オーバーライドOSP

冬の鉄板ルアーはフォールが命!おすすめのメタルバイブ「オーバーライド」でリアクション! OSP OVER RIDE METAL LURE

寒い冬、水温の下がった池や湖で動きが鈍くなったバス。その場でジッとしてるバスを釣るのは、簡単な事ではありません。ほとんどエサを食べようとしないバスを釣るにはどうするか…やはり「リアクション」が有効です。

しかし、リアクションと言っても、横に動くルアー、例えばバイブレーションやスピナーベイトで、リアクションで食わせようとしても、寒くて追いかけられないバスは、食うのを諦めてしまうでしょう。そんな寒くてルアーを追いかけられないバスには、縦の動きをするルアーが有効です。バスの目の前で上下に動いていれば、バスも移動距離が少なくリアクションバイトしてくるでしょう。

そんな寒い時期に有効なルアーが今回紹介するOSPの「オーバーライド」です。冬の定番である鉄板ルアーですが、そこらの鉄板とは一味も二味も違う、「フォールにこだわった」釣れる鉄板ルアーです。
※2018年1月9日にスペックを更新しました。

OSPオーバーライドのスペック

オーバーライドOSP1

・長さと重さは、 35mm(1/8oz)、38mm(3/16oz)、42mm(1/4oz)、48mm(3/8oz.)、52mm(1/2oz.)の5種類で、水深での使い分けなどがしやすいです。

・カラーは、あれもこれも欲しくなる、22色。

・根掛かりを押さえられる、ダブルフック!サイズは、1/8oz. Front#12 Rear#10(1/8oz)、#10(3/16oz)、#8(1/4oz)、#6(3/8oz)、#5(1/2oz)

・ラインアイを変更するためのスナップの大きさは、#0(1/8oz.3/16oz)、#1(1/4oz. 3/8oz.)、#1.5(1/2oz)

・他のルアーもこれぐらいの値段にしてほしい! 1/8oz. 820円、3/16oz. 830円、1/4oz. 850円(もちろん税抜!)、3/8oz. 900円(やっぱり税抜!)、1/2oz. 950円(そお!税抜!)

オーバーライドの使い方

オーバーライドOSP3
オーバーライドには3つのアイが付いています。スナップを付ける位置を変えるだけで、色々な動きをします。冬のシーズンは基本的にはノーマルポジションアイで使うことが多いです。

フロントアイ

タダ巻き用アイで、早巻きをしたい時に使います。私個人的にはあまり使わないですが、この動きがハマるときは当然あるでしょう。

ノーマルポジションアイ

リフト&フォールで使うのに最適なアイです。上げては落とすの繰り返しで使いますが、そこでキモになるのが、狙うストラクチャーの高さで上げ幅を変える事です。

橋脚を狙う時は、大きく上げて落とす。岩などあまり高さがない物を狙う時は少し上げて落とすなど。フラットなら高さの無い物と同じ様に、上げすぎない様にするのが効果的です。イメージ的には、エビが上にピピッッと逃げて、スーと落ちてくる感じです。私の場合、1〜2回ロッドを上げては、ラインテンションをフリーにして落とすの繰り返しです。

リアアイ

ゆっくり引けるようになるリアアイは、ボトムのスローロールに最適です。晩秋の水温が10℃を切ってない、まだ追いかける力が残ってるバスを釣るのに有効です。ダブルフックなので根掛かりが少なく、特に有効です。

オーバーライドの動き

オーバーライドはバイブレーションルアーの様に、ブルブルと振動しながら泳ぎます。しかしバイブレーションルアーとは違うのは、フォール時の「流れる様なカーブフォール」です。

この動きは言葉にするのは難しく上手く表現できないので、動画でどうぞ!この不規則なフォールがバスを魅了するんですよね。後半は琵琶湖で早春にオーバーライドで釣りまくっているプロガイド森田氏です。

オカッパリなら高さのある場所で

okappari01
野池のオカッパリでも威力を発揮する「オーバーライド」ですが、やはり岸からだと、縦の動きより、横の動きになりがちになってしまいます。なので、出来るだけ縦の動きにするために、まずはラインをナイロンで16lbぐらいの太めにします。フロロだと沈んでしまいますが、ナイロンでラインを浮かせる事によって、縦の動きに少しでもなるようにします。

それともう一つは、岸に近付いてキャストするのではなく、高い場所からキャストすることです。単純に高い位置で使えば、ルアーも上に上がってきますので、試してみて下さい。ランディングのさいも、ラインが太いので安心です。

夏でも炸裂

んyjysrjst

TOSHI’s DAYS バスファンカップin津久井湖

並木氏主催の大会、バスファンカップに本人も出場し、当時プロトだったオーバーライドで51.8㎝、2415gのキッカーフィッシュを釣り、優勝しています。夏の水温が低いディープの攻略で使われたオーバーライド。出しどころをしっかり押さえれば、春夏秋冬いつでも使えるルアーです。

巻いて使う時は

override06
リフト&フォールをしない、ただ巻きで中層を狙う時は、後ろのフックをトレブルフックに変えて、フッキング率アップを図ります。あまり大きい針を付けてしまうと、動きが小さくなってしまうので、♯6ぐらいの大きさが最適です。

タックル

ボートでのリフト&フォール用のタックル
arudevaran01
・ノリーズ・ロードランナー RR630MH
・シマノ・アルデバラン MG7
・FCスナイパー 16LB
フォールで当たりを取って行くため、ロッドはジグ用を使います。リールは右利きなら左ハンドルが最適です。利き腕でロッドを動かした方が、アクションが付けやすいと思いますし、フォール中のバイトにも迅速に対応できます。

最後に…

冬によく釣れる鉄板ルアーなのですが、実際は年中いつでも釣れるルアーなんですよね。もちろん冬に、特に力を発揮するルアーなのは間違いないですが、他の季節でも良く釣れるので、オーバーライドをキャストしてみてはいかがでしょうか。

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. ハードルアー

    脅威のフッキング率が魅力のフロッグ!OSPスケーティングフロッグ!O.S.P.SKATING FRO…

    大会でも信頼して投げられるフロッグをやっと見つけれたな。というのが長く…

  2. ハードルアー

    手っ取り早く冬のバスを釣るためのメタルバイブ!デプスの「サーキットバイブ」使い方など DEPS

    スローな展開になりがちな冬の釣りですが、冬でもバスを釣り上げてるアング…

  3. トレーラーフック

    ハードルアー

    トレーラーフックの重要性と使い方を知れば、スピナーベイトやバズベイトで更に釣れるようになる!

    スピナーベイトやバズベイトを使う上で、トレーラフックは基本的に「絶対に…

  4. ハードルアー

    次元を超えたアクションでバスを引きつける!ルドラ130フローティング!OSP-RUDRA-130F

    バスが狂ったように、どこからともなくジャークベイトに襲いかかってくる!…

  5. ハードルアー

    シャロークランクを研究中…このマニアック感がたまらない…w シャロー道ラボ

    シャロークランクを研究中…このマニアック感がたまらない…w#luc…

おすすめ記事

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. ブレードジグ1/2oz
  2. ドライブスティック・バックスライド
  3. LC RTO 1.5

バスマスターエリート・スケジュール

  1. バスの本能や修正

    シーズナルパターン

    知れば飛躍的にバスが釣れるようになる!知っておきたいバスの8つの本能や習性
  2. シーズナルパターン

    鳥を見よ!!意外とみんな知らない、鳥がバスの居場所を教えてくれる!
  3. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  4. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  5. タックル

    大森さん本人とベイトリールのギア比の話をした時の話。
PAGE TOP