menu

シャロー道

笑うに笑えない大失敗!バス釣りでやってしまった2度のラインブレイク…「しょんない独り言」

♫春が来れば思い出す〜♫

昨日、琵琶湖に行って小バス2匹しか釣れなかった管理人のHIDEKIです…涙。いつ行っても春の琵琶湖は難しいですねぇ。

そんな難しかった琵琶湖ですが、去年も同様に苦戦を強いられた大会中、僕はやってはいけない大失敗をしてしまいました…。

2度のラインブレイク…

聞いてみればバカな話なのですが、今回は独り言という事で「管理人の大失敗」をお送りしたいと思います。

ことのはじまりはニジマス釣り

2015年春の琵琶湖の大会の数週間前に、ウォーミングアップも兼ねてニジマス釣りに出かけたのが事件の始まりです。

日頃の僕の釣りではスピニングタックルはあまり出番がなく、3台しか持っていないので(1台はソルト用)魚種によってラインを巻き替えて使い回しています。なので、ニジマス釣りに行くためにバスで使っているリールをナイロンの3ポンドラインに巻き替えてニジマス釣りを楽しみました。

ピンと来た人はもうお分かりですかね?そう、僕はニジマス釣りのナイロン3ポンドから、琵琶湖のビックバス用にフロロの6ポンドラインに巻き替えるのをスッカリ忘れてしまい、ナイロン3ポンドのまま琵琶湖の大会に参加してしまったのです!!

小雨混じりの琵琶湖での大会…

大会当日の天気は雨で、水温も上がらず寒いぐらいでした。ベイトフィッシュが固まっている場所を発見したものの巻物などには反応せず、これだけベイトフィッシュがいるのだから、バスも居るはずだと思い、日頃あまり使わないスピニングタックルのライトリグを投入しました。

ジグヘッドにラインを結んでいる時に、ニジマス用のラインだと気付かない自分…キャストし初めてすぐさまアタリが来ました!いつもの様にラインを巻き込んで合わせると…
「パス…(ラインが切れる……。)」
あれれ強く合わせすぎたかな?やっちまったけど、魚は居るぞ!とポジティブな私…(苦笑)

気を取り直して、また同じジグヘッドにラインを結んでいる時に、「何か細いなぁ」と違和感を感じたのを覚えてるのですが、そのままキャスト!そしてまたすぐさまアタリ!今度は慎重にスウィープ・フッキングゥ〜!

「ドラグがジジジジ〜と出始めて、デカイ!」
と思った瞬間…「プツン………。」

「@〆〃*仝%⊇♯∈!!」ブログ禁止用語連発!

その後、こりずにジグヘッドにラインを結ぶ私(←どうしようもないバカ)今度は切れない事を確認するため手で強めに引っ張ってみると…
「パス……。」
この切れた時に、やっっっっっっと気付きました!

「これニジマス用のラインだ…_| ̄|○」

その後はベイトフィネスに持ち替えたけど時すでに遅し…涙。あのバスを釣っていたら…。

最後に…

自分でも未だに悔やむに悔やみきれない大失敗なのですが、もうこんな事にならないようにニジマス用のリールを買いました。

あなたも何か大失敗エピソードありますか?失敗から学ぶ事も多いですが、こんな失敗はもうしたくないですね汗。

しょうもない管理人の独り言を最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^^)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング