春の王道!?岬先端のカバーは手返し重視!

バスが産卵を意識して、シャローに入って行くときに、必ず通って行く岬。その岬の先端にあるブレイクにからんだ障害物、例えばブッシュや大きい岩などがあれば、バスが一時的に立ち止まる場所になります。しかし、春の岬の障害物は王道な釣り方で、誰でも知っているがゆえに、プレッシャーが高くなっているんじゃないかと思ってしまい、他の釣り方を探しに行ってしまう事がありますよ。

プレッシャーは気にしない

確かにプレッシャーは他のエリアより高いかもしれませんが、湖にはたくさんの岬が存在し、全てがプレッシャーにさらされているわけではありません。逆にこのパターンがハマっているなと感じたら、徹底的に湖中の岬をランガンしまくれば、凄い釣果が出るんです。

ルアーはテキサスリグか、ラバージグで

こんな所は、テキサスリグかラバージグがセオリーです。ラバージグでフワフワ~とやった方がいい時もあるし、テキサスでストンとカバーの中に入れた方が良い時があります。バスのカバーの着き方しだいでルアーをチョイスしてみましょう。

最後に…

誰もが知ってるパターンって事は、それだけバスが濃い場所なので、そこに誰よりかも多くキャストすれば、必ずバスが答えてくれるので、手返しよくキャストしていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

こんな小物入れが欲しかった!釣り針を入れるのに便利なケース「VERSUS-388SD」バーサス前のページ

意外と知らない?流れと風向きで魚の活性が変わる次のページ

関連記事

  1. シーズナルパターン

    日向ぼっこ中の、のほほんバスをキャッチする方法!

    今日は暖かいなぁ。日向ぼっこが気持ちいい~!お昼寝日和だなぁ!そ…

  2. シーズナルパターン

    春は「ひとつ目の障害物を狙え!」スポーニング時期のバスを簡単に釣る方法!

    1つ目のOOがキーになる。以前の東京で開催されたフィッシングシ…

  3. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど

    夏から秋にかけてのバス釣りで高いビッグフィッシュ率を誇る「菱藻」。しか…

  4. シーズナルパターン

    シーズナルパターン2 水温上昇がカギを握る!春のプリスポーンバス(3月後半)

    春はなぜシャローなのかシーズナルパターン1ではプリスポーニングの最…

  5. アメリカ

    【有料級】マジで勉強になる!YouTube「ヒロ内藤流バス釣り」のルアー塾!

    バスフィッシングが上手くなりたい!やっぱりヒロさんの動画は勉強…

おすすめ記事

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. OSPスリッパー

人気記事

  1. ドライブスティック・バックスライド
  2. newスライドスイマー250
  3. LC RTO 1.5

2022 MLF/BPT スケジュール

2022 Bassmaster Elite スケジュール

  1. タックル

    誰もが求める機能が充実!おすすめタックルボックス「バーサス-3080」VS-30…
  2. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  3. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
  4. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
  5. ハードルアー

    曲がってしまったスピナーベイトの直し方。良く釣れるセッティング方法
PAGE TOP