並木先生さすがっす!バスマスター・ノーザンオープン7位入賞!使用ルアーや他の選手の気になったところ…OSP

9月7日〜9日に開催されたエリートシリーズへの登竜門である「バスマスター・オープン」でOSP代表の並木敏成さんが7位入賞を果たしました!

アメリカトーナメントは約10年振りという長いブランクですが、それを全く感じさせない世界のT.Namiki!自身が手掛けたOSPルアーを駆使して戦い、結果を出す凄さ!流石です!

今回は、そんな並木さんが使っていたルアーや、今大会の優勝者のまさかの戦略を探ってみました。

並木さんが使用していたルアー


アメリカでの戦いにブランクが有りながらも結果を出す並木さんは、流石の一言ですね。またこうやって並木さんがトーナメントで戦っている姿が見れて嬉しいです。


オールラウンドのスタイルの並木さんなので他にも色々なルアーを試していると思いますが、その中でも主戦力だったのがクランクとラバージグだったようです。

ブリッツMRとEX-DR


誰もが名作として疑わないブリッツシリーズ。その中でもMRとEX-DRを使い分けていたようです。どのようなエリアで釣りしていたかはまだ分かりませんが、ミドルレンジからディープエリアをメインに釣りしていたようですね。

ゼロ・スリー・ハンツにドライブ・シャッド


バスマスターのサイトでは「ゼロスリー・ハンツ」と書いてありますが、写真を見る限りゼロスリー・ハンツ・ストロングじゃないかと思います。これの3/8ozと1/2ozを使い分けていたようです。

トレーラーには「ドライブシャッド」を使用していますね。ヘッドの削れ方から見ると、一度ボトムに着底させて、そこからスイミングさせる使い方かな?と想像します。

なんじゃ?このボートは!


今回優勝したのはオット・デフォー選手。エリートツアープロの実力を見せつけた大会になったのですが、その大会で使用したボートを見た瞬間…「何だこりゃ!?」とビックリしました。

その使用したボートがこちら↓

エンジンの位置が高!って言うかアルミボートで戦ったんだ!と勝つための戦略が写真から垣間見れます。

ズームアーップ!↓

ジャックプレートに更にジャックプレートが着いてる!さらにエンジンの取り付けも最上段。とにかくエンジンを高い位置につけようとした結果がこうなった感じですね。

ちなみにボートの名前は、「Tracker/Grizzly 1754 SC, with a length overall of length of 17’ 1” and a wide 78” beam」だそうです。


ボートの下部の写真。車で言うディフューザーみたいな構造になっていますね。それとは用途は違うと思いますが、これだけエンジンを高くに付けても水流をペラに届けるために、このような形状になったと思われます。


この収納力いかがですか〜?ロッドストレージもあって素晴らしいですね。


そしてNITROバスボートのシートwなんて豪華なアルミボートなんでしょうwww座り心地もこだわるオット・デフォーさんですね!

このボートを更に詳しく!→Inside DeFoe’s winning boat

使用ルアー


ちなみにどんな釣りをしていたかというと、ボート見れば分かりますが、シャローエリアです。並木さんとは真逆の釣りですね。


スピナーベイトを使用していますね。そして「ミンコタ・ウルトレックス」重量が重いため、エンジンとのバランスに一役買っていると思われます。日本でも40万円ぐらいで買えるそうですよ!


そしてメインはラバージグだったようです。ハンドルノブは純正?それとも白のグリップ輪ゴムを後付けかな?


ラバージグは「Terminator Pro Seriez Jig」というモノらしいです。トレーラーは「Bass Pro Shops Elite Chunk」のグリパン・ブルーフレークだそうです。

このラバージグの動きははこんな感じです。↓

ステイ中の姿勢角度が爪を上げやすいチャンクとの相性が良い感じに見えますね。

最後に・・・


並木敏成オフィシャルサイト『THIS IS T.namiki』より画像をお借りしています。
この笑顔!エリートツアーで見たい!来年の並木さんの活躍がひじょ〜〜に楽しみになる結果でしたね!7位入賞おめでとうございます!

来年のバスマスター・オープンも見逃せなくなってきたので、スケジュールを確認して、シャロー道でも情報発信していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

現在バスフィシングの最高峰バスマスター・エリートの最終戦が開催されてます!↓

大森さんレギュラー最終戦9位入賞!上位者の使用ルアーが気になったので調べてみた。Elite at Lake St. Clair前のページ

2017バスマスター・エリート最終戦!イケメンのパラニュークがAOY!!そしてモリゾーさんがもしかして…次のページ

関連記事

  1. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方

    バスをバラさない為の竿さばきはどのようにやってますか?バスマス…

  2. アメリカ

    2018バスマスター・エリート選手使用のバスボート・人気ランキング!

    2018年もバスマスターエリートでは、カッチョいぃ~バスボートが広大な…

  3. 大会

    シャローマン…琵琶湖で桜とともに散る…Pride50#1

    今年の春は季節外れの温暖な日々が続き、桜の開花も例年より15日程早く、…

  4. アメリカ

    敗れてもやっぱり私のヒーロー!スキート・リースのエリート第4戦は、しゃかりき巻! 2018 Elit…

    バスマスター・エリート第4戦を優勝したのはエリート昇格してきたばかりの…

おすすめ記事

  1. キロフックハイパー

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. OSPスリッパー

人気記事

  1. newスライドスイマー250
  2. ドライブスティック・バックスライド
  3. スウィートビーバー
  4. トレーラーフック

2022 MLF/BPT スケジュール

2022 Bassmaster Elite スケジュール

  1. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  2. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。
  3. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
  4. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  5. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
PAGE TOP