ばす

教科書にも載っていないバスの行動とは!① バスの行動パターンを左右する、流れの要素とは?

2006〜2007年代にESPNがアメリカのトーナメント「バスマスター」を放送していた頃、面白い事をやっていました。それは、釣り上げたバスに発信器を装着し、リリースした後に何日にも渡りそのバスの行動を観察した「バス・スポッター」と言うコーナーです。

今回は川の流れが発生している時と発生していない時のバスの行動を追った会です。
推測ではなく、実際のバスの行動はどういうものなのか?必見です!
行動
ESPNから画像をお借りしております。

スポンサーリンク

2匹の行動を追跡

行動
支流のインサイドにあるシャローで釣れた2匹のバスに発信器を付け、行動を追跡です。ダムの開け閉めなのか、干満差なのか分かりませんが、日によって流れがあったりなかったりする場所の様です。

流れがない時はディープへ

行動
1日目、川の流れが止まっている状態です。その時にバスを追跡すると、2匹のバスは4.5m〜7.6mのディープにいました。あまり動きはなく、ただよってる程度で移動はそれほどない状態です。この状態だと、なかなかルアーを追う事はないでしょう。

川の流れが発生するとシャローへ

koudou04
2日目、川の流れが発生している状況です。追跡してみると、バスは1.5m〜2.4mのシャローエリアに移動していました。
行動
シャローに上がってきたバスはエサを探している様子で、ウロウロと活発に移動していました。バスをルアーで狙うべきタイミングは、川の流れが出た時のシャローだと言えます。

流れが止まると再びディープへ

行動
3日目、また川の流れが止まったときにはバスはディープへと再び戻り、ただよってる状態になる様です。

最後に…

この事からも分かる様に、「流れ」と言うのはバスのポディションを変え、活性を高める効果があり、釣り上げるチャンスだという事です。

今回は川の流れでしたが、風の吹き始めや湖流など、流れが発生する要素は他にも色々あります。その流を考えながらエリアを探しタイミングを合わせていけば、バスと巡り会える可能性がさらにアップするのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

これだけは知っておきたい、アメリカ・ルアーメーカーまとめ。前のページ

教科書にも載っていないバスの行動とは!② 天候・気圧の変化でバスの行動パターンがどう変わるのか?次のページ

関連記事

  1. シーズナルパターン

    春の王道!?岬先端のカバーは手返し重視!

    バスが産卵を意識して、シャローに入って行くときに、必ず通って行く岬。そ…

  2. シーズナルパターン

    春は「ひとつ目の障害物を狙え!」スポーニング時期のバスを簡単に釣る方法!

    1つ目のOOがキーになる。以前の東京で開催されたフィッシングシ…

  3. シーズナルパターン

    村田基さんのビッグフィッシュ論に耳を傾けたらデカバスが釣れるようになった!?

    最近、釣りしながら頭の中を絶えずグルグルと回っている考え方があります。…

  4. シーズナルパターン

    凍えるような寒さでも爆発する!プロテクトエリアでサスペンドミノー!

     春のビックフィッシュにはサスペンドミノーが威力を発揮します。その…

  5. シーズナルパターン

    シーズナルパターン1 冬から春への最初のパターン変化。(3月前半)

    越冬エリアからスポーニングエリアへの移動 3月の初め頃から…

  6. 琵琶湖の棚

    シーズナルパターン

    意外とみんな知らない!釣れすぎる真珠棚を簡単に見つけてしまう方法!

    琵琶湖の南湖にある赤野井ワンド。そこにある真珠棚は、ハマれば5本で10…

おすすめ記事

  1. ハンドランディング

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

人気記事

  1. DoliveShad
  2. トレーラーフック
  3. スウィートビーバー

2021 MLF/BPT スケジュール

2021 Bassmaster Elite スケジュール

  1. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  2. アメリカ

    大森さんが優勝したレイク・マーチン戦のTV番組が見れるようになりましたよ!
  3. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  4. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
  5. タックル

    オススメの釣り具通販サイト。すぐに欲しい釣り道具を手に入れよう!
PAGE TOP