これだけは知っておきたい、アメリカ・ルアーメーカーまとめ。

アメリカのルアーは、名作と呼ばれる物が、数多く存在します。今回はその中でもアメリカで有名なルアーメーカーをまとめてみました。(ラッキークラフトは日本のメーカーですが、数々のアメリカでの輝かしい実績を残しているため、アメリカ・ルアーメーカのまとめに入れてみました。)

バグリー bagley

bagley

アメリカの情報を余すとこなく日本に伝えてくれている、海貝健太郎氏の著書、秘密のクランクベイトの中でも色々なBagleyシリーズが紹介されています。今でもアメリカのトーナメンターがこぞって昔のbagleyルアーを探しまわっているほどの人気ルアーです。

ストライクキング strikeking

strikeking

アメリカの…いや世界でナンバーワンと言っても間違いないケビン・バンダムや、シャローのフリッピングパターンがハマった時は、右に出る物はいないと言われるフリッパーの、デニーブラウアーをサポートするStrike King。 Strike King Denny Brauer Premier Pro Jig ほど釣れるラバージグは他にないんじゃないでしょうか?!

ゲーリー・ヤマモト yamamoto

yamamoto

日本でもおなじみのゲーリーヤマモト。その中でも Senko はアメリカのトーナメンターがタフな状況で必ず投げる、ライトリグの要的なワームになってます。大森プロも、Senko さえあれば他のライトリグは要らないんじゃないかと言うぐらい、信頼されているワームです。

ラッキークラフト luckycraft

luckycraft

アメリカで春のジャークベイトと言ったら Pointer。 アフタースポーンの季節には Sammy。と、アメリカのトッププロの中では常識になっているルアーがラッキークラフトのルアーです。他にはあのバスマスタークラシック4勝の記録を持つリック・クランが手がけたクランクベイト、RCシリーズもラインナップされています。

バークレイ berkley

berkley

集魚効果が絶大なバークレイのニオイ。その中でも日本でおなじみのPower Hawgをはじめとするワームは、一度バスが喰わえたら離さない。バイトを確実にものにするのがバークレイのルアーです。

ズーム zoom

zoom

アメリカのフリッパーは必ず持っていると言われる Brush Hog。大森選手もフリップにはBrush Hogのグリーンパンプキンがあれば、他は要らない!って言ってました。今でも釣れ続ける、殿堂入りワームですね。

ボーマー bomber

画像の説明

Fat Free Shad がアメリカのディープクランクを変えたと言われる名作中の名作。絶対に持っていたいクランクベイトです。

へドン heddon

画像の説明

知らない人はいないんじゃないかと思ってしまうぐらいの、超激釣れペンシルベイト。Zara Spook  説明要らずの、使えば分かる、この凄さ!それが Heddon のルアーです。

スミスウィック smithwick

smithwick

Suspending Rattlin’ Rogue ケビン・バンダムが2005年バスマスタークラシックを制覇した時に使ったジャークベイト。切れのある動きが得意で、少し柔らかめのリップが付いているのが特徴。一年中、どんな季節でも良く釣れるジャークベイト。フローティングの姿勢がキモである。

レーベル rebel

rebel

ORIGINAL POP-R ポッパーの元祖と言われ、田辺哲男プロも感銘して、これを元にポッパーを作ったと言っている。今でも衝撃的に釣れるルアーであることは、間違いない!

ブーヤ booyah

画像の説明

BOO JIG  PAD CRASHER

YUM

yum

CRAW CHUNK  WOOLY HAWGCRAW

arbogast

arbogast

Jitterbug 独創的な金属カップをつけ、ポコポコと音をたてながら水面を泳ぐ。バスだけでなく、ナマズも本当に良く釣れるルアーです。

どうでしたか?

どれもアメリカで実績を残してきた良いルアーばかりですね。メーカーによって、様々な形や色があって見ているだけでも楽しいですよね。どれも釣れるルアーばかりなので、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. アメリカ

    アメリカでの思い出…急な天候変化は日本の比ではなかったw(しょんない独り言)

    大森さんのボートの準備を手伝っていた時の思い出…天気のお話。釣…

  2. アメリカ

    えっ!バズベイトをスキッピング!?天才ジェイコブ・ウィーラーの斬新なテクニック!

    あなたはこのテクニック知ってますか?自分もかれこれ数十年と長く…

  3. アメリカ

    未来のバスフィッシングはこうなってほしい!「テキサス・フレッシュウォーター・フィッシュリーズ・センタ…

    親が子供に教えることは、「野球と釣り」と言われているアメリカ。実際アメ…

  4. アメリカ

    2015年、バスフィッシング・トーナメントの日程、まとめ

    世界のトッププロのバスフィッシングの主な大会日程をまとめてみました。日…

  5. アメリカ

    もっと早くに使ってれば良かったと思ったクランクですね…REALIS CRANK DUO

    もっと早くに使ってれば良かったと思ったクランクですね…REALIS C…

おすすめ記事

  1. ガンタージグ・ノリーズ
  2. キロフックハイパー

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. バスの本能や修正

人気記事

  1. ドライブスティック・バックスライド
  2. トレーラーフック
  3. ブレードジグ1/2oz

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. シーズナルパターン

    鳥を見よ!!意外とみんな知らない、鳥がバスの居場所を教えてくれる!
  2. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  3. ハードルアー

    意外とみんな知らない?ハードルアーにスナップは使うべきか?リングに直結するべきか…
  4. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
  5. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
PAGE TOP