ティンセルフック

釣れるティンセルフックの作り方!簡単5分で作っちゃおう!

スピナーベイトやバズベイト、ハードプラグなどに、更にアピール力のアップなどに使われる、ティンセル付きフック。しかし、どんな針でも良いから、ティンセルさえ付いてれば良い…って言うのは間違いですよね。1番こだわりたいのは、しっかりフッキングして、バラさない針にティンセルを巻いて、更にアピール力アップを狙う事。なので自分が信頼しているフックを使わなければ意味が無い。という事で今回は、自分の使っているフックをティンセルフックにする、「自作ティンセルフックの作り方」を紹介したいと思います。シールや浮き止めゴムなどで簡単に作る方法もありますが、フックが重くなり、ルアーのバランスも悪くなるので、作るのに多少手間がかかりますが、糸を使って巻いていく方法が、軽く奇麗にはためいてくれるのでオススメです。

準備するもの

threads01
・信頼のフック(トレブルフックやトレーラーフック)ここではFINAの「 T・N トレーラーフック」を例に巻いていきます。

関連記事:トレーラーフックの重要性と使い方を知れば、スピナーベイトやバズベイトで更に釣れるようになる!

・ティンセルは色々な物があるので、好きな色、メーカーを選んで下さい。私のオススメは「AURORA THREADS」のツイストタイプです。特に見る角度によって色が変わるブラウン・グリーンが好きでよく使ってます。(冒頭の写真の右上のカラー)

バイスはあった方が格段に作りやすいです。他にもラバージグやフェザーフックなど、自作することができるので、買って損はないと思います。

・ティンセルを固定するための糸(スレッド)はフライ用の物を使っています。

ボビンホルダーも必須です。キツくしっかり巻けるので、ティンセルの脱落がなくなります。

・写真には載ってないですが、ゼリー状の瞬間接着剤です。液体だとティンセルの方へ流れて失敗してしまうことがあります。ゼリー状を爪楊枝で塗るのがオススメです。

・ハサミは、先が尖っている物が使いやすいです。

準備ができたら下巻きから

threads02
ティンセルを巻く前に、下巻きをします。ラインアイの方から針先の方へ巻きます。これをしないと、ティンセルが抜けたり動いたりしてしまうので必ず巻きましょう。
 
threads03
余分な糸を切って、下巻き完了です。

ティンセルを束ねて針に巻いていく

threads04
今回は一本のスレッドを3つ折りにして束ねます。自分の思う長さになる様にして下さい。
 
threads05
1本のティンセルに対してスレッドを2回ほど巻き付けます。
 
threads07
今回は4本のティンセルを巻きましたが、同じ所に4本束ねるのではなく、上下左右に均等に束ねると奇麗に仕上がります。
 
threads08
束ねたら、アイの部分までスレッドを巻いていきます。

固定する

threads091
「ハーフヒッチ」と言う結び方で固定していきます。②の糸の手前に①がくるようにします。
 
threads101
そして、①の糸を、写真のように針に引っ掛けます。
 
threads11
縛り付けるときは、指で押さえながら引くと解けず固定できます。
 
threads12
そして瞬間接着剤で止めます。液体だとたまにティンセルの方まで流れてしまうことがあるので、ゼリー状の接着剤を少し付け、爪楊枝で塗る方法がオススメです。

仕上げ

threads13
接着剤が乾いたら、束ねて巻いたティンセルをハサミで切ります。
 
threads14
これで完成です。

使用例

threads15
スピナーベイトのトレーラーに使用するとこんな感じです。バイトマーカーの役目になったり、キラキラとアピールするのがいいので、好んで使ってます。

ティンセルフックを推奨するダウザー俺達。の秦氏の動画もあります。デカイの釣ってますね!

 
トリプルフックにティンセルを巻いて、アピール力アップもいいですよ。オススメです!
threads16

最後に…

慣れてくると1つ作るのに5分もあれば出来てしまいます。長さや量を変えて、そのルアーに合ったバランスを見つける事が、重要になってきますし、ワザとバランスを変えて、違うルアーとして使うのも面白いと思います。安く簡単に作れるので、色々試してみると釣りの幅も広がり、更に釣れるようになるんじゃないかと思います。自作ティンセルフックを是非試してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. フリッピング

    存在が消えるピカピカのバレットシンカー?テキサスリグのシンカーの色はシルバーがおすすめの理由

    気温が下がって来るのと同時に水温も下がってくる晩秋。動きも鈍くなり食い…

  2. タックル

    オカッパリで釣るためのタックル選びは?スタイルに合わせたバス釣りをしよう!

    歩いて歩いてどんどん打つ!これが私のオカッパリスタイル!ボート…

  3. フリッピング

    ベイトリールにPEラインを巻く時は要注意!トラブルを未然に防ぐ巻き方を覚えておこう!

    ナイロンやフロロの巻き方とは違います!PEラインをベイトリール…

  4. タックル

    オススメの釣り具通販サイト。すぐに欲しい釣り道具を手に入れよう!

    通販で釣り道具買うならここで決まり!近所の釣具屋に行っても欲し…

  5. ハードルアー

    ハードベイトの力を最大限に発揮させるには「トゥルーチューン」を覚えよう!

    ハードベイトプラグの力を最大限に発揮するには、まず真っ直ぐにルアーが泳…

  6. ハードルアー

    間違いないフックの研ぎ方。2種類の針研ぎ方法で自宅と釣り場で使い分け!

    スピナーベイトやラバージグなどの針先が鈍ってしまった時はどうしています…

おすすめ記事

  1. ドライブクローOSP
  2. 熊が鮭を食べる
  3. Swing Impact FAT KEITECH

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. LC RTO 1.5
  2. VS-3080
  3. トレーラーフック

2019 MLF/BPT スケジュール

2018 バスマスターエリート

  1. タックル

    オススメの釣り具通販サイト。すぐに欲しい釣り道具を手に入れよう!
  2. VS-3080

    タックル

    誰もが求める機能が充実!おすすめタックルボックス「バーサス-3080」VS-30…
  3. タックル

    大森さん本人とベイトリールのギア比の話をした時の話。
  4. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
  5. アメリカ

    大森さんが優勝したレイク・マーチン戦のTV番組が見れるようになりましたよ!
PAGE TOP