menu

シャロー道

新来の X-ZONE「マッスル バック ホグ ハンター」はZBCブラッシュホッグの地位を揺るがすのか?!

フリッピング時のリーサルウェポン「ベビーブラッシュホッグ」

しかし、その地位を揺るがすホグ系ワームが登場!?

見ただけで「釣れる」と確信した隠然たるソフトベイトを紹介します。

スポンサーリンク

Imported Fishing Tackle NEST / ネスト

みなさんこんにちは、シャロー道のHidekiです。

いきなりですが、アメリカのルアーを中心に様々な商品を輸入販売している「ネスト」を御存じでしょうか? 私も大森さんのロッド「タトゥーラエリート」など様々なアメリカのタックルを買っているネット通販専門店です。

Imported Fishing Tackle NEST / ネスト

今回そのネストの社長様と御縁があり、タックルウェアハウスでも買えないアメ物を探していただいたりと良くしてもらってるのですが、あるとき自信溢れる感じで「シャロー道さんだったら絶対気に入ってもらえるソフトルアーがあります!ぜひ使ってみて下さい!」と送っていただいたものがあります。

それがこちら▼

X-ZONEと言うメーカーのマッスル バック ホグ ハンターです。

私的にブラッシュホッグに似ている形状からから正直「ベビーブラッシュホッグで満足してるしなぁ」と思ったのですが…w その6inのソフトベイトはテールはほぼブラッシュホッグと同じ形状で間違いなく釣れる形ですが、よく見るとパドルの形した4枚の手が付いてるじゃないですか。その手の部分での水をカクハンするチカラがプラスされ、遠くのバスに気付かせることができるんじゃないかと考えたとき、フリッピングの幅が広がりそうだと感じたので試してみる事にしました。

グランドスラマー北大祐さん的なパワーランクシステムで考えると、私的にパワー2が「ベビーブラッシュホッグ」、パワー3が「ブラッシュホッグ」、パワー4が「マッスル バック ホグ ハンター」って感じでしょうか。

いきなり結果を出すその性能!


早速、琵琶湖で使用してみました。この時期のシャローにはヒシ藻が水面を覆うようになり試すには絶好の機会。どこが釣れるのか分からないこともありX-ZONEの集魚力を試す意味も含め、速めにポンポンと流しながら撃っていきます。


ブラッシュホッグ同様、細身のシルエットなので撃ちやすく、回収も引っ掛かることなくテンポよく撃てます。結構大雑把に打っていたのですが、15分ぐらいでいきなりゴゴン!とバイトがあり釣り上げると、いきなり45upのバス!その15分ぐらいに1バラシからのすぐに40upを釣り上げ、なかなか良いんじゃないの!?という感じでした。針持ちも良く2本釣ってもまだ使えましたw

私的セッティング


今回使用した感じだと、フリッピングには頭をカットしてリグるのがシルエット的にもバランス的にも良いかなって感じました。フックはキロフック・ハイパーの2/0を使用しましたが、細長いので使用できるフックサイズの幅は広いです。動き重視で小さ目のフック、フッキング重視で大き目のフックと使い分けができるのもホグ系の長所ですよね。

最後に・・・


ファーストインプレッションとしてはなかなか良い手応えを得ることができました。

はじめはZBCのブラッシュホッグの確立された地位を揺るがすのか?と思いましたがパワーランクが違うので住み分け出来そうです。ピンスポット攻略には「ZBCのベビーブラッシュホッグ」。広範囲に探ったり、少し濁り気味の時は「X-ZONEのマッスル バック ホグ ハンター」と使い分ける感じでしょうか。

いきなり良い結果が帰ってきたのでもっと使い込んでみたいと思います。皆さんもぜひ使っていただいて釣果報告や使用感をコソッと私に教えてくれたらと思いますw

マニアックなアメ物はNESTさんからどうぞ▼

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング