凍えるような寒さでも爆発する!プロテクトエリアでサスペンドミノー!

 春のビックフィッシュにはサスペンドミノーが威力を発揮します。
その春の季節でも、シャローに差しはじめの早春のバスに的を絞って考えてみたいと思います。
なかなか気難しい、早春のビックなバスを、攻略していきましょう!

1、産卵を意識して上がってくるバスより早い動きのバスを狙う
 まだまだ水温が低く、動きがまだまだ鈍い早春、どうにかエサを食べれるようになったぐらいのバスが温かくなりやすいシャローに上がってくるタイミングで狙います。

2、小規模な岬またはハンプを探す
 越冬エリアとなるようなプロテクトされたワンド内に位置する小規模な岬、またはハンプ、つまりセカンダリーポイントになる場所が狙い目。

3、ボトムの地質に注目する
 その岬やハンプで、ボトムが周りより硬い場所、泥底や砂底が混じっているようなら、砂底を探すことがキモです。岸際の地質を見たり、減水した時に写真をとっておいたりするだけで釣果に差がでたりしますよ。

4、クリアな水域が効果的
 クリアな水域の方が水温が上がりやすく、バスが入って来やすい。なおかつ底の色が黒っぽい色の方が温まりやすい事も覚えておきましょう。

5、食わせはサスペンドミノー
 どうにかエサを食べれるようになったぐらいバスを相手にするので、トレブルフックが3つ付いた、サスペンドミノーをキャストする。ショートバイトでもフッキングに持っていけるからです。
ミノーのサイズは、水深に合わせて変えていく。浅ければ、ショートリップを。少し深いようなら、ロングビルミノーを。その場所の状況に合わせて釣っていく。

6、アクションはとにかくゆっくり
 ここでのコツはポーズを長めにとること。チョン、チョン、チョン、ポーズ…5秒て感じで。少し濁ってる時などは、10秒ぐらい止めて漂わせていると食ってくる事も多いですよ。

最後に…
 ハマった時は、入れ替わり立ち代わりバスが入ってくる感じになるので、一度入って釣れなくても、時間を変えて入り直すと釣れたりするので、良い場所を発見したら、何度も入り直してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

知っていれば必ず釣れる?!春のウィード攻略前のページ

日向ぼっこ中の、のほほんバスをキャッチする方法!次のページ

関連記事

  1. シーズナルパターン

    ノーフィッシュ覚悟の極寒シャロー

     冬の朝、天気は良いけど、風は強い。気温は1桁。無理じゃんこの寒さじゃ…

  2. シーズナルパターン

    シーズナルパターン3 春本番!プリスポーンバスのシャローゲーム (4月前半)

    春本番4月の初めごろは、1年の中でもデカいバスが次から次へと釣れる…

  3. ばす
  4. シーズナルパターン

    春は「ひとつ目の障害物を狙え!」スポーニング時期のバスを簡単に釣る方法!

    1つ目のOOがキーになる。以前の東京で開催されたフィッシングシ…

  5. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど

    夏から秋にかけてのバス釣りで高いビッグフィッシュ率を誇る「菱藻」。しか…

おすすめ記事

  1. 熊が鮭を食べる

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. VS-3080

人気記事

  1. newスライドスイマー250
  2. ドライブスティック・バックスライド
  3. DoliveShad

2021 MLF/BPT スケジュール

2021 Bassmaster Elite スケジュール

  1. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。
  2. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
  3. タックル

    誰もが求める機能が充実!おすすめタックルボックス「バーサス-3080」VS-30…
  4. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
  5. アメリカ

    大森さんが優勝したレイク・マーチン戦のTV番組が見れるようになりましたよ!
PAGE TOP