便利すぎるリールメンテナンス道具「ベアリングチェックツール PRO」ヘッジホッグスタジオ

リールをメンテナンスする時に、専用の工具があるのをご存知ですか?

私はこのブログを始める前は、全くと言っていい程メンテナンスの知識が乏しかったので、身近な物を色々使って掃除をしていました。

しかし、最近は色々なサイトを見る様になったのもあり、こんな便利な物も世の中にはあるんだ!と心が躍る製品が溢れています。その中のひとつで今回オススメするもの、それは…

「ベアリングチェックツールPro」

長く使っているとリール各部分にあるベアリングが汚れ、掃除が必要になりますよね。その時このチェックツールにベアリングを装着して掃除をするとまさに「SKCK」!!(素早く」「簡単」「超!綺麗」)???w

そんな使ってしまったら手放せなくなるアイテム「ベアリングチェックツールPRO」を紹介したいと思います!

かけづか様、ありがとうございます!

ちょっと前置き…実はこのアイテム、買うのを悩んでたんです。そんな悩みをこの前「これだけはやっておきたい、日頃のリールメンテナンス。(ベイトリール)」という記事で書いたのですが、その記事を読んでくれたマニアック人気ブログ「KAKEDZUKA.com」の欠塚さん(このツールを作っている方です)から連絡があり、ぜひ使って貰いたいので…と無償で送っていただきました。

「思ったことを正直に!」と念を押されましたのでw実際感じたことを嘘偽りなくしっかり書かせていただきます! かけづか様ありがとうございますm(_ _)m
PS:売ってない組み合わせブラック&パープルのツートンお気に入りになりました♪

ベアリングチェックツールの使い方


使い方はいたって簡単です。ベアリングをチェックツールに差し込むだけ。差し込んだら手でクルクル回してみてガリガリと遺物の感じがしたら、パーツクリーナーなどを使って奇麗にし、オイルを刺して完了です。

今までピンセットを差し込んでベアリングの掃除をしていたのですが、こちらのツールを使った方が断然作業しやすいです。ピンセットだと傷や落下からの破損など、色々不便なところも多いのですが、このチェックツールのおかげで心配が無くなりました。なんて言うのでしょう…メンテナンスが楽しくなるツールと言ったところでしょうか。

スペック


こちらがカラフルなラインナップが目を引くベアリングチェックツールです。少し前はもう少し小ぶりな物を販売していたそうですが、新しくなったこのPROを持っていれば、ほぼ全てのリールに装着されているベアリングに使用できる様です。※ベアリング内径2mm・3mm・4mm・5mm・6mm・7mm・8mm・9mmのサイズに対応だそうです。

ここでの本音ですか、お値段が1980円とお高く感じるのは私だけでしょうか?でも、実際にはミクロン単位で精密に作られているため、これぐらいの値段になってしまうのかなぁ?と思ったり…。もしかしたら、安いぐらい???

「ヘッジホッグスタジオ・ベアリングチェックツール」のサイト

「ヘッジホッグスタジオ」のサイトで買えるのですが、アマゾンや楽天でも買えるのが嬉しいですね。

ちょっと残念なところ


使用に関しては不満は無いのですが、ちょっと残念なところは、コロコロ転がっちゃう事ですかね。精密に作られているだけあって、机の上にポンと置くとコロコロよく転がります。落ちて傷ついたらちょっとショック受けそう…w


なので私は近くにあったインシュロックを巻いてみました。これで転がって落ちちゃうことは無くなったかな。専用の差し込む台なんか作りたくなりそうなカッコいいデザインですね!

最後に・・・


日頃不便さを感じながら10年以上メンテナンスしてきました。しかし、実際にこのツールを使ったら不満解消ですw。そんなメンテナンスするには超便利なモノだと思いました。

それともうひとつ…実はもうひとつ一緒に送っていただいたものがあります。「ハンドルノブキャップリムーバー」です。途中の写真からちょいちょい出てきている針金の先が曲がったものが付いている道具です。

このリムーバー、頂くまで全く知らなかったモノなのですが、正直ビックリするぐらい便利な代物でして…。この「ハンドルノブキャップリムーバー」も手放せなくなる存在になってしまったので、また次回紹介したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. タックル

    これだけは知っておきたい、リールメーカーまとめ。

    バスフィシング用のリールは毎年新製品が発売され、その種類は数えきれない…

  2. アメリカ

    今年からの新しい相棒!タトゥーラエリート(^^)春はRTOのTOクローで決まり!?(笑) TATUL…

    今年からの新しい相棒!タトゥーラエリート(^^)春はRTOのTOクロー…

  3. ハンドランディング

    その他

    究めよ!バス釣りはハンドランディングが面白い!上手くやる方法やコツなど(しょんない独り言)

    バス釣りではハンドランディングしかした事ありません!大会に出る…

  4. その他

    賛否両論の針の色!フックは何色が良いのか?マッディウォーター編

    赤いフックを使ったルアーは禁止ですよ!アメリカのとある州では、…

  5. その他

    ウィードに潜られても焦らず耐える!エリートプロから学ぶバスを引きずり出す方法。動画あり

    ウィードエリアは絶好のバスの隠れ家であり、バスを多くストックしている場…

  6. スキップ・イン・ザ・シェード

    ソフトルアー

    普通じゃ食わないカバーのバスをジグヘッドで狩る!「スキップインザシェード」エコギア

    バスと言う魚は基本的に障害物に付きやすく、物陰に隠れて獲物を狙っている…

おすすめ記事

  1. DoliveShad

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. VS-3080
  2. ドライブスティック・バックスライド
  3. newスライドスイマー250

バスマスターエリート・スケジュール

  1. ハードルアー

    意外とみんな知らない?ハードルアーにスナップは使うべきか?リングに直結するべきか…
  2. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
  3. ソフトルアー

    鬼の食わせのライトリグ。ゲーリーヤマモト・カットテールワーム4インチが釣れる!
  4. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  5. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
PAGE TOP