menu

シャロー道

遥か彼方まで飛んで行け!マグナムクランクやビッグベイトなどの重たいルアーのキャスティング方法

ビッグベイトの投げ方は担ぎ投げでOK?

ビッグベイトで釣りをしていて困る事の1つに、「疲れてしまい継続してキャストできない」というのがあります。それはもしかしたら投げ方(フォーム)が良くないかもしれません。

そこで今回はビッグベイトをよく使っているアングラーの「ビッグベイトのキャスティング方法」をシェアしたいと思います。

テイクバックしない担ぎ投げ

バスフィッシングでのオーバーヘッドキャストは基本的に、前で構えたルアーをある程度の勢いで後ろに振り、ロッドが上に来たとき止めることでロッドをしならせ、そのしなりが戻る反発力でルアーを飛ばします。

しかし、ビッグベイトなどの大きく重たいルアーで同じことをしようとすると、案外飛ばないのと、ロッドを止めたときの「タメ」の時の重量がモロに腕に来るのでとっても疲れてしまいます。そこで参考になるのがこの動画です。↓
 

ロッドの持ち方はシングルハンドでは基本無理なので、両手を使うダブルハンドです。それを前でルアーを構えずに「後方で構える」のがビッグベイトなどの重量物をキャストするコツの様です。

この投げ方でもルアーの重量が大きいためロッドをしならせることができ、ロッドの反発力が使えます。そしてロッドを後に振り、止めたときの「タメ」が無いので腕への負担が少なくすみますね。

でも…結局は腕力が物を言う気がしますwビックベイトを操るには筋トレ必須でしょうかね!?

ソルトの投げ方

実はこの投げ方はGT(ジャイアント・トレバリー)などのソルトのキャスティングをやったことがある人にとっては当り前の投げ方なんですよね。バスフィッシャーマンである田辺哲男さんもGT釣りの時は「後方で構えるキャスティング」をしています。

やはりビッグなルアーを投げるときは担ぎ投げが基本の様です。

最後に・・・

newスライドスイマー250
重たいルアーを上手に遠くに飛ばすには投げ方が重要になってきます。しかし、他にも竿、リール、ライン、ルアーのすべてのトータルバランスもしっかり考える必要があります。動画のように上手く投げれなかったら、タックルバランスを見直さなければいけないかもしれません。

ビッグルアーを上手く投げれなくて困っていたら、先程の動画を見てフォームを研究してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング