あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブルとタイトウィグル

まずはじめに、良いクランクベイト(釣れる)とは、ウォブリング、ウィグリングに関係なく、ゆっくり巻いても手元にまでしっかり振動が伝わるぐらい、しっかり泳ぐことです。

スローリトリーブをした時に手元に振動がこないようなクランクベイトは、クランクベイトとして機能していないルアーになります。

スローに巻いても振動が手元にしっかり伝わってくる。つまり、バイブレーションが強く、しっかりアピールしてバスに気付かせる事ができる。

これがクランクベイトの基本になります。

スポンサーリンク

ワイドウォブルとタイトウィグル

クランクベイトを一定に同じスピードで引いたとき、手元に伝わってくる振動が「ブンッブンッブンッ…」と遅いものが「ワイドウォブル」手元に伝わってくる振動が「ブブブブブブ…」と早いものが「タイトウィグル」と言います。

ウォブル(wobble)という単語には「大振りな揺れ」と言う意味がありますが、「ウォブル」だけだと間違えてしまう人が多く、分かりやすくするために「ワイド」と言う形容詞を付け、「ワイドウォブル」と言うようになったと言われています。

ウィグル(wiggle)」のほうは「小刻みなゆれ」と言う意味があり、同様に分かりやすくするため「タイト」を付けて「タイトウィグル」と言うようになったと言われています。

なので、「ワイドウォブル」が正確な表現方法であっても、「タイトウォブル」という表現は間違えであり、同様に「ワイドウィグル」というのも間違いです。

では、実際どのルアーがワイドウォブルで、どのルアーがタイトウィグルか分からない事もあると思うので、例をあげて見ていきましょう。

ワイドウォブルのクランクベイト

ラッキークラフト RC1.5
crankbait2

STORM WIGGLEWART

crankbait3

KVD HCクランク1.0
crankbait6

タイトウィグルのクランクベイト

OSP ブリッツ
crankbait4

OSP HPF CRANK
crankbait5

最後に…

アメリカ人でも間違えて覚えている人が多いと言われているワイドウォブルとタイトウィグル。

正確な表現を覚えて、クランクベイトの奥深い世界感を楽しんでいきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. ベントミノー

    ハードルアー

    水面炸裂!ほっとくだけでも釣れてしまうOSPベントミノー106Fが凄い!OSP BENT MINNO…

    目の前でバスが水面に飛び出しながら小魚を追っている時、あなたは何のルア…

  2. アメリカ

    大森貴洋さん「感情移入できない色は要らない」ルアーマガジンの付録も侮れないですね…

    大森貴洋さん「感情移入できない色は要らない」ルアーマガジンの付録も侮れ…

  3. スピナーベイトのチューニング

    ハードルアー

    スピナーベイトを買ったら必ずやりたい、オススメのチューニング方法!

    スピナーベイトをキャストしたら、前のブレードに糸が絡まってしまった…ス…

  4. ハードルアー

    次元を超えたアクションでバスを引きつける!ルドラ130フローティング!OSP-RUDRA-130F

    バスが狂ったように、どこからともなくジャークベイトに襲いかかってくる!…

  5. アメリカ

    止めても浮いているバズベイト!? River2Sea「ダブルプロッパー・バズベイト」Double P…

    アメリカの釣り人はいったい何を考えているのだろうか…?と思うルアーがた…

おすすめ記事

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. DoliveShad
  2. VS-3080
  3. トレーラーフック
  4. ブレードジグ1/2oz

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
  2. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  3. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  4. タックル

    大森さん本人とベイトリールのギア比の話をした時の話。
  5. タックル

    オススメの釣り具通販サイト。すぐに欲しい釣り道具を手に入れよう!
PAGE TOP