ジカリグ・ゼロダン

最強のジカリグ・ゼロダンで攻める!奥の奥からビックバスを引きずり出すぞ!

ジカリグ・ゼロダン。私はヘビーカバーでの強度が心配で、大会など1匹が貴重な場面では使っていませんでした。

大会以外では、デコイのオープンスイベルを使って問題ない事を確認していましたし、普通にハードルアーで使っているスプリットリングでも問題かったのですが…藻に絡まれグイグイ無理やり引っ張ったときに、オープンスイベルが開いてしまわないか…スプリットリングが伸びてしまわないか…と不安がどうしても拭えなかったのです。

その不安を取り除くべく考えた、最強の強度を持ったジカリグを自分なりに考えました。そして強度の実験もしてみました。結果はどうなったでしょうか…?

スポンサーリンク

オープンスイベルLサイズを実験

ジカリグ・ゼロダン
日頃使っているdecoyのオープンスイベルLサイズ。それをキロフックハイパー2/0、ラインはサンラインのBASS SUPER PE-LINE 56lbでフッキングパワー以上の力で引っ張ってみました。理想はラインが切れる事。56lbより強ければ誰もが安心して使えるハズです。理想が高すぎか…?


ジカリグ・ゼロダン

まぁPE56lbですから、そう簡単には切れないでしょう。800Kg持ち上げられるフォークリフトで引っ張りあげました(笑)その結果は?
 
ジカリグ・ゼロダン
オープンアイが開きましたね。私の理想はやはり56lbラインが切れる強度が安心かなぁと。キロフックも思ったより伸びなかったですし…オープンスイベル はとても便利なので、強度がそこまで必要ない、ジカリグ以外の使い方で使おうかなぁと思います。

無駄に強すぎて安心w

ジカリグ・ゼロダン
そこで私が考えたのが、デコイの「GP Ring」とCultivaの「Ultra Wire」を使ったジカリグです。スイベルが無くても、糸ヨレが気にならなかったので、強度最優先です。
 
ジカリグ・ゼロダン
ラインを結ぶリングは、普通のスプリットリングを使うと、段差に挟まってラインブレイクの恐れがあるので、ソリッドタイプ。なおかつ、くぼみがあって、結び目がスプリットリングと無駄に干渉しない「GPリング」を使います。強度400lb!(約180kg)申し分無い強度!

 
ジカリグ・ゼロダン
そして、圧倒的強度!と書いてある「ウルトラワイヤー」です。注目は丸印。小さいリングである♯3でも、シングルワイヤーの部分の強度が75lb!(約33Kg) ♯4なら90lb!(約40Kg)の強度があります。なぜシングルワイヤーの場所かと言うと、リングが動くジカリグの場合、ほぼフックのアイが、シングルの場所に入ってしまうからです。

 
ジカリグ・ゼロダン
こちらもオープンスイベルの時と同じ条件で、フォークリフトで引っ張ってみました!どうなったかと言うと…
 
ジカリグ・ゼロダン
56lbのPEラインが切れました!なおかつ、強度があるキロフックハイパーも、今まで見た事ないぐらい伸びました。肝心なリングはと言うと、ビクともしていませんでしたね。これぞ求めていた強度!と言うか、強すぎでここまで必要か?と思えてしまうぐらい強いです(笑)

難点が発覚!

ジカリグ・ゼロダン
しかし!最強を求めて考えたのですが、難点が発覚してしまいました…。それは、リングが強すぎで硬く、指では開かないし、スプリットリング専用のペンチを使って開いても、通すのが大変だという事です。なので写真のように、もう片方もペンチで握って通さないと通すのが大変です。ペンチ一本で簡単にフック交換ができないのが(やろうと思えばできますが…)100点満点のジカリグでは無いですが…。強いです!

最後に…

ジカリグ・ゼロダン
強度最優先で考えた最強のジカリグ。特に琵琶湖ではスーパービックが、カナダもドームの奥の奥に潜んでいます。とんでもないスーパービックバスが掛かっても、強引なやりとりができるこのジカリグ・ゼロダンを、試してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. タックル

    雨の日の遠心力ブレーキシステムのリールは困る…を解消する裏技のような裏技でもないような方法!

    雨の日にいきなりバックラッシュ!シマノのリールが好きでよく使っ…

  2. タックル

    噂のリール「バンタムMGL」が届きましたよ!Shimano BantamMGL

    噂のリール「バンタムMGL」が届きましたよ!BantamMGL…

  3. タックル

    見た目もスッキリ!ボックスやケースの整理に便利なデコイ「アイテムシール」

    道具整理は表示から…新しい釣り方や狙い方を覚えていくと同時に増えて…

  4. タックル

    オカッパリで釣るためのタックル選びは?スタイルに合わせたバス釣りをしよう!

    歩いて歩いてどんどん打つ!これが私のオカッパリスタイル!ボート…

  5. アメリカ

    ジャックハンマーが人気だった!2018バスマスタークラシック上位選手の使用ルアー!

    ジョーダン・リーの2年連続の大逆転劇で幕を降ろした2018年のバスマス…

  6. ネコリグ

    ソフトルアー

    ライトリグが苦手な私でも、ライトリグでビックフィッシュを釣る方法

    ライトリグじゃなければ釣れないバスがそこにはいる。しかし、私は…

おすすめ記事

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. スウィートビーバー
  2. ベビーブラッシュホグ
  3. DoliveShad
  4. VS-3080
  5. LC RTO 1.5

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. タックル

    大森さん本人とベイトリールのギア比の話をした時の話。
  2. バスの本能や修正

    シーズナルパターン

    知れば飛躍的にバスが釣れるようになる!知っておきたいバスの8つの本能や習性
  3. ハードルアー

    意外とみんな知らない?ハードルアーにスナップは使うべきか?リングに直結するべきか…
  4. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  5. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
PAGE TOP