらいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング