menu

シャロー道

CATEGORYフリッピング

新来の X-ZONE「マッスル バック ホグ ハンター」はZBCブラッシュホッグの地位を揺るがすのか?!

フリッピング時のリーサルウェポン「ベビーブラッシュホッグ」 しかし、その地位を揺るがすホグ系ワームが登場!? 見ただけで「釣れる」と確信した隠然たるソフトベイトを紹介します。 Imported Fishing Tackle…

やっと出会えた理想のストレートフック!イチカワフィッシングの「TS-3」

テキサスリグでの接近戦で特に有効なストレートフックですが、今まで使いにくい物が多く納得行くものがありませんでした。 しかし!やっと理想的なストレートフックと出会うことができました!それは… イチカワ・フィッシングの「TS-3」 …

革新的な装置「ハイドロウェーブ」でもフリッピングしている時は必要じゃないかも?

ボートでそっと近づいて静かにアプローチしたいマットカバー。 しかし、あいつが何やらガサガサ…ゴソゴソ…。なんか釣れる気がしなくなっっちゃうじゃないか!汗 もしかしたらハイドロウェーブの音が悪さをしている…かも? バシャ!バ…

噂のイチカワフィッシングのストレートフック「TS-3」のワームの付け方からセッティング方法。IchikawaFishing

最近バスフィッシング界で噂の釣具メーカー「イチカワフィッシング」(主にフックを製造販売)。その中でもフリッパーが特に気になっているのがひねりを採用しているストレートフック「TS-3」ですよね。 「フッキング時のすっぽ抜け、魚にフックが…

釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど

夏から秋にかけてのバス釣りで高いビッグフィッシュ率を誇る「菱藻」。しかし、延々と続く菱藻群を前に「どこで釣ったら良いのか分からない…」そんなこと有りませんか? 実は広大な菱藻群の中でも、釣れる場所と釣れない場所がハッキリと別れていて、…

ベイトリールにPEラインを巻く時は要注意!トラブルを未然に防ぐ巻き方を覚えておこう!

ナイロンやフロロの巻き方とは違います! PEラインをベイトリールに巻く時は3つの注意点があります。それは… ①空転しないようにPEをスプールにしっかり固定する ②巻くときに熱を発生させない ③糸噛みしないようにキツく巻く …

生中継から技術を盗め!グレッグ・ハックニーのフリッピングテクニックが凄い!

現役のフリッピングの神様「グレッグ・ハックニー」の生放送を観ました? ティミー・ホートンが10年ぶりにバスマスターエリート第2戦を優勝し、話題を全部持って行きましたが、私はその出来事よりもグレッグ・ハックニーのフリッピングテクニックに…

釣れるマットカバーはここが違う!簡単にバスが潜むエリアを見つける方法

小規模なマットカバーなら片っぱしから釣りして釣れる場所を探すことができますが、琵琶湖の様な永遠に続くマットカバーならどうでしょう?片っぱしから永遠と釣っていたらあっという間に時間だけが過ぎ、下手したらノーフィッシュで終わることもあるかもしれ…

さらに記事を表示する

人気記事ランキング