menu

シャロー道

シャローでなんかすいません…

皆さんは、バスを釣るために、何が一番大切だと思いますか?

それは…

バスがいるところで釣りする事です!

そんなの当たり前だろ!って轟音が飛んできそうですが(笑)

バスフィッシングでは、その魚をいかにして、「見つけられるか」「探し出せるか」が釣果に大きくかかわってきますよね。
水槽にバスがいて、エサでも針につけて放り込めば、誰だって釣れます!
しかし、相手は琵琶湖など、とてつもなく大きな湖や川、野池などに生息しているのです。

そんな大きな場所でシャローからディープまで、様々なシチュエーションやルアーがある中で、
私が得意とするシャローゲーム
そのシャローの釣りを語っていきたいなと思っています。

なぜシャローか? ってお思いの方も多いと思いますが…
なぜなら、、、

面白いから!

本当単純に面白いですよね。

キャスティングのアキュラシー(狙ったところに投げれるか)が必要だったり、トップウォーターでバイトシーンが見えたりなどなど…全部ひっくるめて面白いですよね!

そのシャローの魅力を余すとこなく伝えていきたいと思います。
シャロー好きの私がどのようにしてシャローのビックバスと向き合っているのか。どのようにして考え釣っていくのか。色々な視点から、シャローを見ていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング