冬なのに流れがでる場所の休憩ピンスポット!

 こんな流れがある場所にバスなんていないよなぁ…

冬の季節の誰もがそう思う場所でもバスがいる時があります。出ればスーパービックなバス。釣れないことの方が多いですが、狙ってみる価値がある釣りだと思います。

場所はメインレイクに流れ込む河川の両サイドに葦が生えているエリア。
その葦でもかなり出っ張った葦のインサイドにバスが入っていることがあります。水深は浅くても大丈夫。
とにかく川の流れが当らず、よどむ場所にラバージグを打ち込むのです。

前にもこのブログで書きましたが、葦は流れがあり、ハードボトムなので冬のバスを釣るには不向きだと書きましたが、ノーフィッシュ覚悟で一発大物狙いをするときはリスクをおいます。
それも流れがある河川で、水温が低く、誰も釣りをしないような場所です。本当に体力のあるバスしか入ってこれないような場所をあえて選んで釣りをします。

なぜそのような場所にバスがいるのか…そのキーポイントは「甲殻類のエサ」です。
葦際には1年中、甲殻類が住んでいます。しかし住んでいる場所の周りの条件が厳しいとバスが入ってこれません。なので逆に甲殻類などのエサになる動物は都合がいいのです。狙われないですからね。
そんな厳しい状態の場所に入ってきてエサを独り占めするのがスーパービックバスです。

ノーフィッシュ覚悟で1日シャローの葦うちをしてみると、おお!というビックバスが出てきてくれるかもしれません!
根気よく狙ってみて下さい!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ポカポカ日向ぼっこしながら?!冬のシャローフラットをサスペンドミノーで攻略。前のページ

トーナメントで勝つために必要な6つのこと!次のページ

関連記事

  1. バスの本能や修正

    シーズナルパターン

    知れば飛躍的にバスが釣れるようになる!知っておきたいバスの8つの本能や習性

    バスを釣りに行く前に知っておかなければならない事があります。それは……

  2. シーズナルパターン

    凍えるような寒さでも爆発する!プロテクトエリアでサスペンドミノー!

     春のビックフィッシュにはサスペンドミノーが威力を発揮します。その…

  3. シーズナルパターン

    ヒシ藻カバーで回遊しているバス?!

    突然連発!なんてことがありますよね。そんな感じでバスが釣れると…

  4. シーズナルパターン

    春の王道!?岬先端のカバーは手返し重視!

    バスが産卵を意識して、シャローに入って行くときに、必ず通って行く岬。そ…

  5. シーズナルパターン

    シーズナルパターン2 水温上昇がカギを握る!春のプリスポーンバス(3月後半)

    春はなぜシャローなのかシーズナルパターン1ではプリスポーニングの最…

おすすめ記事

  1. ルドラSP

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. VS-3080

人気記事

  1. ドライブスティック・バックスライド
  2. トレーラーフック
  3. スウィートビーバー
  4. newスライドスイマー250

2021 MLF/BPT スケジュール

2021 Bassmaster Elite スケジュール

  1. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  2. アメリカ

    大森さんが優勝したレイク・マーチン戦のTV番組が見れるようになりましたよ!
  3. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  4. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。
  5. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
PAGE TOP