menu

シャロー道

【バスマスター・エリート】第7戦の初日:マジで!大ベテラン「デビット・フリッツ」が首位!!深江さんが21位スタート!

バスマスター・エリート第7戦がサウスダコタ州にある「レイク・オアヘ」で開幕しました。

その初日、1993年クラシック優勝者「デビット・フリッツ」19lb7oz!!61歳の大ベテランが首位スタートを切りました!!

スポンサーリンク

レイク・オアへとは


2週連続開催となるエリート第7戦の舞台「レイク・オアへ」は、主要バストーナメントが開催されるのは初めてのハイランドリザーバーです。広さは1500平方km!琵琶湖の6倍!!広すぎてピンときませんが…w 細長い形状をしている湖は、上流から下流までな長さが実に372km!名古屋〜東京ほどの長さと規格外の釣り場です…。

ウォールアイの大会で有名なこの湖では、スモールマウスバスがターゲットとなり、キーパーは12in(30cm)。スポーン〜アフタースポーンの季節のようです。

上位陣


初日の首位に立ったのは19lb7ozのビッグリミットを持ち帰った、ノース・キャロライナ州出身、御歳61歳の大ベテラン「デビット・フリッツ!」 このベテランの大活躍にバスマスターファンにとって嬉しい驚きですね(^^)。

2位には11oz差でマーク・ダニエルJr。3位にはクラシック2連覇中ジョーダン・リーが僅差で着けています。

気になる日本勢は…


気になる日本勢は、深江真一さん13lb14ozとし21位と好スタート!大森貴洋さん12lb6oz29位清水盛三さん10lb1ozを釣り上げ52位と日本勢揃っての準決勝進出が見えてきました!!!

初日は雨貝さんが大森さんのボートに乗っていました。

初日の結果はこちら→Leaderboard

最後に・・・


レイク・オアへ戦の2日目の生中継は6月30日(土)の日本時間22時〜バスマスターのサイトで放送が行われます。

日本人選手の準決勝進出に期待しましょう!

詳しい時間帯はこちらから▼

画像や動画はBassmaster.comからお借りしています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング