シャローでフリッピングする時におすすめのラインはこれだ!

アメリカのB.A.S.Sで一時期、PEラインを使ってのフリッピングが流行った時がありました。

私はもともと、根ずれに強いと言われるフロロカーボンを使ってやっていたのですが、流行りもあってPEに巻き替えて1シーズン過ごしてみました。

スポンサーリンク

バラシ連発


その時やってて感じたのは、

「よくバラしてるな…。」

その上にバイトがあっても、フッキングしない事も多かったのです。PEはラインの伸びがほとんどないので、少し柔らかめのロッドに変えたりして、フッキングしやすくしてみたのですが、今度はバスがカバーから出てこなくて、巻かれてバラしてしまうことが多かったです。

PEの擦れる音


それと、これはバスがどう思っているかわからないので、何とも言えませんが、誘っているときのPEラインがヒシとこすれる音が気になってしまいます

特にヒシ藻の釣りではPEが擦れるかすかな音もバスは嫌っているんじゃないかと思うぐらいバイトが減ります。やはりバスに気付かれないようにアプローチすることが重要な気がします。

PEは56LBぐらいの強度でもフロロの25LBの太さと同じぐらい細く、ラインブレイクの心配はありませんが、バイト数の減少、バラしが多くなる…そんな気がします。

おすすめはフロロカーボンライン


今はまたフロロカーボンに戻って落ち着いています。PEラインで過ごした1年の後、またフロロカーボンに戻した時から、バイト数が多くなり、バラシがほとんどなくなったのです。

フロロカーボンのツルツルした表面がカバーと擦れる音を出さず、硬いフリッピングロッドでも、ラインの伸びがバイトをはじくことなく食い込ませ、 ファイト中でもバレることなくランディングできるので、フリッピングにはフロロカーボンラインがベストマッチだと思います。

最後に…


PEでフリッピングしているあなた、今度フリッピングするときは、フロロカーボンを巻いて釣りしてみてください。きっと「確かにバイトも多くなり、バラしも少ないな。」と思う事ができるかと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ヒシ藻フリップには絶対に必要な準備前のページ

ヒシ藻カバーで回遊しているバス?!次のページ

関連記事

  1. タックル

    これだけは知っておきたい、リールメーカーまとめ。

    バスフィシング用のリールは毎年新製品が発売され、その種類は数えきれない…

  2. タックル

    最も信頼できるラインはこれだ!サンラインを使い分ける!

    私の考える最高のラインは「信頼できるライン」です。今まで色々な…

  3. タックル

    心躍る釣り具の祭典!「2018キープキャスト」に行ってきたよ! Part1

    3月10日(土)・11日(日)の2日間に渡って行われた、中部最大級の釣…

  4. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた!Shimano B…

    誰もが待ち望んだベイトリール「バンタムMGL」2018年2月……

  5. タックル

    ベイトリールのメンテナンスに必須のアイテム!HEDGEHOG STUDIO スプールベアリングリムー…

    スプールのシャフトにセットされた外せないベアリング…掃除できないからと…

  6. フリッピング

    釣れるマットカバーはここが違う!簡単にバスが潜むエリアを見つける方法

    小規模なマットカバーなら片っぱしから釣りして釣れる場所を探すことができ…

おすすめ記事

  1. レインズシンカー
  2. ルドラSP

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. VS-3080

人気記事

  1. ベビーブラッシュホグ
  2. スウィートビーバー
  3. LC RTO 1.5
  4. DoliveShad

2021 MLF/BPT スケジュール

2021 Bassmaster Elite スケジュール

  1. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  2. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
  3. ハードルアー

    曲がってしまったワイヤーの直し方。基本的なスピナーベイトのセッティング方法
  4. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  5. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
PAGE TOP