pride50/2015/9/13

琵琶湖のウィードカバーをフリッピングで攻略!パワフルフッキングでビックバスを引きずり出せ!【しょんない独り言】

初めて動画を撮りながらバスフィッシングをしてみました。自分の釣りを初めて眺めて見ると、改善点が見えてくる見えてくる(笑)自分の動画を撮って見るって案外面白いものですね!今回はそんな動画を撮りながらの琵琶湖での大会だったのですが、自分らしいスタイルで展開してビックフィッシュを釣る事ができた楽しい大会だったので、独り言として書きとめておきたいと思います。しょんない独り言スタートです!

いきなり釣れた子バス

pride50

朝一、支那漁港をスタートして直ぐの場所にウィードのカバーがあったので、様子を見みてみようとキャストしました。すると3キャスト目で35㎝ぐらいのバスがいきなり釣れました。「バスいるんだなぁ」ぐらいにしか思ってなかったんですが、後で役にたった価値ある1匹でした。このエリアをサラッと流した後、本命エリアの矢橋人工島へ移動しました。

釣れそうで釣れない人工島

pride50

毎年9月に入ってくると矢橋人工島エリアのヒシ藻カバーにバスが入ってきます。表現的には、鮎が川を登るのにつられてバスが一緒に登ってくる、または待ち伏せしてると言った方が分かりやすいかもしれません。そのヒシ藻の影にはブルーギルもいて、エビも隠れているので、ヒシ藻の下にはバスが陣取る良い場所になります。

しかし、今回は台風の影響もあってか、ブルーギルやエビがいるにもかかわらず、バスが釣れない。魚探にもベイト反応がなく、鮎が入ってきてないからバスも入ってきてないんだなぁと感じつつ、それでも釣れてくれないかなぁ…と毎年釣れる場所をチェックしましたが、全く反応がなかったので心の中では「今回はヤバいぞ〜」と感じてました。この時点で試合開始から3時間…

新しい場所を探しに

プラをしてない状況で他に当てがあるわけではないので、どうしたら良いんだろう?と考えていた時、朝一釣った魚を思い出しました。もう1度、沖のウィードカバーを打ってみようと思ったわけです。天気も雨から晴れてきたタイミングだったので、厚いカバーの下、そして水通しが良い所を探そうとボートで走り出したら、ラッキーな事にすぐ見つかりました。北山田の少し沖の取水塔の近くに、ウィードカバーがあるではないですか。取水塔は水通しの良い所に作るので夏の定番とされ、その近くなら水通しが良く、暑い時にはバスが集まるんじゃないかという仮定がすぐに思い浮かびました。

餌となる魚がいるカバー

pride5003
水深3mで水面まで伸びたウィードに、どこからか流れてきたウィードが引っかかりカバーを形成している場所。そして水中を見ているとブルーギルが多く、アウトサイドではアユも確認でき、人工島のヒシ藻周りでは鳴らなかったフィッシュアラームが頻繁に鳴ります。カバーはキツく付けていた3/4ozでは全くカバーの中にルアーが入らず、自分が持っている1番重いシンカーの1.5ozを投入。ルアーはすり抜けを最優先でストレートタイプのカットテール6.5inchのグリパンブラックフレーク。結果は直ぐに返ってきました。45㎝のバスが釣れたのです。

バスを見つけたら最後まで押し通すのみ!

pride5004

帰着の15時まで後5時間という中で、他を探しに行ってる時間もないので、あまり広くはないこのエリアを最後まで釣る事にし、とにかく丁寧に根気良く打つことを心がけていました。なぜ根気良くかと言うと、1.5ozでもキャストした半分ぐらいは中に入らないぐらいカバーがキツく貫通させるのが大変だったからです。反面、それぐらいカバーがキツかったので、他のアングラーが入ってきてもヘビータックルを持っている人はほとんどいないため、来ても何もできずすぐに他へ行ってくれたので、自分だけの釣り場になったのはラッキーでした。

10時55分頃には1本目の50アップ。11時11分頃には痩せてる40アップ。11時58分頃には40アップ。そして12時15分頃に2本目の50アップで初めに釣ったバスを入れ替えとテンポ良く釣れました。

その一部始終を動画でどうぞ!(初めての自分撮影で慣れない感じで見にくいと思います。上手く撮れるように改善&勉強していきます!)

1本目の魚をかけた時、右手でエレキのスピードを上げてたのがダメですよね。あの場合は足の裏でスピードスイッチをキックしてスピードアップすればスムーズにランディングできたと思います。

結果は…?

その後は風が強く吹き、バスのホディショニングが変わってしまったのか、全く釣れず帰着の時間になってしまいました。結果は6460gで3位と何とか上位に入れました。前半の釣れない時間からの巻き返しが上手くいき、ホッとするのと同時に、年間ランキングも2位に上がったので、最終戦の10月は気を引き締めて頑張りたいと思います。ここまでプラクティス無しで全戦を戦ってるのですが、最終戦もぶっつけ本番だと思います。しっかりその時の湖の状況を判断して全力でバスを探して行きたいと思います。

管理人のしょんない独り言でした〜( ̄▽ ̄)
pride50

最後まで読んでいただきありがとうございます。

おまけ

 

【詳細有り】2016年バスマスター・エリートシリーズ・スケジュール!B.A.S.S. Bassmaster Elite 2016前のページ

最強最高のテキサスリグのフックはこれだ!一番のオススメ針はデコイ【キロフックハイパー】かついち次のページキロフックハイパー

関連記事

  1. ハンドランディング

    その他

    究めよ!バス釣りはハンドランディングが面白い!上手くやる方法やコツなど(しょんない独り言)

    バス釣りではハンドランディングしかした事ありません!大会に出る…

  2. もっともっとBASSは釣れる!!

    アメリカ

    衝撃を受けた釣りビデオ…長い年月がたっても、その人のスタイル?(しょんない独り言)

    『原点回帰(げんてんかいき)』しょんない独り言コーナー!と言う…

  3. 大会

    琵琶湖のポテンシャルは相変わらず凄い!PRIDE50第2戦(しょんない独り言)

    そんなルアーで「サイト」したの!5月22日(日)にPRIDE5…

  4. pride50

    管理人の独り言…

    フリッピングで引き寄せた年間優勝!重量差わずか280gの奇跡!【しょんない独り言】

    PRIDE50に出続け早いもので6年…やっと年間優勝というタイトルが取…

  5. アメリカ

    アメリカでの思い出…急な天候変化は日本の比ではなかったw(しょんない独り言)

    大森さんのボートの準備を手伝っていた時の思い出…天気のお話。釣…

  6. ハードルアー

    【琵琶湖】増水でシャローが熱かった!OSP「ラウダー70」でロクマル!Louder70

    増水した琵琶湖はやっぱりシャローが熱かった!沖の釣りがメインの…

おすすめ記事

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. ばす
  2. VS-3080

人気記事

  1. newスライドスイマー250
  2. ベビーブラッシュホグ
  3. ドライブスティック・バックスライド

2020 MLF/BPT スケジュール

2020 Bassmaster Elite スケジュール

  1. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。
  2. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  3. タックル

    大森貴洋さん本人とベイトリールのギア比の話をした時の話。
  4. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
  5. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
PAGE TOP