menu

シャロー道

ルアーを自分で作ってみませんか?始めてみよう自作ルアー!管理人のしょんない独り言!

自作クランクベイト

管理人の「しょんない独り言」のお時間です!第2回は「自作ルアーって面白いから初めてみませんか」をお題に書いていきたいと思います。題名通りしょんない内容になるかもしてませんがよろしく〜(笑)

ラバージグを作り始めたのがきっかけ

自作ルアー03

私が初めて自作を始めたのはラバージグからです。その頃はまだ学生だったので、自由にお金を使えなかったのもあり簡単に作れるラバージグは私にとって始めやすかったです。だからと言ってラバージグを作る知識も無かったですから、買ってきたフットボールの針にラバーを巻くだけでした。

それを持ってフィールドに足を運んで釣りをしても、まぁ釣れない(笑)釣れない理由は「ラバーを巻きすぎだった」って言うのがその時の原因だったのを覚えています。今思い出してみても、モッサモサのゴム団子でしたから(笑)

ルアー作りは釣りに役立つ

こうやって自分でルアーを作るということは、そのルアーの事を知る上で本当に役立ちます。自分で色々作ってみると、市販のルアーは本当に良く考えられてるなぁと分かると同時に、ルアーの奥深さを学ぶキッカケにもなります。自分で色々なルアーを作ってみて1番の収穫は、市販のルアーでも何でもこのルアーは釣れる。このルアーは釣れないと区別する事ができるようになってくるという事です。

自作ルアー04

ルアー作りはルアーの事を学ぶだけではもちろんありません。自分で色々考えて作ったルアーで魚を釣ることがやっぱり楽しいですよね。例えばクランクベイトを何もない所から1つ作るにも、道具を揃えるだけでも大変ですし、木を削ったりするのも手間がかかります。しかし、そんな手間暇かけて作ったクランクベイトが「ブルブルブル〜」と泳いだ瞬間は本当に感動しますし、自分で初めて作ったルアーで魚を釣った時は一生の思い出になります。

私も自分でクランクベイトを何十個と作りました。まともに泳いだのは数個でしたけど、それを西の湖へ持って行き、棚に平行に投げて35㎝のバスを釣り上げた時は本当に嬉しかった事を、数十年たった今でも鮮明に覚えています。強度が弱かったため、何匹か釣って壊れてしまいましたが、デカいバスを釣るより思い出深い経験をしました。

準備をして作ってみよう!

自作ルアー02

さぁ作ってみようと思っても、何から初めて良いか分からないですよね。普通にネットで「自作ルアー(ルアー名)」で検索すれば色々とでできます参考になさって下さい。

私のオススメは、まず何でも良いから市販のルアー(クランクベイトなど作りたいと思うもの)を壊してみる事です。壊して開けてみてどんな物が使われているかを知ったり、どんな風にオモリが配置されているかや、ワイヤーがどの様に曲げられてるのか、などを研究する事から始めると良いと思います。

必ず持っていたい道具はエアーブラシでしょうか。塗装は缶スプレーなどではどうしても上手くいかないので、安くてもいいからエアーブラシの購入をおすすめします。最初は上手く塗装できないかもしれませんが、慣れてくると本当綺麗に塗れるようになるので楽しくなってきます。

自作ルアー01

最後に…

私はバルサの木を使ったクランクを作るのが好きで良く作っているのですが、重りの位置を数ミリ前後しただけで泳ぎが変わったり、リップの素材を変えるだけで動きが早くなったり遅くなったりと、やってて本当に面白いです。真っすぐ泳がないクランクを泳がせる為の「トゥルーチューンの方法」を覚えたり、泳ぎ方の違いを表す用語の「ワイドウォブルとタイトウィグル」を覚えたのも自作でルアーを作っているときでした。自作することはルアーフィッシングを楽しく学ぶことだと思います。

皆さんも自作ルアーを作ってみてはいかがでしょうか?釣りをさらに面白くしてくれますよ!

それでは、管理人のしょんない独り言のコーナーでした!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

twitter

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング