生中継から技術を盗め!グレッグ・ハックニーのフリッピングテクニックが凄い!

現役のフリッピングの神様「グレッグ・ハックニー」の生放送を観ました?

ティミー・ホートンが10年ぶりにバスマスターエリート第2戦を優勝し、話題を全部持って行きましたが、私はその出来事よりもグレッグ・ハックニーのフリッピングテクニックに終始釘付けでした。なぜなら…

「全てのフリッピングの技術が凄すぎるから・・・」

今回はグレッグハックニーがどんなフリッピングをしていたかを見てみたいと思います。

生放送の映像はこちらから↓

色々な釣り方をした選手達


フロリダ州レイク・オキチョビでの決勝の戦いでは珍しく?上位陣が皆違う釣り方をしていました。ホートンはテキサスリグでのフリップ。デフォーはフロッグやサイト。ブローウィングはZ-MAN社のストレートワームのライトリグ。ハックニーはラバージグで葦のフリップ。
上位陣の使用ルアーはこちら

多様な釣り方が見れて面白かったオキチョビ戦でしたが、この4選手のなかでもやはりシャロー道的に気になるのは、グレッグ・ハックニーのフリッピングでした。

やっぱりハックアタック・ジグ!


ハックニーがフリッピングで使っていたのは、この人の定番「ハックアタック・ジグ」でした。重さは3/4ozと重めな選択。(いやスタンダードか?)トレーラーはストライクキングのダブルテール。生放送中には「ラトル」を付けて音でのアピールも狙っていましたね。知り合いのフリッパーも「ハックアタックジグはめっちゃエエよっ!」って言ってました。使ってみたい…。

根掛かりは当たり前?


生放送中によくやっていたのが根掛かり外し。頻繁に葦にラバージグが引っかかっていたのですが、写真の様にグイッと引っ張って外していました。

そんなに引っかかるなら、ガードの強いラバージグかテキサスリグとかにした方が良いんじゃないの?って考えてしまいますが、ハックニーにとってこれじゃなきゃいけない「何か」があるのでしょうね。

フッキングを妨げないガードの強さとか、ラバージグじゃなきゃ食わないバスを狙うとか…。勝手な想像が色々と膨らみます。

エリアの打ち方


私が気になった写真がコレ。ハックニーもこの打ち方するんだぁ…とちょっと嬉しかったアプローチ方法。島のようになった葺では周りをグルグル回る釣り方だと、エレキを踏みながらの釣りになりプレッシャーを与えてしまいますが、この写真の様に真ん中が空いていたらボートを静かに突っ込み、少し落ち着いてから四方八方に投げる。それが余計なプレッシャーを掛けず打つ方法だと私は考えてます。
 

私の経験上、葺にかかわらずブッシュや菱でも離れ小島みたいになってる場所はよく釣れる気がします。もちろん流れの当たり方や水深などの色々な釣れる要素が必要ですがね。
 

島状じゃない真っ直ぐな葦ぎわを打つときはやはりエレキの操作は必要最小限。ハックニーも風に流されながらほぼ踏まない感じで釣りをしてました。

この静かなアプローチをする事が、フリッピングでは大事になってくるのではないのでしょうか。

フリッパーの華麗なキャスティング


ハイライトなどの編集動画ではなかなか見られないのがキャスティングですよね。生放送だとその華麗なキャスティング技術が長く見れてとっても勉強になります。

ハックニーの左右の腕から繰り出されるキャスティング技術の高さには本当に驚かされました。右手でフリッピングしたと思ったら、左手でピッチングなど、葦の生え方やバスの着きそうな場所へ最善の方法でキャスティングする。これはフリッピングが好きなひとなら絶対に見ておいて損はないと思います。

ハックニーのタックル


グレッグ・ハックニーはPhoenixboatに乗ってます。アーロン・マーテンスやデイビー・ハイトもフェニックスボート乗ってますが、日本では知らない人も多い気がします。

エンジンはバストーナメンターには1番愛されてる?マーキュリーマリン。エレキはモーターガイド。そして魚探が最近巷で評判のガーミンですね。
 

「グレッグ・ハックニー  魚探」 で調べたら過去の物ですがガーミンの魚探を紹介しているのを見つけました。コンソールにはビッグ画面を4分割にして使っている様です。
 

フロントには2台のガーミン魚探。真上に向けているあたりハックニーのボートでの立ち位置がかなり前だということが伺えますね。自分もこうしてみようかな…。
 

ガーミンの魚探はこんなことも分かっちゃうの?という驚き。
 

数メートル先の立ち木にバスがサスペンドしてるぜ…って本当に分かるんですか?凄いっすね!

気になる方はこちら↓

マニアックにガーミンを知りたいならこちら↓(ディープストリームさん)

最後に・・・


フリッピングがキーになる戦いだとほぼ上位(今回は5位)に来るグレッグハックニー。どうしてハックニーだけ釣れるの?って感じですが、それにはやはり釣れる理由がありましたね。

やっぱり生放送は本当面白い!ビッグバスが釣れてるハイライトも面白いですが、釣れない時のテクニックを見るのも本当に面白いと思います。

皆さんもぜひ生放送ならではの楽しみを見つけてみて下さいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

画像や動画はBassmaster.comからお借りしています。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. アメリカ

    (しょんない独り言)もう実戦投入?ジャックハンマー+ザコが広まってるね!

    ゲーリーヤマモトの「ザコ」知ってますか?清水盛三とブレッド・ハ…

  2. 第三戦

    アメリカ

    2つの湖で開催!?波乱の予感するバスマスターエリート第3戦!Bassmaster Elite at …

    4月21日(木)からエリートシリーズ第3戦が始まります!今回は今までに…

  3. アメリカ

    2016レギュラー戦の最終戦!ミシシッピリバーは誰が勝つ!?Elite at Mississippi…

    エリート選手全員で戦う2016年エリートシリーズも9月8日(木)から始…

  4. アメリカ

    2017年バスマスター・クラシック出場を賭けた1対1の戦い!2016 Bassmaster Clas…

    あのB.A.S.S.がまた新しい試合方式を試みてます。そのトーナメント…

  5. キロフックハイパー

    ソフトルアー

    最強最高のテキサスリグのフックはこれだ!一番のオススメ針はデコイ【キロフックハイパー】かついち

    テキサスリグのフックは各メーカーから大小様々な種類が出てて選ぶのが難し…

  6. フリッピング

    ヒシ藻フリップには絶対に必要な準備

    ヒシ藻のシャローカバーゲームのタックルは「フリッピンスティック2セ…

おすすめ記事

  1. 熊が鮭を食べる

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. スウィートビーバー
  2. newスライドスイマー250

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
  2. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  3. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
  4. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
  5. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。
PAGE TOP