ちょっとショックwwwあの「ディーン・ロハス」がYAMAHAの船外機からSUZUKIの船外機に変更!!

2018年のアメリカのバスマスタートーナメントが開幕し、だいぶソワソワしてきた管理人ですw

また私的にビッグなニュースが入ってきました。いやビックでもないかw 
アメリカのトッププロである「ディーン・ロハス」が長年スポンサー契約していた船外機「YAMAHA」の契約を解消し、「SUZUKI」の船外機と契約した模様です。

日本では2017年度グッドデザイン賞を受賞し、アメリカでは「技術革新賞(2017 IBEX Innovation Award)」を受賞と、波に乗るSUZUKI。アメリカのトーナメント業界でも飛躍する年になるかもしれませんね!

2017年度グッドデザイン賞   2017 IBEX Innovation Award

スポンサーリンク

ディーン・ロハスって?

まさにタイムリーでDeeepStreamのKenD氏が戦っているレイク・トホで大記録を打ち立てた男がディーン・ロハスです。


2001年、当時はエリートではなくTop150と呼ばれてた時代。初日45lb2oz!5本のバスで20Kgオーバーですよwww 4日間の試合でしたが3日目にして優勝を決めてしまった選手が「ディーン・マシーン・ロハス」です。
いつからか名前の間に「マシーン」が入るようになったんですよねw

他に有名な事と言えばスプロのブロンズアイ・フロッグ。日本でも使っている人が多いんではないでしょうか。私もかなりお世話になっているフロッグです。

 
大森さんがクラシックを優勝した時に最後まで優勝争いをした選手でもあります。ディーン・ロハスのことをピックアップしたらキリがないほど出てきますw

YAMAHAからSUZUKIへ…

驚異的な記録を打ち立てた時代から「Team YAMAHA」で、大森さんと同じブルーのトーナメントシャツを着て戦っていたロハスでしたが、自身のTwitterでスズキへ移籍と報告がありました。

正直、少しだけショックでしたね。少しね…なぜショックか?まぁ個人的な感情ですが、私の前職がYAMAHAの船外機の会社だった。。って言うだけですw マイボートのサウザーのエンジンはマーキュリーっていうのは内緒ですよwww

最後に・・・

ケビン・バンダムのモーターガイドからミンコタへの移籍もビックリしましたが、ディーン・ロハスのスズキへの移籍も驚きでした。

日本のYAMAHAから日本のSUZUKIへの移籍ですからOKですよね?何がオッケーなのか分かりませんがwそれだけ日本のエンジンが良いっていうことで。。。

琵琶湖のガイドさんも推奨する「スズキの船外機」。2018年も「Japan Power」に注目ですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. アメリカ

    (しょんない独り言)もう実戦投入?ジャックハンマー+ザコが広まってるね!

    ゲーリーヤマモトの「ザコ」知ってますか?清水盛三とブレッド・ハ…

  2. バスマスターマガジン

    アメリカ

    初めてのバスマスターマガジン。登録をしてアメリカのバスフィッシングを感じよう!

    本場アメリカのトーナメントの情報や結果はもちろん、バスフィッシングのテ…

  3. アメリカ

    頑張れ大森貴洋さん!バスマスタークラシック生放送…開演です!2017 GEICO Bassmaste…

    今年も選ばれし者だけの熱い戦いがやってきました!「バスマスター…

  4. アメリカ

    バスマスター・クラシック2016を大胆予想!4+1人に大注目!

    バスフィッシングの祭典!バスマスタークラシック2016が3月4日〜6日…

  5. アメリカ

    2018年バスマスター・エリートシリーズ・スケジュール!B.A.S.S. Bassmaster El…

    2018年バスマスター・エリートシリーズが2月8日のレイク・マーティン…

  6. アメリカ

    これだけは知っておきたい、アメリカ・ルアーメーカーまとめ。

    アメリカのルアーは、名作と呼ばれる物が、数多く存在します。今回はその中…

おすすめ記事

  1. ドライブクローOSP
  2. 熊が鮭を食べる
  3. VS-3080
  4. DoliveShad

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. ドライブスティック・バックスライド
  2. ベビーブラッシュホグ
  3. VS-3080
  4. LC RTO 1.5

バスマスターエリート・スケジュール

  1. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  2. VS-3080

    タックル

    誰もが求める機能が充実!おすすめタックルボックス「バーサス-3080」VS-30…
  3. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  4. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  5. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
PAGE TOP