menu

シャロー道

臆せず打て!バンタム「マクベス」はキャスト精度・泳ぎ・回避能力に優れたクランクベイト!シマノ

ここまで障害物を避けるプラスチック製クランクベイトが今までにあっただろうか?

色々な人に「このクランクが凄い釣れるから使ってみな!」と教えてもらったクランクベイトは今までに経験ありません。そのクランクベイトとは…

「バンタム・マクベス」

B.A.S.S.エリートプロのイヨケンこと伊豫部健プロデュースのカバークランクですが、その性能がハンパないのです!まだカバークランキングをしたことない人から、マニアックなクランカーまで全てのバサーにオススメできる!そんなクランクベイトを紹介したいと思います。

使い方は固いものにぶつける

macbeth020
普通ならワームやラバージグなどで攻めるような障害物に、マクベスを投げ込みます。ワームやラバージグなどの「食わせ」では食ってこないバスを、クランクベイトの不規則な動き(リアクション)で狙っていきます。

立ち木やレイダウン、岩や石、マンメイドなどの「固いもの」に当ててなんぼのこのルアーは、作ったイヨケンさんも「ウィード(水草)などの柔らかい物では使って欲しくない」と言うほどです。

高い根掛かり回避率

障害物に投げ込むと心配になるのが根掛かりです。しかし、このクランクの特徴の一つに高い障害物回避能力があります。立ち木や岩などのバスが付きやすい固い物質にぶつけても、全くと言っていいほど引っかからないのです。

実際の現場で試してきました。動画では見えませんが、水中には倒れた木の枝がたくさんあり、普通のルアーなら根がかってしまう場所を、このマクベスはいとも簡単に避けて泳いできます。

特にロッドを上下させたりとかもなく、ただグリグリ巻いてくるだけなのに引っかかりません。何回投げても引っかからず戻ってくるので、リズム良くそして気持ち良く流せるのがイイですね!

その障害物の回避能力を高めている要因の一つに、大きめのリップがあります。

bantammacbeth004
広めのスクエアビルはフロントフックを隠し、障害物に引っかからないようにしています。そしてリップの角が丸まってる事により、障害物をヌルッとすり抜け、リズム良くグリグリ巻くことができます。

bantammacbeth005
そして障害物を避ける要因のもう一つにファットな体型があります。イヨケンさんが話してましたが、ホディを太くすれば回避能力が上がるが泳ぎのキレが悪くなる。最大限の浮力を保ちつつ、リップ、フック、泳ぎのキレのバランスを考え開発したと。

bantammacbeth002
ボディの幅、リップの幅に隠れる#4のトレブルフック。これが根掛かり回避率アップの秘密です。

アキュラシーキャストが簡単に

macbeth55
先程の動画の前半でも触れてますが、16gという重さがとても投げやすく、狙った場所に投げれます。障害物を攻めるとなると、バスを強引に引き離したりするため、それなりの硬さのロッドが必要になります。その硬めのロッドでもルアーの自重でしっかりとロッドを曲げる事ができ、狙った場所に低い弾道でビシッと入れ込んでく事ができます。

参考までにこの時使っていたタックルです↓
Rod:ダイワ BA-UST 701MMHRB-G カーボン24%
Reel:シマノ カルカッタ・コンクエスト 100DC
Line:サンライン FCスナイパー 16Lb

カバークランク「マクベス」のスペック

bantammacbeth003
突き詰めた結果の大きさ:63mm

ビシッとキャストが決まる重さ:16g

イヨケンこだわりのシンプルペイント:全9色

値段は釣れるから高くない!1,650円(もちろん税抜き!)

フックは同じものが日本で買えない???ハヤブサTBL930フック#4

最後に・・・

bantammacbeth001
固い障害物に当てて使う、尖がったクランクベイトですが、カバーの奥に潜むジグやワームでは食わないビックバスを食わせるには最高のルアーだと思います。カバークランキングが楽しくなる!そんなクランクが「マクベス」なので、ぜひ使ってみてください!

そして、マクベスを作ったアメリカで活躍する伊豫部健さんを、日本からもっともっと応援していきましょう!


 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング