menu

シャロー道

たったこれだけで!?ワームのズレが解消される裏技!

キャストしただけで,ワームがズレちゃった…
みなさんもこんな経験ないですか?ワームのズレは、せっかくのチャンスを逃してしまう事があります。

近くでバスが小魚を追っているの発見して,すぐにノーシンカーをキャスト!しかし,ワームがズレてクルクルクル…。せっかくのチャンスが台無し…。

そこで、そんな苦い経験をしないためにも,ほとんどのバスアングラーが釣りに行く時に持っていくと思われるある物を使って、簡単にワームがズレないようになる方法をご紹介したいと思います。

まさかのラバージグ

そこで使う物はこれ!!
ブラシ2

そうなんです!ガード付きラバージグ。
何を使うかと言うと、ガードの棒を使います。

セットの方法は超簡単。
ブラシガードを1本切り、写真のようにフックのアイの部分を通るように刺します。
zureboushi1

そして余分な部分をカットすればほらできた!たったこれだけでほんとズレないんですよ!
zureboushi

専用のストッパーゴムとかも売ってたりしますけど、いちいち買いに行かなくても、これで十分ですね。

もうフックが錆びちゃったりして使わなくなったラバージグがあれば、ブラシガードを切って取っておくと良いですよ。

最後に…

ノーシンカーだけではなく、テキサスリグ、ヘビキャロなど、ワームの釣りならどんなリグでも使えるので、皆さんもぜひやってみて下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング