シーズン2勝目!ケビン・バン・ダムがバスマスターエリート第7戦も制す!2016 Elite at cayuga lake KVD win

モリゾーさん初日トップウエイト!!キタ〜(≧∇≦)から始まったバスマスターエリート第7戦カユーガレイク。琵琶湖の南湖を連想させるようなクリアーウィードレイクで、日に日にタフになっていくサバイバル戦。様々なパターンが入り乱れ、それに色々なルアーでアジャストしていく選手達…。ハイレベルな戦いを制したのは歴代最多優勝を更新し続けるあの人でした!

初日、モリゾーさんがトップウェイトで好発進!

morizod1
今季は大森さん意外の日本人選手はイマイチの結果が続いていましたが、久しぶりに「KING」がやってくれました!初日23lb6oz(10.6kg)を釣り上げ1位スタート!ウェイインの時も「No Baby MAMA!!」と小ちゃいママはいないですわぁ!とはしゃいでいました(^^)

day1ike
それを追うのが21lb15ozのビックバックを持ち込んだマイク・アイコネリ!久しぶりのアイコネリの叫びが聞けるかも?

kotad1
そして長く調子を落としていた桐山さんがビックフィッシュを揃えてきて、20lb3ozで9位スタート!めっちゃ良いスモールマウスですね!

大森さんも悪くない18lb6ozで29位スタートをきりました。写真は無いですが、良いスモールマウス釣り上げてました!

kenid1
ビックリしたのはイヨケンさん…16lb11oz(7.5kg)釣ってきたにもかかわらず56位だったことです。7kg台で中盤に沈んでしまう…湖のポテンシャルの高さがうかがえます。

AOYリーダーがまさかの失格

hocdq
初日のビックリニュースが、AOY争いで独走していたグレッグ・ハックニーが、禁止エリア(ボートドック)で釣りをしていたため、初日失格になってしまいました。その隙を突きたい大森さんでしたが、先に言ってしまうと2日目に失速してしまい、AOYランキングの順位を落とし11位となってしまいました。

誰も譲らない接戦の2日目

morizoday201
初日トップだったモリゾーさんにはライブ中継のカメラが乗りました。その様子を見ていた所、ボートデッキには足の踏み場もなくなってしまうほどのロッドが並び、色々なルアーを駆使して戦っていました。ブレーデッドジグ(ジャックハンマー)、トップウォーター(ピンクのシャワーブローズ)、ジャークベイト、フリッピングなどなど…
morizoday202
しかし初日のように上手く合わせられずに16lb10ozとウェイトを落としてしまいましたが、初日の貯金を生かして3位に留まりました。このときトップとの差は8oz(224g)と超接戦!数がとにかく釣れる状況でビックフィッシュを釣らなければならない難しい大会の様です。
morizoday2

 
※追記:メインにしていたルアーはシャワーブローズだったようです↓
盛三シャワーブローズ

2日目トップはドロップショットのフリッピング!

jodanleewait
そのモリゾーさんを抜いて2日目トップになったのは初優勝を狙う若手ジョーダン・リー。私はこの人よく知りません(;^_^A  3日目のLIVE中継を見ましたが、スピニングタックルによる「ドロップショットのフリッピング」でした。そのフリッピングのリズムがめちゃくちゃ早く、かなりの広範囲を探っていたと思われます。ちょっと真似してみたい釣り方ですね。
Jordan Lee01
ドロップショットで使っていたワームは、Strike King の「Cut R worm」と「Ocho」(下の写真)のようです。それをスピニングタックルでフリップ!
jodanleebait

2日目の順位はこちら↓
07day2st

タフになる3日目

bhday3
3日目に順位を上げてきたのは2人。その内の1人はブレーデットジグの使い手、ブレッド・ハイト。しかしさすがに3日目にもなるとプレッシャーからか、スピニングタックルを主に使用していたようです。その状況にバッチリ合わせ、ウェイトは20lb6ozと上位陣の唯一の20lbオーバーで決勝を2位で通過です。
ブレッドハイトもハミンバードの360°スキャン使ってるようですね!これを見ると、おぉ!ってなぜが目がいっちゃいます(^^)


