menu

シャロー道

バスマスター・クラシック2016を大胆予想!4+1人に大注目!

バスフィッシングの祭典!バスマスタークラシック2016が3月4日〜6日に、オクラホマ州にあるグランドレイクで開催されます。グランドレイクでのクラシック開催は2013年以来2度目。優勝賞金はなんと30万ドル!(約3600万円!)はたして、誰がこの栄冠を手にするのでしょうか!

今回は私が注目する選手4+1人を紹介したいと思います。アメリカの選手を知らない人も、この5選手は必ず覚えておきましょう!そして今回もインターネットの生放送もあるはず!楽しみですね!

バスマスターのホームページはこちら→http://www.bassmaster.com/

2013年はクリフ・ペイスが優勝

bmc1601
2013年は公式プラクティスの時から雪が降るなど寒波が到来。初日の朝の気温も、氷点下7℃とタフな状況にもかかわらず、クリフ・ペースが54Lb12oz(1日平均8Kg)を釣り優勝しています。その時の詳細はバサーをFujisanの定期購買で登録すると見れます。


 
bmc1602

優勝候補No.1ブラントン・パラニューク

bmc1603
同じレイクで開催された2013年クラシックで2位と後一歩だった、アメリカの北の地域である、アイダホ州出身のブラントン・パラニューク。地元が寒い地域がゆえ、スモールマウス戦に特に力を発揮する選手。ライトリグが得意のようですが、2013年のクラシックでは、初日ジャークベイト、2日目シェーキーヘッド、3日目クランクベイト。とその時の状況に合わせた展開ができる強者。クリフ・ペースがいない今回は、間違いなく優勝候補ですね。2015年総合10位。

2015年シーズン圧倒的強さを見せたアーロン・マーテンス

bmc1605
2015年シーズンを稀に見る圧勝でAOYを獲得した、今乗りに乗っているアーロン・マーテンス。クラシックも大本命には間違いないのですが、クラシックはいつも2位止まり…今年こそはクラシック優勝を果たしたいと、本人が一番思っているはずです。

若手の中でも実力者!ジャスティン・ルーカス

bmc1607
正直、結果しか見てないのでどんな釣りをするか分かりませんが、素晴らしい結果を残し続けているジャスティン・ルーカス!なおかつイケメンでカッコいいので要注意人物です(笑)2015年総合2位。

帰ってきましたケビン・バン・ダム

bmc1606
2015年まさかのクラシック出場を逃したケビン様ですが、しっかり今年は帰ってきました。さすがとしか言いようがない実力者ですね。いつも他の選手と違った釣り方で釣ってくる姿を、今年のクラシックでも見せてもらいたいです!2015年総合24位

いつか必ず勝ってほしい!バーニー・シュルツ

bmc1608
+1と書いたのはこの人です!私個人的に応援しているバーニー・シュルツ!日本にも所縁のあるバーニーにやっぱり勝っていただきたい!2015年シーズンは全体的にも調子良く、総合18位でしたから、フロリダ出身でもチャンスはあるハズ!

最後に…

もちろん他にも注目の選手はたくさんいます。マイク・アイコネリ、ディーン・ロハス、ランディー・ハウエル…誰が勝ってもおかしくない凄腕達が頂点を目指すこの戦いを、見逃すわけには行きません。まだ1ヶ月も先ですが、楽しみすぎてブログに書いてしまいました(笑)

今年は日本人選手がいない、ちょっぴり寂しいクラシックですが、3月のクラシックから開幕するトップカテゴリーの戦いを楽しみにしていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング