menu

シャロー道

72位からの逆転優勝!大森貴洋選手が勝ったバスマスターエリート第4戦!2016 Bassmaster Elite at Wheeler Lake

この展開を誰が予想できたでしょうか?

バスマスターエリート第4戦がアラバマ州のウィーラーレイクで開催されました。その大会であの男がやってくれました!

TAKAHIRO OMORI!!


そう大森貴洋選手が見事な試合展開で自己初となるエリート戦優勝を飾りました!

初日72位と出遅れた大森さんでしたが、2日目からはビックフィッシュラッシュ!毎日10kgオーバー!!そして圧巻はその釣り方!!正直衝撃を受けました。格好良すぎる・・・!大森さんのストロングパターンを見ていきましょう!

画像はBassmaster.comからお借りしています。

プラから初日

160430to01
大会前に大森さんは「最悪なプラクティスだった…」と言っていたようです。狙っていた場所に魚がいなかったようで、それは初日も同じだったのです。その狙っていた場所はここ↓
Decaturflat
「ディケーター・フラット」と呼ばれる広大な場所で、この上流側と下流側の2ヶ所のピンスポットを時間を変えて入る戦略をくんでいたようです。

しかし、初日はホワイトバスしか釣れなかったようで、下流にあるシャローで10lb7oz(4.7kg)の72位と出遅れてしまいました。

2日目に大爆発!72位→4位にジャンプアップ!

160430to03
初日に出遅れた大森さんですが、この日から大逆転劇の幕開けです。プラから狙っていた「ディケーターフラット」にビックバスが入ってきたのです。
写真 Day 2: Omori’s 23-10 monster bag

2日目に釣り上げたバスの重量は23lb10oz(10.7kg)!!これが大森さんがプラからずっと狙っていた魚だったんだ!と驚きました。

使っていたルアーはヘドンのスーパースプーク。たぶん大森さんの事なので誰かに塗ってもらったオリジナルのカラーだと思いますがこんな感じの黒とシルバーのカラーです↓
super-spook-300
画像はヘドンホームページからお借りしております。

動かし方はすぐ疲れてしまうんじゃないかと思うぐらいのめちゃ速いドックウォークです。ライブ中継の録画を見てもらうのがオススメです。

準決勝も22lb9oz(10.2kg)のビックリミット

160430to02
2日目終了時に4位に上がった大森さんには準決勝からライブカメラが乗りましたので、ライブ中継の録画はこの日からとなります。

動画 ウィーラーレイク・ライブ中継
※5月10日ライブ中継がみれるようになりました。

3日目となる準決勝もトップウォーターを中心にビックバスを次々と釣り上げていきます。2日目も使っていたかは分かりませんが、この日はスイムベイトも使っていました。私の知識が無いのでどのルアーかは分かりませんが、分かりしだいここに書きたいと思います。
swimbait042
調べてみたのですが、違ったらごめんなさい。Bass Pro Shops XPS Swimming Minnowと言うのが似てます。↓※追記:その後のアナウンスで「Bass Pro Shops XPS swimbait」と発表されているのですが、これとは違うのかは不明です。
swimbait050

そのスイムベイトでデカいスモールマウスを釣った動画がこちらになります。↓
動画 Takahiro finds a nice smallmouth

3日目のモーニングバイト2匹をトップウォーターで釣った動画です。ルアーの動かし方も少し観れます。↓
動画 Takahiro loads the boat on Day 3

写真 Day 3 with Takahiro Omori

LIVE中継ならでは!

160430to04
3日目のライブ中継をみていたとき、大森さんのエリアにランディーハウエルが入ってきた時はなんか少し緊張感がありましたね。(私が英語が分からないので勝手に緊張してただけかも?汗)話し合いが終わってランディーが出て行った後、大森さんが日本語で「ランディーが入ってきたからさぁ〜」と言っていました(笑) こういうやりとりが見れるのも生放送ならではですね。ちょっと面白かったです(^^)

話がそれてしまいましたが、大森さんはこの日も、22lb9oz(10.2kg)のビックリミットを釣り上げ2位に浮上。トップとの差を4lb6oz(2kg)に縮めました。でも2kg差って大きいと感じませんか?トップのリフェーバー選手も3日目に20lb10oz(9.3kg)釣っていたのですから・・・。

決勝も圧巻のビックリミット

TOzara01
上位12名で行われる決勝でも大森さんの勢いは止まりません!それどころか加速していきました!

3日目までモーニングバイトを釣っていたのですが、ライブ中継が始まった時は2匹とあまり釣れていない感じでした。雨の影響で水温が低下していたようです。しかしそこは大森さん…焦る事なく淡々と釣りしていました。(マシーンですね)
動画 Takahiro starts Day 4 with a big fish

時間が進むにつれて、状況が刻々と変化する中、スイムベイトでもビックフィッシュを釣り上げていました。
TOswimbait

短日ビックフィッシュとなる5lb15oz(2.7kg)がスイムベイトで釣ったこの動画のバスか分かりませんが貼っておきます↓ (この後スプークでデカいの釣っていたのでそちらかもしれませんが…)

大森さんの落ち着きは半端ないですね。Twitter上でもメンタルの話になっていたのですが、トップのリフィーバー選手はここぞのタイミングでメンタルの弱さが出てしまう。大森さんは強靭なメンタルの持ち主だから問題ないといった話が上がっていました。

逆転優勝!ウェイイン

wheiinn040
大森さんが先に検量にあがり出たウェイトが…

25lb3oz(11.4kg)!!


大会4日間で最大のウェイト!!  リフィーバー選手との差が20lb…

そしてリフィーバー選手が壇上に上がり出たウェイトが16lb10oz!

大森選手の逆転優勝が決まった瞬間、自分の事のように「ヤッター!!」と言ってしまいました(^^)

動画 ウェイイン ウィーラーレイク
※決勝のウェイイン映像の52:30から大森さんが登場します!

大森さんにとって2005年以来11年ぶりのB.A.S.S.での優勝で、自己初のエリート勝利です! 大森さんがエリート戦になってからまだ勝った事がなかったのには驚きですね。日本人選手では2008年に桐山選手が勝って以来なので8年ぶりになります!

トップ13人の使用ルアー

weelertop13
選手の使用ルアーが公開されてました。こちらから↓
Top 13 baits at Wheeler Lake

最後に・・・

スーパースプーク
私のスーパースプークもウォーミングアップを始めました(笑)

超が付くほどのカッコ良いスタイル(スーパースプークとスイムベイト)で、素晴らしい展開で逆転優勝を見せてくれた大森さん。改めてスッゲー人だなぁと感じました。

年間もこれでグレッグ・ハックニー(2014AOY)に続く2位に上がってきました!アングラーオブザイヤーの戦いも目が離せなくなりましたね!


 
今後も大森さんの活躍を応援していきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング