menu

シャロー道

ジャックハンマーが人気だった!2018バスマスタークラシック上位選手の使用ルアー!

ジョーダン・リーの2年連続の大逆転劇で幕を降ろした2018年のバスマスタークラシックですが、さっそく上位選手の使用していたルアーがバスマスターのサイトで発表されました。

今回は私が気になった選手7名をピックアップし、それぞれのルアーを調べてみました。

それにしても随所に大人の事情が絡んでいる気がしますので、分かった上で参考にするのが良いと思います(^^)

上位勢の使用ルアー。ジャックハンマーが人気!

12位 エドウィン・エバース

A 6.25-inch Zoom Fluke Stick fished weightless on 1/0 Mustad Hook was another choice. So was a 1/2-ounce Andy’s Custom Bass Lures Old School Flipping Jig with 2-inch Zoom Bait Co. Super Chunk. He also used a 1/2-ounce vibrating jig with 5-inch Lake Fork Tackle Magic Shad.

エバースが優勝した2016年のクラシックでもメガバスのフラップスラップを使っていましたね。この中で目を引くのはジャックハンマーではないでしょうか。メガバスでも「ワイルドヘッダー」と言うブレーデッドジグがありますが使ってないですね…。

11位 ジェームス・イーラン

That choice was a 4-inch Molix Lipless Crankbait. A 1/2-ounce Molix Lover Skirted Vibration Jig with 3.8-ich Molix RA Shad trailer was another choice. So was a 4-inch Molix Creature rigged to 3/0 Lazer Trokar Flippin’ Hook and 3/8-ounce sinker. He also used a 6-inch lizard rigged to 4/0 Lazer Trokar HD Worm Hook and 3/8-ounce sinker. Another choice was a 1/2-ounce bladed jig.

状況変化に対応するために様々なルアーを使ってますね。ここにもジャックハンマーが見られます。Molix Lover Skirted Vibration Jigと言うプラスチックのリップが付いたブレーデッドジグみたいなルアーも見られますが、どのような使い分けをしていたのかが気になりますね。

10位 ジェラルド・スウィンドル

To finish 10th the primary lure used by Gerald Swindle was the 1/2-ounce Z Man/Evergreen Chatterbait Jack Hammer. For strike appeal he added a 4-inch Zoom Boot Tail Fluke.

2016年AOYのジェラルド・スウィンドルはジャックハンマーを発売当時から使ってますよね。はじめの頃はザコをトレーラーで使用してましたが、今回は4インチのZoom Boot Tail Flukeと言うワームをトレーラーとして使ってます。

7位 ジェイコブ・ウィーラー

To finish seventh Jacob Wheeler primarily relied on two lures. The Accent Jacob Wheeler “Game Changer” Buzzbait Large Blade was a choice. So was a 3/8-ounce bladed jig with 4.5-inch Lake Fork Magic Shad.

この人はいつも驚きのルアー選択です!今大会のジェイコブ・ウィーラーはバズベイトも使用したようです。2日目の暖かい雨の中での使用だと思いますがどうなんでしょう…。

このブレードがキラキラしたブレーデットジグはなんだか分からないのですが、トレーラーにはザコの様な形をした物を使ってます。

tacklewarehouseより
どのブレーデッドジグにもこのタイプの形状がベストなバランスなんでしょうかね?たしかジャックハンマーを作ったブレット・ハイトは「ブレーデッドジグの動きを損なわないトレーラーがベスト」って言ってました。

トップ3

3位 ジェイソン・クリスティー

A 1/2-ounce BOOYAH Jig with 2.75-inch Yum Craw Papi was a top producer. A 1/2-ounce double willowleaf blade BOOYAH Baits prototype spinnerbait of his design was another choice. So was a 1/2-ounce BOOYAH Melee bladed jig with 4.5-inch Yum Pulse Swimbait. He also used a 1/2-ounce bladed jig with 4.5-inch Yum Pulse Swimbait.

最終日に逆転を許してしまったジェイソン・クリスティの使用ルアーです。この中で気になったのはやはり「BOOYAH Melee bladed jig」ですが、調べても出てこないんですよね…。唯一出てきたのは今年のFLWツアーで使っていた人が…。

画像はflwfishing.comからお借りしています。
サム・レイバンでの試合だったんですが、この人はブーヤのプロスタッフですかね?まだこのブレーデットジグはプロトの段階なのかな?

↓しかしこの写真↓ジャックハンマー+ザコに見えません???勝手すぎる思い込みですかね?w 謎が深まるばかりです…

2位 ブレント・エーラー

I targeted prespawn largemouth staging around docks.” He made it with a 5-inch Yamamoto Senko rigged to 1/0 Gamakatsu BT10S Stinger Hook.

今回も後一歩だったブレント・エーラーは、主にゲーリーの5インチセンコーを使用していた様です。フックはガマカツBT10S Stingerフックと言う針ですね。日本でも定番のセンコーはアメリカのトップトーナメントでも使用している人は多いです。

優勝 ジョーダン・リー

The champ rotated through a selection of jerkbaits, two types of soft stickbaits, swimbaits and a homemade bladed jig. Catching prespawn bass around docks was a key strategy.

大逆転で優勝したジョーダン・リーはジャークベイトと自作ブレーデッドジグ。ライトリグは2つのタイプのワームを使用していたようです。


ロングビルのジャークベイトは何でしょうか?すいません、分かりません。ストライクキングのKVDが使ってるルアーだと思うのですが…また分かったら追記します。

For that tactic he chose a wacky rig. He made it using a 4-inch Strike King KVD Perfect Plastics Ocho impaled with a 3/32-ounce nail weight. To the worm he added an O Ring and weed guard with a 2/0 straight shank hook.

そして、これが問題の写真です。解説では「ストライクキングのオチョ」と言ってるのですが、どう見てもセンコーじゃないですか?オチョは下に画像を貼りましたが、もっと鉛筆みたいにカクカクしてるんですよね。


tacklewarehouseより
バスマスターの人が写真を間違えたか?それとも本当に使ってたのはセンコーなのか?ここでも謎が深まるばかりです…。

To cover water around the docks he used this Strike King Rage Swimmer, rigged to 1/4-ounce Owner Ultrahead Finesse Ball Head Jig.

もう1つシャッドテールをジグヘッドにセットして巻いていたみたいです。ワームはストライクキングのレイジスイマーで、ジグヘッドはOwner Ultrahead Finesse Ball Head Jigとなってます。調べたら下の写真が出て来たのですが…

tacklewarehouseより
本人の大会後の動画では写真のようなオフセットフックではなく、普通のジッグヘットが映ってます。
Strike King Lure Companyのリンク
もうここまで来ると何が本当なのか?嘘なのか?よく分からないですね(笑)

最後に・・・


いかがでしたでしょうか?今大会は途中雨が降ったりでコンディションが目まぐるしく変わり、バスもかなり移動したようなので、選手が使うルアーもいつもより多彩だったと思われます。

他の選手の使用ルアーはこちら→Top lures at the 2018 Classic

今度コレ使ってみよ!って言うのありましたか?私は春の暖かい日にバズベイトやってみようかな〜w

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング