ジカリグ・ゼロダン

最強のジカリグ・ゼロダンで攻める!奥の奥からビックバスを引きずり出すぞ!

ジカリグ・ゼロダン。私はヘビーカバーでの強度が心配で、大会など1匹が貴重な場面では使っていませんでした。

大会以外では、デコイのオープンスイベルを使って問題ない事を確認していましたし、普通にハードルアーで使っているスプリットリングでも問題かったのですが…藻に絡まれグイグイ無理やり引っ張ったときに、オープンスイベルが開いてしまわないか…スプリットリングが伸びてしまわないか…と不安がどうしても拭えなかったのです。

その不安を取り除くべく考えた、最強の強度を持ったジカリグを自分なりに考えました。そして強度の実験もしてみました。結果はどうなったでしょうか…?

スポンサーリンク

オープンスイベルLサイズを実験

ジカリグ・ゼロダン
日頃使っているdecoyのオープンスイベルLサイズ。それをキロフックハイパー2/0、ラインはサンラインのBASS SUPER PE-LINE 56lbでフッキングパワー以上の力で引っ張ってみました。理想はラインが切れる事。56lbより強ければ誰もが安心して使えるハズです。理想が高すぎか…?


ジカリグ・ゼロダン

まぁPE56lbですから、そう簡単には切れないでしょう。800Kg持ち上げられるフォークリフトで引っ張りあげました(笑)その結果は?
 
ジカリグ・ゼロダン
オープンアイが開きましたね。私の理想はやはり56lbラインが切れる強度が安心かなぁと。キロフックも思ったより伸びなかったですし…オープンスイベル はとても便利なので、強度がそこまで必要ない、ジカリグ以外の使い方で使おうかなぁと思います。

無駄に強すぎて安心w

ジカリグ・ゼロダン
そこで私が考えたのが、デコイの「GP Ring」とCultivaの「Ultra Wire」を使ったジカリグです。スイベルが無くても、糸ヨレが気にならなかったので、強度最優先です。
 
ジカリグ・ゼロダン
ラインを結ぶリングは、普通のスプリットリングを使うと、段差に挟まってラインブレイクの恐れがあるので、ソリッドタイプ。なおかつ、くぼみがあって、結び目がスプリットリングと無駄に干渉しない「GPリング」を使います。強度400lb!(約180kg)申し分無い強度!

 
ジカリグ・ゼロダン
そして、圧倒的強度!と書いてある「ウルトラワイヤー」です。注目は丸印。小さいリングである♯3でも、シングルワイヤーの部分の強度が75lb!(約33Kg) ♯4なら90lb!(約40Kg)の強度があります。なぜシングルワイヤーの場所かと言うと、リングが動くジカリグの場合、ほぼフックのアイが、シングルの場所に入ってしまうからです。

 
ジカリグ・ゼロダン
こちらもオープンスイベルの時と同じ条件で、フォークリフトで引っ張ってみました!どうなったかと言うと…
 
ジカリグ・ゼロダン
56lbのPEラインが切れました!なおかつ、強度があるキロフックハイパーも、今まで見た事ないぐらい伸びました。肝心なリングはと言うと、ビクともしていませんでしたね。これぞ求めていた強度!と言うか、強すぎでここまで必要か?と思えてしまうぐらい強いです(笑)

難点が発覚!

ジカリグ・ゼロダン
しかし!最強を求めて考えたのですが、難点が発覚してしまいました…。それは、リングが強すぎで硬く、指では開かないし、スプリットリング専用のペンチを使って開いても、通すのが大変だという事です。なので写真のように、もう片方もペンチで握って通さないと通すのが大変です。ペンチ一本で簡単にフック交換ができないのが(やろうと思えばできますが…)100点満点のジカリグでは無いですが…。強いです!

最後に…

ジカリグ・ゼロダン
強度最優先で考えた最強のジカリグ。特に琵琶湖ではスーパービックが、カナダもドームの奥の奥に潜んでいます。とんでもないスーパービックバスが掛かっても、強引なやりとりができるこのジカリグ・ゼロダンを、試してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. 色を塗る準備
  2. タックル

    実は初のマスタッドフックなんです…KVD ERITE TRIPLE GRIP TREBLE HOOK…

    ほぼガマカツばかり使っていますが、評判が良いマスタッドフックも使ってみ…

  3. タックル

    シーズンインに向け、ボートにハイドロウェーブを着けました(^^)気になった音も録音してみましたよ…

    シーズンインに向け、ボートにハイドロウェーブを着けました(^^)気にな…

  4. タックル

    噂のリール「バンタムMGL」が届きましたよ!Shimano BantamMGL

    噂のリール「バンタムMGL」が届きましたよ!BantamMGL…

  5. アメリカ

    革新的な装置でボートがベイトフィッシュの群れに???「ハイドロウェーブ」を買ってみた!

    ガーミンやハミンバードなどの高性能魚探より使ってみたかったもの。…

  6. ソフトルアー

    シャローカバーを攻めるためのラバージグチューニング!結局ケビン・バン・ダム様です・・・。

    結局ケビン・バン・ダムのやり方に行き着く…基本的に売っているブ…

おすすめ記事

  1. ブレードジグ1/2oz

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. スウィートビーバー
  2. ルドラSP

人気記事

  1. ベビーブラッシュホグ
  2. LC RTO 1.5
  3. DoliveShad

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
  2. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  3. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
  4. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
  5. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
PAGE TOP