menu

シャロー道

TAG[春の釣り]

春は「ひとつ目の障害物を狙え!」スポーニング時期のバスを簡単に釣る方法!

1つ目のOOがキーになる。 以前の東京で開催されたフィッシングショーで沢村幸弘プロが「春の魚を見つけるための考え方」の話をしていました。それは… 「深場から浅瀬への通り道にあるひとつ目の障害物やエリアを狙え」 湖の真ん中を…

2016PRIDE50開幕戦

悪天候の琵琶湖の大会…2016プライド50開幕戦!(しょんない独り言)

琵琶湖はそんなに甘くない! 私にとって7年目のシーズンになる、2016年のPRIDE50開幕戦4月18日(日)に出場してきました。選手の都合や悪天候の予報だった事もあり、24人といつものプライドを考えると寂しい人数でしたが、結果から言うと…

琵琶湖の棚

意外とみんな知らない!釣れすぎる真珠棚を簡単に見つけてしまう方法!

琵琶湖の南湖にある赤野井ワンド。そこにある真珠棚は、ハマれば5本で10㎏を余裕で超える程の爆発力を持っています。 赤野井の真珠棚だけに限らず、全国にはいろいろな場所に真珠棚はありますが、ただ闇雲にキャストを繰り返しても簡単には釣れないのが…

産卵直前のプリスポーンバスがベイトを追いかけ回す!春の激浅シャローフラットでバイブレーションプラグをどこでもキャスト!

マシーンになってひたすら投げて巻きまくる! 良く自分が琵琶湖の赤野井ワンドなんかでやる釣り方が今回のプリスポーンバスを狙うパターンです。産卵に入る一歩手前のバスが、シャローフラットにベイトを追ってクルージングしている様な時に爆発する釣…

タイミングで爆発する!知っておきたいセカンダリー・ポイントのプリのメスバスの7つのこと!

桜が満開になった頃の強風時に爆発するパターンが、今回紹介するセカンダリーポイントのメスバスを追いかける方法です。 01.メインレイクに面したワンド 越冬場所になる沖のディープからひとつめのワンドが狙いのエリアになります。そのワンドの…

春の王道!?岬先端のカバーは手返し重視!

バスが産卵を意識して、シャローに入って行くときに、必ず通って行く岬。その岬の先端にあるブレイクにからんだ障害物、例えばブッシュや大きい岩などがあれば、バスが一時的に立ち止まる場所になります。しかし、春の岬の障害物は王道な釣り方で、誰でも知っ…

驚愕!春一番のビックフィッシュパターン

2月初めの立春から、3月の20日前後の間に南から温かい南よりの強い風、「春一番」 私たちもこの強い南風を感じたら、春に近づいてきて、バス釣り本番の季節だな!とワクワクしてきますよね。 バスにとっても春を感じる温かい風。その温かい風が行…

意外とみんな知らないかも?遅ればせながらのビック・プリスポーンバス!

「桜舞い散るタイミングを見計らって、産卵しに行きますわよ!」 そんな事を思ってバスは行動していないと思いますが(笑) 少しバスに対して知識があると、 「デかいバスは体力があって、水温が低い時にでも行動でき、早く産卵を終えて季節を先行し…

さらに記事を表示する

人気記事ランキング