menu

シャロー道

これで失敗しない!ワームに針を真っ直ぐ刺す方法!

ワームにストレートフックやジグヘッドなどを装着する時、上手く真っ直ぐ刺せなくて困る事ありますよね。

そんな時は針を刺す前に、針先が通る道筋を付けておけば簡単に誰でも真っ直ぐに針を装着する事ができます。その道筋を作る道具がコレ↓
massugusasu07
「ハリガネなどの真っ直ぐな棒」

コレを事前に用意しておけば、ワームに真っ直ぐ針を刺す事が簡単にできます。ブレーデッドジグやラバージグ、スピナーベイトのトレーラーなど様々な場面で使うことができると思います。今回はその使い方を説明したいと思います。

通したい場所をハリガネで空けておく

massugusasu01
まず初めにジグヘッドを真っ直ぐ刺す時方法から。超丁寧に真っ直ぐ刺したい時は上の写真のように段差を使ってワームに真っ直ぐ刺すようにします。
massugusasu02
そのままワームを固定しハリガネをズズズとスライドさせると、真っ直ぐ穴が開くので、そこに針を刺せば完成です。

現場ではこんなこと出来無いので事前にやっておくか、普通に手で持って刺しても真っ直ぐさせると思います。

案外難しいバックスライドのフックセット

massugusasu04
真っ直ぐ刺すのに難しい、ドライブスティックのバックスライドノーシンカーでも例にして説明したいと思います。まず上の写真のように刺したい場所を確認します。


massugusasu03
そしたら、刺したい場所にハリガネを先に刺すだけです。言葉より画像が分かりやすいと思います。
massugusasu00
先にハリガネを通しておけば、スルスル〜っと針が入っていくので、簡単に真っ直ぐ刺す事ができます。

発端はコレ…リトリーブへッド

massugusasu05
ワームが真っ直ぐ刺せなくて1番困ってたのがコレ。エコギアの「リトリーブヘッド」。ソルトでよく釣れるスイミングヘッドなのですが、あまり尖っていない先からワームを真っ直ぐセットするのは至難の技です。

そこで使ったのが真っ直ぐなハリガネだったんです。ワームをリトリーブヘッドに当てがって抜く場所の見当を付け、ハリガネで真っ直ぐ刺しといてからリトリーブヘッドを装着する様にしたら簡単に真っ直ぐ綺麗に装着できたのです。
massugusasu06
本当良く釣れるヘッドなんですが、ワームが真っ直ぐ刺せなくて使わなくなってしまった人もいると聞きます。バスではあまり出番は無いですが、サーフなどのソルトでは良く釣れるので使ってみて下さい。

最後に・・・

スキップ・イン・ザ・シェード
細身のワームなどは縫針なんかでやるとワームが裂けずに真っ直ぐな道筋が作れ、ワームを綺麗に装着する事が出来るのでやってみて下さい。

グネグネと曲がった状態で釣りをしてしまうと、本来の動きが出なかったり、クルクルと回って糸よれの原因になったりしてしまいます。

真っ直ぐ刺せるか刺せないかが釣果に関わってきますので、今回紹介した真っ直ぐ刺す方法をぜひやってみて下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング