ドライブスティック・バックスライド

OSPドライブスティックのバックスライドノーシンカーでやりたい8つのこと。

ドライブスティックは使い方が色々紹介されていて、どの方法を試しても本当によく釣れます。ドライブスティックの完成度の高さにただただ驚くばかりです。

そんな釣れすぎるドライブスティックを今回はノーシンカーリグに的を絞って使い方などを私なりに書いて見たいと思います。

やっぱりドライブスティックでのノーシンカーって言ったらバックスライドですよね!

スポンサーリンク

1、必ずワームがまっすぐになるようにフックをセットする

バックスライドで多用するのは、4.5inです。私は4.5inにはオフセットの3/0ぐらいのフックをよく使います。O.S.P.推奨フックサイズも3/0です。ストレートフックだとズレる事が多々あったので私はオフセットフックを使用します。

このとき必ずフックがワームに対して、まっすぐになるようにセットすることが大事です。

セッティング方法

テール側のリブ(ボコボコした段)から3㎜ぐらい内側にフックポイントを斜め前に向かって少し刺します。そのあとはフックポイントは真下に向けて刺します。

クランクの形状に沿ってボディ内部に埋め込む感じでセット、フックポイントはボディの真ん中あたりで留めるのがバックスライドさせやすくするキモです。フッキング率を上げるため、一度貫通させてから真ん中あたりに戻して留めるのがオススメです。

フックの位置が写真の様になるようセットします。

dolivestick01

2、ラインは太めのフロロカーボン

ストラクチャーをタイトに狙っていくため、根ズレに強いフロロカーボンラインを使います。14lbを基準に、ストラクチャーの密度で太くしたり細くしたりと調整していくのが良いと思います。

3、最初のフォーリングが勝負!

バックスライドは、最初のフォールで喰ってくることがほとんどです。フォール中のラインの変化に細心の注意をしましょう。
フォールで食わないときは、ロッドを「チョン」とあおってエビだよ!とアピールするぐらいで、食わなければどんどん次の場所へキャストして手返しよく探っていきましょう。

この時、軽いワームでもキャスティングしやすい竿先が柔らかめ、バット部分は少し硬めのパワーのあるロッド選びも大事になってきます。

4、バックスライド分、手前に落とす

バスがいそうなところにはどんどん落とし込みましょう。

しかし物の際にタイトに着水させるとダメなので、バックスライドする距離分を計算し、少し手前に落とすことを心掛けましょう。こればかりは何度もキャストして感覚をつかむしかないです。

5、入水角度に注意する

着水時に垂直姿勢で落ちるとスライドをしはじめる水深が深くなってしまうので、できるだけ水平姿勢での着水を心掛けたアプローチをしましょう。近距離では低い弾道で投げれる技術が必要になってきます。

6、ワームは常にまっすぐに保管

カーリーテールなんかでもやる方法なのですが、曲がったまま保管するとクセがつき、本来の性能を発揮できなくなるので、パッケージのなかでワームが常にまっすぐになるよう互い違いに収納しましょう。パッケージのジッパーを閉める前に中の空気を抜くことで、遊びがなくなるので、閉める時は軽くギュッと袋を押さえながら閉めるようにします。

dolivestick03

7、風や流れが強いときは、糸オモリをフックに巻きつける

風や流れの影響で狙ったところへのキャストが難しいときは、フックに糸オモリを巻きます。

dolivestick02

良くネイルシンカーを使う方法が紹介されてますが、フックに巻きつけた方が調整が簡単にできるので私的にはオススメです。

ネイルシンカーを入れる場合は、腹側のスリットが始まる位置から、ボディの下腹に水平に入れるのが良いそうです。ウエイトは0.5〜1.3gぐらい。

どちらのやり方も、ウエイトを重くしすぎないことがキモですね。

8、バスがサスペンドするカバーを狙う

水門やオーバーハングした木の下などの、他のルアーではキャストできないようなストラクチャーこそバックスライドの威力を発揮します。エビやハゼなどのベイトがついているときはチャンスです。表層からボトルまで、すべてのレンジを探る感じでゆっくりとフォールさせていきましょう。

最後に…

なかなかノーシンカーも奥が深いですよね。ドライブスティックのバックスライドは、フックとのバランスが一番重要になるので、色々なフックで試してみて、あらゆるカバーにキャストしていきましょう。
 

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. スキップ・イン・ザ・シェード

    ソフトルアー

    普通じゃ食わないカバーのバスをジグヘッドで狩る!「スキップインザシェード」エコギア

    バスと言う魚は基本的に障害物に付きやすく、物陰に隠れて獲物を狙っている…

  2. 色を塗る準備
  3. スウィートビーバー

    ソフトルアー

    フリッピング、パンチングに最適なワーム「スウィート・ビーバー」が釣れる!

    これさえあれば他のワームが要らなくなる!?アメリカには「フリッパー…

  4. ソフトルアー

    プロが惚れ込んだ動き。センコーのドロップショットが釣れそう!ゲーリーヤマモト

    気になったセンコーのドロップショット(ダウンショット、アンダーショット…

  5. ジカリグ・ゼロダン

    ソフトルアー

    最強のジカリグ・ゼロダンで攻める!奥の奥からビックバスを引きずり出すぞ!

    ジカリグ・ゼロダン。私はヘビーカバーでの強度が心配で、大会など1匹が貴…

  6. ソフトルアー

    異次元の釣果!人気クローワーム「OSPドライブビーバー」はとにかく釣れる!DoLiveBeaver

    新しい最終兵器を発見!!!発売当初から釣れるクローワームと言わ…

おすすめ記事

  1. 水中映像
  2. ドライブスティック・バックスライド

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. バスの本能や修正

人気記事

  1. トレーラーフック
  2. スウィートビーバー
  3. ドライブスティック・バックスライド

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
  2. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  3. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  4. タックル

    誰もが求める機能が充実!おすすめタックルボックス「バーサス-3080」VS-30…
  5. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。
PAGE TOP