menu

シャロー道

大森さん17位フィニッシュ!トヨタ・バスマスター・テキサスフェスタ(エリートシリーズ)最終結果

2018年シーズン開幕からベテラン選手の勢いが凄かったですが、若手達もここにきて本領発揮してきました。

2016年ルーキーオブザイヤーを獲得したドリュー・ベントン 対 FLWから来た若手の中でも天才と呼ばれるジェイコブ・ウィーラーの戦いは、タイムアップまでどちらが勝つか分からないデットヒートでした。

スポンサーリンク

日本人選手の結果


日本勢は大森さんが17位と大健闘!前戦大底を叩いてしまい年間も下がっていましたが19位まで挽回しました。

ルアーはジャークベイトのポインターを主に使用していたようです。

 
深江さんは準決勝進出したものの、日に日にウェイトを落としてしまい苦戦しました…最終44位でフィニッシュです。

 

初日16位と好発進した盛三さんでしたが、2日目にリミット揃わずの58位で予選敗退してしまいました。まずい流れですね…

優勝したDrewBenton


今大会優勝したのは2016年にルーキーオブザイヤーを獲得した若手30歳のドリュー・ベントン選手。最終日は朝から快調に釣っていたジェイコブ・ウィーラーとは対照的にスロースタートでしたが、昼ごろから着実にバスを釣り上げ前日までの貯金もありましたが、天才と呼ばれるジェイコブウィーラーにしっかり釣り勝ち初優勝を飾りました。
最終結果はこちら

 

最終日メインにしていたのはボートドック。ミラクルキャストのオンパレードで驚きの連続。ボートドックの攻めを見ていて思ったことは躊躇しない勢いあるキャストが凄いこと。奥の奥へ狙いすました鋭いキャストは見ていて感心しました。


使用ルアーは「Bagley Knocker B


ボートドックの下にはブルーギルなどのベイトフィッシュが多く存在していたようです。


生中継中に何度も遭遇したボイル。エリア選択がバッチリはまっていた証拠ではないでしょうか。

▼決勝朝の動画になります。この動画が一番面白かったかな。

 
▼決勝の途中経過の動画になります。

 
▼試合中落水してしまう場面も…皆さんも気を付けましょう。大人から子供までライフジャケットは必ず着用!

 

ジェイコブ・ウィーラーの1シーン。ビッグスプーンをフッキングかのようにしゃくっていました。1時期、日本でも流行っていたビッグスプーンですが、最近は投げている人少な目ですかね?ここら辺のルアー選択はさすがだなと唸る感じです。


AOY現在1位ブレット・チャップマン

決勝の生放送を見ていた時に、個人的に「WOW!」と言ってしまったシーンがありました。それがブレット・チャップマンのトップウォーターのシーン。

切り立ったバンクにriver2seaの「ホッパープロッパー」をキャストしてい釣っています。

ブレット・チャップマンはベテラン勢ですが、彼の釣りをまじまじと見るのは初めてでした。キャストのテクニックは本当素晴らしく惚れ惚れして観ていました。この動画は前後カットされているので短いですが、またライブ中継を見直したいと思う程の爽快さです。

最後に・・・

アフタースポーン戦らしいトップウォーターを織り交ぜた見ていても興奮する激しい戦いでしたね。

ちょっと今シーズンも元気のなく心配な盛三さん…これから中盤戦ですが最後の最後まで全力で戦って欲しいと思います!ガンバレ!モリゾーさん!!!



 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング