悔しさ残るフロロ25lbのラインブレイク…PRIDE50 classic (しょんない独り言)

11月13日(日)にPRIDE50クラシックに参戦してきました。2016年のシーズン上位10人だけの凄腕アングラーの戦いとあって、みんな厳しい状況の中でもしっかり釣ってくる所を見ると、さすがだなぁと感心させられます。

11月の琵琶湖はシャローマンの私にとって、決して簡単ではない季節であり、今年こそはなんとかしたいと意気込んで試合の当日を迎えました。

シャロー道というこのブログの事を忘れ、勝ちに行った結果は…はたしてどうだったでしょうか?

シャローマン、ディープクランクを巻く!

pride50c001
朝の気温は9度とこの時期らしい肌寒いというより寒い気温でしたが、天気予報では日中は20度以上まで上がり、無風の予想でした。

気温上昇+無風と言うことで、昼の水温が上がったシャローで良いバスが釣れるかもしれないと、内心期待していました。しかし、例年のこの時期はシャローはかなり難しく、リミットをそろえることすら難しい季節なので、まずは1匹釣ろうと冬に向かってディープに落ちていくバス狙って、朝一は4〜5mでベイトが魚探で確認できるエリアに入りました。

そこで選んだルアーがディープクランク!好きな釣りではないけど嫌いでもないのでw数年前に良い思いをしたのを思い出しながらの展開です。

しかし、大会前から聞いていた「デス・レイク」の言葉通り、ノーバイトな時間が続き…やっとひったくるようなバイトがきたと思ったら子バス…。数本は釣れるんじゃないかと期待していたにも関わらず、空振りに終わってしまいました。
pride50c004
ライトリグの展開も考え、珍しくスピニングタックルもボートに積んでましたが、ベイトが固まっておらず、ふらふらしてる感じ?だったのでエリアを絞り込むことが難しく、広く探る展開だけになってしまいました。(後で分かったのは一定の場所を回遊していたこと)

水温上昇を期待していたシャローが…

pride50c002
2時間ほどかけて探った沖のディープが不発に終わり、水温の上昇を期待してシャローエリアへ…。青サギもいるし、空には鷹が群れてました。

バスに攻撃を受け死んだ小魚の死骸の匂いが上昇気流に乗り、鷹を呼び寄せるって聞いたことがあったので、こりゃ釣れるんじゃないかとポジティブシンキング!
pride50c003

水温が14.6度と思ったよりも低かったので、スローに丁寧に探っていきました。そしたら待望のバイト!!掛けた瞬間ドスンとビックな重量感!

pridec05
pridec06
そしたら…「ブチッ!!!」25lbフロロが切れました…涙。

カバーの釣りをしてる時は、頻繁にラインを切っては結び替えてるのですが、なかなか食わない状況だと「魚釣ってないし、まぁ大丈夫だろう…」という心の隙が生まれてしまうんですよね。残念無念…。皆さんもどんな時でも、結び変える癖はつけといたほうが良いですよ。私みたいに泣く事になります…。

ディープストリームさんに面白い記事があったので貼っておきますね!ナイロンの話ですが、参考になると思います!


 
 
このラインブレイクで正直メンタルやられましたね…。本当この時期の貴重なシャローの1本を自分のミスで台無しにしたのですから。その後はすぐ横で40㎝1本を釣り上げましたが、集中力も持続せず、その後のバイトも大会終了までありませんでした…。

pridec07
pridec08
写真を見て分かると思いますが、魚の尻尾がくるんと曲がってますよね。これは暴れた瞬間を写真にしたのではなく、体が曲がったまま固まっているのです。水温が低い時にバスを持つとこの様にくるんと曲がるので、私はこのような状態のバスが釣れたら晩秋から冬の釣りを意識しながらの釣りに切り替えてます。

上位陣の釣り

私は全然ダメだったクラシックになってしまいましたが、やっぱり釣ってくる人は釣ってきますね!

今回の優勝者と3位の人はスワンプクローラを使ったライトリグの展開でした。2位の選手もライトリグでしたが、何のワームだったか聞いてませんでした(;^_^A

釣り方としては「ルートフィッシング」って感じでしょうか。優勝者は北の取水塔をスワンプで超ロングステイ。3位の人は50mぐらいの狭い範囲のベイトが入ってくる場所をひたすら粘る作戦だった様です。

私はスワンプをほとんど使わない(ただの食わず嫌いです…)のですが、少し気になったことがあったので、Twitterで質問してみました。↓


スワンプクローラはZBC(ズーム)の方が人気があるみたいですね!私も参考にして使ってみようかな!

優勝者の方はReinsでしたよ。レインの方が硬さがあって良いんですよ…とだけ言ってました。カラーはもう売ってない「コットンキャンデー」大事な場面の時だけに使ってるそうです。

 

最後に・・・

今年のPRIDE50の全日程が終了しました。今年1回も勝てなかったなぁ…と悔しい思いがありますが、レギュラーシーズン後半で巻き返し、年間3位に上がれたのは自分の中では良かったかなと思います。

来年は1度以上の優勝と、AOY奪還を目標に頑張りたいと思います。

大会関係者の皆さん、1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

2017年バスマスター・オープン戦スケジュール!B.A.S.S.2017 Bassmaster Opens Schedule前のページ

このエレキすげぇ!バスマスターエリート第9戦ミシシッピーリバーの大会ハイライト。次のページ

関連記事

  1. アメリカ

    【BPT】第2戦はエドウィン・エバースが優勝!フカシン1匹に泣く…。

    新シリーズ「バスプロ・トーナメント」の第2戦がテキサス州のレイク・コン…

  2. アメリカ

    FLW最終戦で魅せた!深江真一プロが3位!使用ルアーなどなど  WALMART FLW TOUR 2…

    神々しい写真ですねwフカシンこと深江真一さんが、6月23日〜6…

  3. アメリカ

    大森さんが優勝したレイク・マーチン戦のTV番組が見れるようになりましたよ!

    大森さんが優勝したレイク・マーチン戦の全てが1時間にまとまった動画が配…

  4. アメリカ

    優勝秘話!バスマスターエリート開幕戦終了後の大森さんへのインタビュー動画

    「簡単に優勝したように思われてるけど、簡単じゃなかった…」FL…

  5. アメリカ

    2019年バスマスター・エリートシリーズ・スケジュール!B.A.S.S. Bassmaster El…

    激震走るアメリカのバストーナメント…。最高峰のバスフィッシング団体B.…

おすすめ記事

  1. ガンタージグ・ノリーズ
  2. ネコリグ

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. OSPスリッパー

人気記事

  1. スウィートビーバー
  2. DoliveShad
  3. トレーラーフック

2022 MLF/BPT スケジュール

2022 Bassmaster Elite スケジュール

  1. タックル

    誰もが求める機能が充実!おすすめタックルボックス「バーサス-3080」VS-30…
  2. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
  3. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
  4. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  5. タックル

    オススメの釣り具通販サイト。すぐに欲しい釣り道具を手に入れよう!
PAGE TOP