 
ブレッド・ハイトが釣っていた場所はこんな感じ↓
weedbh02
weedbh01
 
そして静か〜に背後から優勝を狙ってる選手がいました…KVDことケビン・バン・ダム!たぶん初日から見てるひとなら「あれ?いつの間に3位?」という感じだと思います。3日目終わった時点でノーマークだったので、どんな釣りをしているのかもよく分からなかったです…
kvdd3

3日目終了時の順位です。ジョーダン・リーがトップを守って最終日。モリゾーさんはウエイトを落としたものの7位で決勝進出です(^^)
day3stnd

運命の決勝戦

kvdd401
いつの間にか3位に着け優勝の機会を伺うKVDは、いくつかのエリアをランガンする作戦をとった様です。

釣り方も様々。スティックワームを使ったベイトフィネス。
kvdd404

スピニングタックルでライトリグ。
kvdd402

風が吹けばジャークベイト
kvdd403
まさに最強のオールラウンダーらしく、状況にアジャストしながらの釣り…さすがとしか言いようがありません。

背後からのプレッシャー?

kvd02
LIVE中継での1コマ。憶測ですが私が勘ぐるに、3日目のリーダーだった「ジョーダン・リー」にプレッシャーを掛けに行ったKVD。この人ならやりかねないので…リーの背後で釣りしてます笑。(リーはStrik kingのスポンサーも付いてるので、KVDとは仲が良いはず)この時のリーはミスしまくりで、ラインブレイクもしてました。チラチラとKVDを見ていましたし…心理戦をも仕掛けるあたり(あくまでも私の憶測ですが笑)さすがです!

逆転でKVD優勝!

kvdwin001

プレッシャーを掛けに行った甲斐があってか?リーは12lb10ozとウェイトを落とし、そして2、3日目と調子の良かったブレッドハイトもウェイトを落とし、キッチリまとめて15lb7ozを釣ってきたKVDが逆転で優勝を飾りました!

今シーズン2勝目、通算勝利数を22回に伸ばし、ここ数年調子が良くなかった天才が完全復活したように思います。
clfs
 
※追記:その後、使用ルアー公開!

最後に・・・

kvd01
トレドベンド戦の時のようにぶっちぎりで優勝する事もあれば、背後から徐々に迫り最後には逆転するという、様々な勝ち方をするケビン・バン・ダム。まさに世界最強のバスアングラーと言って間違いないでしょう。今回も面白い戦いが見れました。

AOY争いは、2004年にAOYを取っているジェラルド・スウィンドルがトップです。今回のグレッグ・ハックニーの様に、まだ何が起こるか分からないので、大森さんの逆転劇に期待したいと思います(^^)


 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

画像はBassmaster.comからお借りしています。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. アメリカ

    大森貴洋さんの決勝進出で盛り上がったバスマスターエリート第9戦!2016 Elite at miss…

    「大森貴洋さん決勝進出!」エリートシリーズ第9戦がミシシッピー…

  2. アメリカ

    アイコネリが好発進!バスマスター・クラシック2017初日

    ライトリグでビックフィッシュラッシュ!現在この投稿を書いている…

  3. 2016バスマスタークラシックDay-2
  4. もっともっとBASSは釣れる!!

    アメリカ

    衝撃を受けた釣りビデオ…長い年月がたっても、その人のスタイル?(しょんない独り言)

    『原点回帰(げんてんかいき)』しょんない独り言コーナー!と言う…

おすすめ記事

  1. ハンドランディング

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. バスの本能や修正

人気記事

  1. DoliveShad
  2. スウィートビーバー
  3. ベビーブラッシュホグ

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
  2. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
  3. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。
  4. ハードルアー

    曲がってしまったワイヤーの直し方。基本的なスピナーベイトのセッティング方法
  5. シーズナルパターン

    鳥を見よ!!意外とみんな知らない、鳥がバスの居場所を教えてくれる!
PAGE TOP