menu

シャロー道

スピナーベイトを買ったら必ずやりたい、オススメのチューニング方法!

スピナーベイトのチューニング

スピナーベイトをキャストしたら、前のブレードに糸が絡まってしまった…スキッピングさせたら、スカートがズレてしまった…こんな悩み有りませんか?

最近のスピナーベイトはこんな悩みは無いように作られてる物が多いですが、昔からあるが「今でも釣れるスピナーベイト」は買ったまま使うには不便なルアーも有ります。

そこで自分の使いやすいようにチューニングをするのですが、利点もあれば欠点も出てくるので、そこを理解して、スピナーベイトのチューニングをしてみましょう。

2ヶ所をチューニング

spinnerbaits08
今回の例に、釣れるスピナーベイトのひとつのT.O. Luresの「T.O. スピナーベイトII」をチューニングします。もうかなり昔からあるルアーなので、ラバーを固定するのがゴムになっていたり、ブレードが固定されていません。これだとスキッピングやジャーキングした時にスカートが後ろにズルッとズレてしまったり、ブレードがラインに絡まったりしてしまいます。なのでスカートは針金で止めて、ブレードはハンダで固定していきます。

しかし、ここで覚えておきたいのが、ゴムによる利点もあるという事です。その利点とは、釣りをしている現場でスカートをチェンジできるという事です。他のカラーや材質のスカートを持っていればありとあらゆるシチュエーションや状況に合わせられます。なのであなたのスピナーベイトの使い方でゴムのままにするか、針金で止めるかを決めましょう。

今回のT.O.スピナーベイト3/8ozの私の使い方は、シャローをショートピッチでバンバン投げまくる使い方をしようと思ってるので、スカートを針金で固定してしまいます。

スカートを固定する方法

spinnerbaits01
まずは止めてあるゴムをスカートと一緒に後方へ抜きます。ゴムをズラすとゴムで締め付けていたスカートがくっついているので(赤矢印)丁寧にほぐして1本1本バラしていきます。

spinnerbaits02
ほぐしてバラバラになったら写真のように手で均等にまとめます。

spinnerbaits03
適当な長さに切った針金で1、2回転巻いて止めていきます。針金はステンレスが錆びずに長持ちするのでオススメです。

spinnerbaits04
巻いたらペンチでグルグルと締め付け、余分な所をカットします。

spinnerbaits05
スカートを固定していたゴムは、無理やり引っ張って取ろうとすると、スカートが千切れてしまう事もあるので、ハサミかカッターを使って、切り取るのが良いと思います。

spinnerbaits06
最後にスカートを自分好みにトリミングしてあげれば完成です。

ブレードを固定する方法

spinnerbaits07
フロントのブレードが固定されていない物は必ず固定しましょう。
ブレードを固定するには、ステンレス用のハンダを使うのがオススメです。もちろん接着剤で固定しても良いと思いますが、ハンダで固定した方が確実に止まります。写真のようにブロックか何かでスピナーベイトを挟んで固定し、ラインアイ側のビーズを固定していきます。この時、ハンダだけを使うとビーズの中にハンダが入らず固定できないので、ステンレス用のフラックス(液体)を使うと簡単にハンダ付けができます。

 

最後に…

このチューニングをすることにより、ストレスなくシャローを巻いたり、向かい風でも絡まることが少なくなる方法です。ゴムが劣化してスカートが脱落することもなくなります。皆さんもチューニングが必要なスピナーベイトを持っていたらやってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング