これは参考になる!真冬の極寒期にジャークベイトでバスを釣る方法!

凍えるような寒さの中でも攻める!

水温が低下する冬の時期はライトリグなどのスローな釣りになりがちですが、今回はそんな極寒期にジャークベイトでバスをキャッチする方法をアメリカのトッププロ「ランディー・ブロウキャット」が紹介してくれます。

ジャークベイトの操作方法やリトリーブスピードなど、極寒期にバスをキャッチするためのコツが満載ですので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ランディー・ブロウキャットって?


バスフィッシング歴が長い人はご存じの方も多いんじゃないかと思いますが、ランディーブロウキャットはアメリカのトップトーナメントで活躍する選手で、伊藤巧さんなどが活躍するバスマスターでも優勝の経験を持つ、言わずと知れたトップアングラーの1人です。

日本を代表する釣具メーカー「メガバス」がスポンサードしていることが有名で、何度も来日しています。現在60歳のベテランの「洗練されたジャークベイトテクニック」は必見です!

ジャークベイトテクニック

ここに注目!
・アクションの方法(特にスピード)
・スピニングタックル(ロングキャスト)
・ルアー(サイレントのジャークベイト)
・周囲の地形や景色(フラットの広さなど)

使用タックル


「Megabass Vision Oneten Silent Jerkbait」


「Megabass Orochii XX Spinning Rod, Ronin 6’8”」


Seaguar Tatsu Fluorocarbon Line, 6lb

最後に・・・

極寒の時期でもシャローに上がり餌を捕食するバスが少なからず存在します。このジャークベイトテクニックを習得すれば、更に出会えるバスの数が増えるんじゃないかと思います。試してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

2020バスマスターエリート「シーズン2勝」のブランドン・パラニュークが使っていた最先端のルアー!前のページ

激選!初心者さんに投げてもらいたいオススメのルアーやワーム7選!次のページVS-3080

関連記事

  1. ハードルアー

    世界のT.Namiki流!スピナーベイトの収納に便利なダイワのサーフワレットポーチがオススメ!

    日に日に増えるルアー達の中で地味にかさばるスピナーベイト。限りあるボッ…

  2. ハードルアー

    激選!バス釣りで使いたい「良く釣れる」おすすめミノー・ジャークベイト6選!

    ルアーフィッシングと言ったらこの小魚そっくりな形の「ジャークベイト」を…

  3. ヤマト.Jr

    ハードルアー

    小型なのに脅威のロングキャスト!ヤマトJr.は完成されたトップウォータープラグ!OSP YAMATO…

    広くも探れて、ピンスポットも探れるペンシルポッパー。他のトップウォータ…

  4. ハードルアー

    必ず持っていたい5色!バイブレーション・プラグのおすすめカラーはコレ!

    ルアーのカラー選びは一生の悩み!世の中には数え切れない程のルア…

おすすめ記事

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. スウィートビーバー
  2. DoliveShad
  3. newスライドスイマー250

2021 MLF/BPT スケジュール

2021 Bassmaster Elite スケジュール

  1. アメリカ

    大森さんが優勝したレイク・マーチン戦のTV番組が見れるようになりましたよ!
  2. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  3. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  4. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
  5. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
PAGE TOP