2020バスマスターエリート「シーズン2勝」のブランドン・パラニュークが使っていた最先端のルアー!

2021年バスマスター・エリートで宮崎友輔、伊藤巧、木村建太の最大のライバルの一人となるブランドン・パラニューク選手

BPTを1年で離脱しバスマスターエリート復帰シーズンで2勝した言わずとしれた強豪でありイケメン!!

そんなパラ様が2勝時に使っていたルアーが気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

パラニュークとは


過去のエリートで5勝、2017年にはAOYを獲得した経歴を持つブランドン・パラニュークは現在33歳(若!)パワーゲームを得意とするオールラウンダーで、誰もが認める実力派イケメンです。

このシャロー道でも何度か取り上げてますが、直近のバサー(3月号)でもあのアマケンさんのインタビュー記事が掲載されています。

2020年エリート2勝した時に使っていたルアー

7月30日~8月2日に行われたレイク・シャンプレーン戦では、ビッグベイトとフィネスというオールラウンダーらしい攻めでバスを釣っていました。

「7.50-inch Storm Arashi Glide Bait」 ストームのグライドベイトですね。いわゆるS字系ルアーで、幅広いダートが特徴のビッグベイト。開発に3年かけたこだわりのビッグベイトになっているようです。

日本でプロモーション撮影していますね↓

パラニュークにとってトーナメントでも使用できる信頼のビッグベイトということで、#ミーハーメリカンの私も購入しました(^^)


ライトリグは、Xゾーンのソフトベイトを使っていたようです↓

「X Zone Lures MB Fat Finesse Worm」 エックス・ゾーンのMBファットフィネスワームは、高浮力の素材で作られており、ジグヘッドやネコリグで使用したときボトムで立ち上がり、ライトリグの弱点である存在感不足を補っています。

その浮力が分かる動画がこちらになります↓

「3.25-inch X Zone Lures Pro Series Finesse Slammer」 もう1つは3.25インチのフィネス・スラマーです。スモールマウス用に開発されたワームで低水温でも良い動きを出すためにソフトな素材で作られており、癖がつかないようブリスターパッケージになっています。パラニュークはこれをドロップショットで使用していたようです。

2勝目の時のウィニングルアー

そして、2勝目となるサンティークーパー戦での予選から決勝までのメインリグは、テキサスリグでのフリッピングと、スイムベイトでした。

「3.5-inch X Zone Lures Muscle Back Finesse Craw」 フリッピングで使用していたマッスルバック・フィネスクローは、手の部分がパタパタと波打ちアピールするタイプのクロー系ワームです。私はこれを見てノリーズのスイムバタフライを思い出しました。一時期よく使ってましたが最近使ってなかったので、また使ってみようかな(^^)

「5.5-inch X Zone Lures Mega Swammer」 メガスイマーですが、動画ではオフセットフックにブレードが装着されていますが、トーナメントでは1/2ozのスイミング用ジグヘッドを使用していたようです。

最後に、決勝で7lb12oz(3.5kg)のキッカーフィッシュを釣り上げたワームがディセプションワームです。

この時を振り返ると、オフショアにある単発オダを発見し、そのオダにビッグフィッシュがサスペンドしているのを魚探(ライブスコープかな?)で確認。このビッグフィッシュを食わせられ釣り上げれるであろうタックルの準備をしておらず、その場でラインを巻き替え、ディセプションワームをリグったドロップショットを準備しこのビッグフィッシュを釣り上げました。非常に冷静なパラ様はやっぱり…惚れてまうやろー!(死語)ですね(笑)

こういう釣りがやっぱり5本リミットの戦略の面白さだと私は感じています。バスプロツアーでは見られないですよね。

私も愛用しているXゾーン・ルアー


そういえば、Xゾーンって日本ではあまり知られていないメーカーではないでしょうか?実は私もXゾーン愛用者で、マッスル・バック・ホグ・ハンターというワームを使っています。

Xゾーンがパラニュークのスポンサーになったのは最近だと思うのですが、パラニュークの活躍でXゾーンへの注目度もアップしましたね!

ネストさんで買えます!

実際に使ってみたいけど、手に入れる方法が少ないのが現状です。Xゾーンを輸入しているネットショッピングのネストさん。もしくはタックルウェアハウスで個人輸入するしかないでしょう。

安心して買えるネストさん、もしくは英語でも問題ない方はタックルウェアハウスでも良いと思います。

ネストさんの通販サイトはこちら↓
通販アメリカン釣具専門店「NEST/ネスト」

タックルウェアハウスでの購入の仕方はこちらの記事をご確認ください↓

最後に・・・

コロナ禍の2020年シーズンを盛り上げてくれたパラ様や他の選手達。2021年もコロナの収束が見えず大変なシーズンになると思いますが、選手達の健康を願いつつ応援していきたいですね! 

2021年エリート開幕が近づいています!スケジュールも作りましたのでこちらからご確認ください↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

2021年 BPT バスプロツアー・スケジュール!MLF’s Bass Pro Tour Schedule 2021前のページ

【MLF】2021プロサーキット開幕戦、スキート・リースが優勝!!使用したルアーも公開されました。次のページ

関連記事

  1. ソフトルアー

    ガチなフリッパーがワームを作るとこうなる…「ジークラック・マッドシェイカー 3.5inch」 GEE…

    沖の釣りを主体とする琵琶湖プロガイドが多い中、シャローをメインに釣りを…

  2. アメリカ

    【バスマスターエリート】2018年バスマスターエリート最終決戦!AOYは誰の手に?

    2018年バスマスターエリート最終戦チャンピオンシップが9月20日から…

  3. アメリカ

    今季3勝目!KVDが2016クラシック・ブラケットを制する!

    「どうせ ケビン・バン・ダム が勝つんでしょ…」バスマスターの…

  4. アメリカ

    優勝秘話!バスマスターエリート開幕戦終了後の大森さんへのインタビュー動画

    「簡単に優勝したように思われてるけど、簡単じゃなかった…」FL…

  5. アメリカ

    2016サザンオープン第1戦のまとめ。2016 Bass Pro Shops Southern Op…

    サザンオープン第一戦 フロリダ州 キシミーチェーン オブ レイクで開催…

おすすめ記事

  1. ロッドテイマー ロッドホルダー ボート

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. OSPスリッパー

人気記事

  1. スウィートビーバー
  2. ベビーブラッシュホグ
  3. newスライドスイマー250
  4. トレーラーフック

2022 MLF/BPT スケジュール

2022 Bassmaster Elite スケジュール

  1. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
  2. シーズナルパターン

    鳥を見よ!!意外とみんな知らない、鳥がバスの居場所を教えてくれる!
  3. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
  4. タックル

    オススメの釣り具通販サイト。すぐに欲しい釣り道具を手に入れよう!
  5. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
PAGE TOP