晩秋のシャローフリッピングの秘密

晩秋のシャローフリップは爆発する。

晩秋の朝晩が寒く、水温が10度前後になるときに爆発するのが、シャローのカバーへのフリッピングです。

この時期、ライトリグが中心のスローな釣りか、リアクションのハードルアーの釣りが多くなる季節ですが、シャローのヘビーカバーが爆発する季節でもあります。
ここで頭に入れておきたいのは、カバーに長く居着いているバスを狙うと言うことです。少し深いところから、水温の上昇で入ってくるバスは、少し細身で、そこそこのサイズのバスになってしまうことが多いです。

まずルアーを投げ入れる間隔ですが、流す移動時間をとにかく遅くしてキャストします。
その間隔とは、

だいたい50センチ刻みぐらい

普通のフリッピングなら、1m幅ぐらい投げ入れる間隔を広くしてもバスは気付くと思いますが、ここで肝心なのは…

バスに気付かれないように、水中にワームを送り込む

それが、寒い時期の秘密のカバーフリップです。「見つからなければ釣れないじゃないか!」と思うかもしれないですが、心配ご無用。

バスのセンサーは私たちが想像しているよりも高性能で敏感です。
バスに気付かれず、逃げ去るザリガニなどを想像するのです。
そして水中にルアーを送り込んだら、また想像です。ザリガニが寒くてモサモサ歩いているぐらいのゆっくりなアクションをするのです。
ハイシーズンなら、普通に上下に動かしたりしてアピールすれば、バイトを得られますが、寒いこの季節は、とにかく気付かれないようにゆっくり丁寧に流しながら、ルアーもゆっくり慎重にアクションさせることが、釣果に結びついていきます。

寒くなってきた時期のシャローフリップをぜひやってみてください。あっと驚くようなビックバスが釣れますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

意外とみんな知らない?手っ取り早く晩秋のシャローバスを見つける方法。前のページ

ヒシ藻フリップには絶対に必要な準備次のページ

関連記事

  1. シーズナルパターン

    鳥を見よ!!意外とみんな知らない、鳥がバスの居場所を教えてくれる!

    鳥にはベイトが見えている…初めての湖、よく行く湖でエリアを選択…

  2. シーズナルパターン

    教科書にも載っていないバスの行動とは!⑤  パターンが無いパターン?

    良く釣れると言われる定番のエリア。例えば琵琶湖で有名なスポーニングエリ…

  3. シーズナルパターン

    シーズナルパターン3 春本番!プリスポーンバスのシャローゲーム (4月前半)

    春本番4月の初めごろは、1年の中でもデカいバスが次から次へと釣れる…

  4. シーズナルパターン

    凍えるような寒さでも爆発する!プロテクトエリアでサスペンドミノー!

     春のビックフィッシュにはサスペンドミノーが威力を発揮します。その…

おすすめ記事

  1. ブレードジグ1/2oz
  2. ドライブスティック・バックスライド

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. ばす

人気記事

  1. ドライブスティック・バックスライド
  2. LC RTO 1.5
  3. トレーラーフック

2020 MLF/BPT スケジュール

2020 Bassmaster Elite スケジュール

  1. ハードルアー

    意外とみんな知らない?ハードルアーにスナップは使うべきか?リングに直結するべきか…
  2. ハードルアー

    曲がってしまったワイヤーの直し方。基本的なスピナーベイトのセッティング方法
  3. シーズナルパターン

    鳥を見よ!!意外とみんな知らない、鳥がバスの居場所を教えてくれる!
  4. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。
  5. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
PAGE TOP