menu

シャロー道

必ず持っていたい5色!バイブレーション・プラグのおすすめカラーはコレ!

ルアーのカラー選びは一生の悩み!

世の中には数え切れない程のルアーが販売されています。そしてそのルアーの種類の何十倍ものカラーラインナップがあります。その途方もない数の中から色を選ぶのは、何十年釣りをしていても悩んでしまいます。初心者の方がならそれこそ何が良いのか分からないですよね。

そこで今回は管理人なりの「バイブレーション・プラグのおすすめカラー」を紹介したいと思います。

キラキラで呼寄せるシルバー


天候:晴れ   水色:クリアー
バスの餌となる小魚のほとんどが銀色をしていますよね。マッチザベイトと言う見方からもシルバーはバイブレーションプラグでは定番です。このシルバーが特に力を発揮するのは晴れている時です。太陽光を跳ね返したシルバーのフラッシングは、クリアーウォーターでは特に強いです。なので遠くにいるバスを気付かせ、引き付けられ勢い良く食ってきます。広範囲を探るにもってこいのカラーだと思います。

時に爆発するホワイト


天候:曇り  水色:クリアー
光量が少ない曇りの天気の時はフラッシングがそれほど強くないので、シルエットをはっきりさせるため白を好んで使います。それとマッチザベイト。太陽光を反射して銀色に見えていた魚は、光量が少ないとき白に見えたりもします。ローライト時に凄い釣果を叩き出してくれるんで必ず持っています。あまり投げている人は見かけませんが、自信を持っておススメできるカラーです。

必ず持っていたいゴールド


天候:晴れ、曇り  水色:クリアー、薄濁り
今回5色のカラーを紹介していますが、もし1つだけしかカラーを選んではいけないと言われたら迷わず選ぶのがゴールドです。晴れていればフラッシングでアピールし、曇っていて光量が少なくても黄色が視覚的によく見えるのでバスにも見つけやすいです。シルバーより控えめなフラッシング、チャート系よりは目立たない。ナチュラル系のカラーだと思います。色に迷ったらコレ!

濁りの定番チャートリュース系


天候:曇り 水色:薄濁り、濁り
濁った場所ではバイブレーションを使う人が少ないかもしれませんが、チャート系のバイブレーションは実績高いです。基本的に障害物にピッタリ着く傾向になる濁りの水色ですが、その障害物をあえてバイブレーションで攻略するのです。誰もやらないですから反応が良かったりします。根掛かり回避能力が高いバイブレーションを選ぶことが重要で、写真のラトリンジェッターは特に優秀です。そこで濁りで見え辛い時の定番チャートリュース系でバスに気付かせバイトさせるのです。

春の限定の定番!?レッド


天候:晴れ、曇り   水色:クリアー、薄濁り
春になると様々な論争が巻き起こるレッド。春限定で絶大な効果を発揮すると言う人もいれば、一年中釣れるよと言う人もいます。どっちかと言うとクランクの方がレッドは実績ありますが、とりあえず春になったら投げたくなるカラーです。バス釣りしてるぜ!っていう気分にさせてくれますw

最後に・・・

色に関しては様々な考え方があり、人それぞれ独自の観点を持っています。私はカラーに関して特に難しく考えず晴れたらコレ、濁ったらコレ、と決めてキャストしています。複雑にしていくと混乱の元で、一番大事な魚を見つける作業が疎かになりかねませんから…。実戦的バイブレーションプラグのカラー参考にしてみて下さい。

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング