あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブルとタイトウィグル

まずはじめに、良いクランクベイト(釣れる)とは、ウォブリング、ウィグリングに関係なく、ゆっくり巻いても手元にまでしっかり振動が伝わるぐらい、しっかり泳ぐことです。

スローリトリーブをした時に手元に振動がこないようなクランクベイトは、クランクベイトとして機能していないルアーになります。

スローに巻いても振動が手元にしっかり伝わってくる。つまり、バイブレーションが強く、しっかりアピールしてバスに気付かせる事ができる。

これがクランクベイトの基本になります。

スポンサーリンク

ワイドウォブルとタイトウィグル

クランクベイトを一定に同じスピードで引いたとき、手元に伝わってくる振動が「ブンッブンッブンッ…」と遅いものが「ワイドウォブル」手元に伝わってくる振動が「ブブブブブブ…」と早いものが「タイトウィグル」と言います。

ウォブル(wobble)という単語には「大振りな揺れ」と言う意味がありますが、「ウォブル」だけだと間違えてしまう人が多く、分かりやすくするために「ワイド」と言う形容詞を付け、「ワイドウォブル」と言うようになったと言われています。

ウィグル(wiggle)」のほうは「小刻みなゆれ」と言う意味があり、同様に分かりやすくするため「タイト」を付けて「タイトウィグル」と言うようになったと言われています。

なので、「ワイドウォブル」が正確な表現方法であっても、「タイトウォブル」という表現は間違えであり、同様に「ワイドウィグル」というのも間違いです。

では、実際どのルアーがワイドウォブルで、どのルアーがタイトウィグルか分からない事もあると思うので、例をあげて見ていきましょう。

ワイドウォブルのクランクベイト

ラッキークラフト RC1.5
crankbait2

STORM WIGGLEWART

crankbait3

KVD HCクランク1.0
crankbait6

タイトウィグルのクランクベイト

OSP ブリッツ
crankbait4

OSP HPF CRANK
crankbait5

最後に…

アメリカ人でも間違えて覚えている人が多いと言われているワイドウォブルとタイトウィグル。

正確な表現を覚えて、クランクベイトの奥深い世界感を楽しんでいきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. ハードルアー

    一瞬でハードルアーに付いたゴミなどを簡単に取る方法!

    クランクベイトなどのハードルアーを投げていると引っかかってくるゴミや枯…

  2. アメリカ

    止めても浮いているバズベイト!? River2Sea「ダブルプロッパー・バズベイト」Double P…

    アメリカの釣り人はいったい何を考えているのだろうか…?と思うルアーがた…

  3. アメリカ

    【動画】大森貴洋さんのクランキング!RTO炸裂!Lake Tillery

    ノースキャロライナ州のレイク・ティラリーで大森さんがクランキングで釣り…

  4. サミー

    ハードルアー

    世界基準のドックウォークが誰にでも!サミー115は優秀なペンシルベイト!LuckyCraft・Sam…

    トップウォーターが釣れそうな日、クリアーウォーターで広大な大地やどこま…

  5. ハードルアー

    【使い込みたいルアー】テッケル・スプリンカーを買いました!Teckel sprinker

    今年使い込む予定のテッケルのスプリンカーが届きました!テールから奏でら…

おすすめ記事

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. バスの本能や修正

人気記事

  1. ドライブスティック・バックスライド
  2. newスライドスイマー250
  3. ベビーブラッシュホグ
  4. ブレードジグ1/2oz

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  2. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
  3. バスの本能や修正

    シーズナルパターン

    知れば飛躍的にバスが釣れるようになる!知っておきたいバスの8つの本能や習性
  4. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  5. ハードルアー

    意外とみんな知らない?ハードルアーにスナップは使うべきか?リングに直結するべきか…
PAGE TOP