menu

シャロー道

激浅なヒシ藻のビックなバスをリアクション!

 こんな浅い水深のカバーにバスがいるのかな?

そんな思いが頭をよぎる位の浅い場所にバスは平気で入ってきます。
しかし、そんな場所のバスは、少し船が近づきすぎたり、物音がするだけで、すぐに口を使わなくなってしまいます。

そんなバスをどう釣るか…
フロッグで何度もキャストしても出ない…テキサスリグで丁寧に打って行っても釣れない。
食わせようと思っても食わないぐらい、激浅なシャローカバーにいるバスはなかなか簡単に食ってこないんですよ。
なので、ここではリアクションの釣りを意識して展開していきます。

そこで出てくるのが、シャローのリアクションの定番!
ラバージグです。(写真・deps FLATBACK JIG 1oz、osp DoLiveCraw 5in)
1oz以上のウエイトがあって、トレーラーも5~6インチぐらいの大き目クロー系ワームを使います。

そのジグをできるだけ離れてキャスト。(サイドハンドでギリ届くぐらいでOK)
静かに落とすことより、多少大きな音が出てもいいので、カバーを貫通させます。

よく使う人ならわかると思いますが、ラバージグの着水音は、他のルアーが落ちた音と違うんですよ。
ラバーやワームなどが、ヒシと擦れる音がテキサスリグなんかと違い、「パシャ」と言うような、いかにもエビがビックリして水面に飛び出たような音がなり、 着水音が少し大きな音でも、逆にその音だとバイトしてくるのです。
ウィードなどがジグが絡まったりして、テンポは良くない釣りになってしまいますが、激浅なシャローのビックなバスには、すごい効果のある釣り方なので、ぜひやってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング