topsecret

ブラッシュホグのしょんない独り言…

下の写真の人、知っていますか? (上の写真のお姉さんじゃないですよ笑)

そう「ティーオー」です。プロフィールにも書いてますが、少しの間、一緒に生活した事があるのですが(それもティーオーのアメリカの自宅で…)思い出深い出来事の1つに、ズームのブラッシュホグの話があります。
今回は、喋っていい事だと思われる?話をここだけで話したいと思います。シークレットと言っても、過剰な期待はしないで下さいね(笑)
mhgkhtf,gjt

ブラホのカラーは…

ブラッシュホグ
まずカラーですが、ティーオーはマジで《グリーン・パンプキン》だけで釣りしてます。
「グリパンだけで十分だぁ!」
と言ってたのを良く覚えてます。私はこれでルアーを色々買わなくなりました(笑)お店で色々なカラーのルアーを見ても「ふーん、こんな色もあるんだー」程度で買わないですね。

ベビーブラッシュホグは使わない…

ティーオーは《ベビーブラッシュホグ》は全く使ってませんでしたね。グリパンのブラッシュホグだけが大量にストックされてました。日本人男性の平均体重ぐらい大量だったと思います…

頭をカット

ブラッシュホグ
ブラホは写真のように頭をカットして少しコンパクトにしてセットしてました。1本丸ごとだとアメリカでもデカすぎるのか、それかバランスの問題かもしれません。手のような部分は千切らず、いたってノーマルでの使用でした。

シンカーは鉛を使う

ファイヤークローがフロリダで流行った頃、ティーオーもタングステンを使ってたと思いますが、ブラッシュホグに関しては、シンカーは鉛を使ってました。
「昔から鉛のシンカーを使ってるから、良く理解してる。タングステンは使わない」
と言ってましたね。ティーオーは、ロッドのグリップを細く削ったり…とかが有名ですが、ほんと自分の感覚を大事にする人です。

シンカーに色を塗る

ベビーブラッシュホグ
「どうしてもシンカーをグリパンにしたい!」
と色々塗料を調合してシンカーを塗っていたティーオー。でも思った色にできなくて、私にも考えてくれ!と頼まれました。私もなかなかできなかったのですが、試行錯誤のうえ上記の写真のシンカーの色にたどり着きました。(写真だと分かりにくいですが、実際見ると一体感があります)
ティーオーは「おお!これこれ!」と気に入った様子で、直ぐにリグって自宅のプールに投げに行ってました。その時持ってたシンカーのストックも全部塗り、余った塗料で私の分も塗り、今でも持っているのが上の写真の物です。

最後に…

ブラホのグリパンのために、塗料を調合して塗るんですから、ブラホの信頼感はとても高いですよね。
今でもティーオーはこのセッティングでフリップをしているかは分かりませんが、
「信頼するものを使い続けること」
「無い物は自分で作る」
と言うことを学ばされた出来事でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. pride50

    管理人の独り言…

    フリッピングで引き寄せた年間優勝!重量差わずか280gの奇跡!【しょんない独り言】

    PRIDE50に出続け早いもので6年…やっと年間優勝というタイトルが取…

  2. 大会

    悔しさ残るフロロ25lbのラインブレイク…PRIDE50 classic (しょんない独り言)

    11月13日(日)にPRIDE50クラシックに参戦してきました。201…

  3. アメリカ

    憧れのアメリカ!…行ってみて初めて分かるバスプロの現実…。しょんない独り言

    普段の生活は苦労の連続?!華やかなイメージのアメリカバスフィッ…

  4. アメリカ

    アメリカでの思い出…急な天候変化は日本の比ではなかったw(しょんない独り言)

    大森さんのボートの準備を手伝っていた時の思い出…天気のお話。釣…

  5. 自作クランクベイト

    管理人の独り言…

    ルアーを自分で作ってみませんか?始めてみよう自作ルアー!管理人のしょんない独り言!

    管理人の「しょんない独り言」のお時間です!第2回は「自作ルアーって面白…

おすすめ記事

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. バスの本能や修正

人気記事

  1. DoliveShad
  2. newスライドスイマー250
  3. スウィートビーバー

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. ハードルアー

    意外とみんな知らない?ハードルアーにスナップは使うべきか?リングに直結するべきか…
  2. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  3. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
  4. シーズナルパターン

    鳥を見よ!!意外とみんな知らない、鳥がバスの居場所を教えてくれる!
  5. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
PAGE TOP