マッドマンクロー

今では秘密のフリッピングベイト「マッドマンクロー」はオチパク特化型ソフトベイト!

リアル系ワームの先駆け「マッドマンクロー」。しかし最近では全く見なくなったルアーのひとつであります。その理由はただ単に釣れないからなのか、釣れるけど宣伝が上手くいかず売れなかっただけなのかは定かではありませんが、私的な考えでは「ある特定の使い方」をすればめちゃくちゃ釣れる「尖ったルアー」だと思っています。今回はリアル系ワーム「マッドマン・クローフィッシュチューブ」の私的な使いかたを紹介したいと思います。

エアーを出しながらのオチパク狙い

マッドマンクロー
マッドマンクローが出番となる場所は水深50cm前後のスーパーシャローのカバーまたはストラクチャーだけを狙う時です。使い方はキャストして底に着底し、1〜2回アクションさせたらすぐに巻き上げて次にキャストする、とてもテンポの早い釣り方です。なぜそこでこのルアーなのかと言うと、ひとつは写真の様にエアーをたくさん出しながらフォールしアピールするからです。マッドマンクローはチューブワームの様に中空になっておりそこに空気をためるので底に着いた時にプクプクとエアーが出てきます。それだけではなく、足と足の隙間や爪の間にエアーを保持してフォールするのでエアーでのアピールが絶大です。
そのほかにも中空になっているので底に着いた時、両爪を持ち上げたザリガニの威嚇ポーズになりやすいことです。ザリガニ特有の外的に狙われた時の威嚇ポーズは最近の水押重視の、中比重〜高比重のワームではできないワザなのです。
やはり本物のザリガニから型を取って作られただけあって、本物そっくりな形はバスもザリガニだ!と一目で分かるのか簡単に食ってくる気がします。

このような理由からも分かるように、スーパーシャローにポンと入れて、エアーと威嚇ポーズでアピールし、本物そっくりな視覚要素で食わす。これがリアル系ワームが力を発揮する使い方だと思います。爪などで水押があまりできないし、エアーもすぐ吐き出してなくなってしまうこのワームはボトムバンピングなど他の使い方ではあまり力を発揮できないソフトベイトのような気がします。

マッドマンクローのセッティング

MadManCraw01
マッドマンクローは3〜5インチのサイズがありますが、私が気に入って使っているのは3.5inです。ただでさえカバーのすり抜けが良くない形状なので、これ以上大きくなるとカバーに入り辛くなってしまいます。シンカーは3/4oz〜2ozと重いバレットタイプでカバーを貫通させます。フックはキロフックハイパーの2/0がバランスが取れていてオススメです。

タックル

参考までに私が使用しているタックルです。
フリッピングタックル

Lure:マッドマンクロー
Rod:ノリーズ 760JH JUNGLE STICK (ジャングルスティック)
Reel:シマノ クロナークC14+ 151HG LEFT
Line:サンライン FCスナイパー 25Lb

カバーを攻めるがゆえの最強パワーを持つタックル選びが大切です。フリッピングロッドの中でもかなり強いジャングルスティックに、リールも強度がありハイギアのクロナーク。ラインもフロロカーボンの25LBが強引なファイトには必須です。

もう買うことができない?

ここまで説明してきて買えないの?と思うかも。中古で出てくるかもしれませんが残念ながらもう普通には買えないかもしれません。私は買いだめしてあるので当分大丈夫ですが、持ってない人はどうするのか考えたところ、他のメーカーでも同じような形をした物を出しています。YUMと言うメーカーのクロウバグReaction Strikeと言うメーカーのクロージュニアなどなど。他の同じようなソフトベイトは使ったことがないので性能は分かりませんが、使ってみる価値はあると思います。

最後に…

世の中には人気がなくて廃盤になってしまうルアーでも、ある特定の条件で力を発揮する物が多数あると思います。ルアー会社も商売ですから釣れるルアーでも売れなければ止めてしまうものです。そんな世の中に埋もれていってしまう釣れるルアー達を探しだすのも、ルアーフィッシングの楽しみでもあるんじゃないかと思います。「マッドマンクロー」どこかで見つけたら買って使ってみたらいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. フリッピング

    釣れるマットカバーはここが違う!簡単にバスが潜むエリアを見つける方法

    小規模なマットカバーなら片っぱしから釣りして釣れる場所を探すことができ…

  2. 色を塗る準備
  3. フリッピング

    適度が最適!テキサスリグのシンカー固定はデコイ「テキサスロック」がオススメな理由

    たかがウキ止めゴム、されどウキ止めゴム…テキサスリグで障害物(…

  4. ネコリグ

    ソフトルアー

    ライトリグが苦手な私でも、ライトリグでビックフィッシュを釣る方法

    ライトリグじゃなければ釣れないバスがそこにはいる。しかし、私は…

  5. フリッピング

    「風・太陽・エレキ」フリッピング・ピッチングでの基本的なアプローチ方法!

    フリッピング・ピッチングをする時のアプローチとして、私が特に気を使って…

おすすめ記事

  1. 熊が鮭を食べる
  2. LC RTO 1.5
  3. ネコリグ

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. DoliveShad
  2. ベビーブラッシュホグ
  3. スウィートビーバー
  4. LC RTO 1.5

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. バスの本能や修正

    シーズナルパターン

    知れば飛躍的にバスが釣れるようになる!知っておきたいバスの8つの本能や習性
  2. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
  3. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  4. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  5. タックル

    大森さん本人とベイトリールのギア比の話をした時の話。
PAGE TOP