冬なのに流れがでる場所の休憩ピンスポット!

 こんな流れがある場所にバスなんていないよなぁ…

冬の季節の誰もがそう思う場所でもバスがいる時があります。出ればスーパービックなバス。釣れないことの方が多いですが、狙ってみる価値がある釣りだと思います。

場所はメインレイクに流れ込む河川の両サイドに葦が生えているエリア。
その葦でもかなり出っ張った葦のインサイドにバスが入っていることがあります。水深は浅くても大丈夫。
とにかく川の流れが当らず、よどむ場所にラバージグを打ち込むのです。

前にもこのブログで書きましたが、葦は流れがあり、ハードボトムなので冬のバスを釣るには不向きだと書きましたが、ノーフィッシュ覚悟で一発大物狙いをするときはリスクをおいます。
それも流れがある河川で、水温が低く、誰も釣りをしないような場所です。本当に体力のあるバスしか入ってこれないような場所をあえて選んで釣りをします。

なぜそのような場所にバスがいるのか…そのキーポイントは「甲殻類のエサ」です。
葦際には1年中、甲殻類が住んでいます。しかし住んでいる場所の周りの条件が厳しいとバスが入ってこれません。なので逆に甲殻類などのエサになる動物は都合がいいのです。狙われないですからね。
そんな厳しい状態の場所に入ってきてエサを独り占めするのがスーパービックバスです。

ノーフィッシュ覚悟で1日シャローの葦うちをしてみると、おお!というビックバスが出てきてくれるかもしれません!
根気よく狙ってみて下さい!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ポカポカ日向ぼっこしながら?!冬のシャローフラットをサスペンドミノーで攻略。前のページ

トーナメントで勝つために必要な6つのこと!次のページ

関連記事

  1. シーズナルパターン

    意外とみんな知らない?手っ取り早く晩秋のシャローバスを見つける方法。

     寒い朝、どこにいったら釣れるんだろうか? 気温差が大きくなり…

  2. 熊が鮭を食べる
  3. ばす
  4. シーズナルパターン

    春の琵琶湖…ビッグバスの通り道「リップラップ」攻略を考える。

    春の琵琶湖の王道パターンのヒトツ「リップラップ」パワーフィッシングでバ…

  5. シーズナルパターン

    ポカポカ日向ぼっこしながら?!冬のシャローフラットをサスペンドミノーで攻略。

    真冬だけど、風がなくて暖かいなぁ…でも水温1桁(汗)そんな時に…

おすすめ記事

  1. バスの本能や修正

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. ばす
  2. VS-3080

人気記事

  1. LC RTO 1.5
  2. ドライブスティック・バックスライド
  3. newスライドスイマー250

2020 MLF/BPT スケジュール

2020 Bassmaster Elite スケジュール

  1. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
  2. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  3. タックル

    大森貴洋さん本人とベイトリールのギア比の話をした時の話。
  4. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  5. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
PAGE TOP