menu

シャロー道

教科書にも載っていないバスの行動とは!① バスの行動パターンを左右する、流れの要素とは?

ばす

2006〜2007年代にESPNがアメリカのトーナメント「バスマスター」を放送していた頃、面白い事をやっていました。それは、釣り上げたバスに発信器を装着し、リリースした後に何日にも渡りそのバスの行動を観察した「バス・スポッター」と言うコーナーです。

今回は川の流れが発生している時と発生していない時のバスの行動を追った会です。
推測ではなく、実際のバスの行動はどういうものなのか?必見です!
行動
ESPNから画像をお借りしております。

2匹の行動を追跡

行動
支流のインサイドにあるシャローで釣れた2匹のバスに発信器を付け、行動を追跡です。ダムの開け閉めなのか、干満差なのか分かりませんが、日によって流れがあったりなかったりする場所の様です。

流れがない時はディープへ

行動
1日目、川の流れが止まっている状態です。その時にバスを追跡すると、2匹のバスは4.5m〜7.6mのディープにいました。あまり動きはなく、ただよってる程度で移動はそれほどない状態です。この状態だと、なかなかルアーを追う事はないでしょう。

川の流れが発生するとシャローへ

koudou04
2日目、川の流れが発生している状況です。追跡してみると、バスは1.5m〜2.4mのシャローエリアに移動していました。
行動
シャローに上がってきたバスはエサを探している様子で、ウロウロと活発に移動していました。バスをルアーで狙うべきタイミングは、川の流れが出た時のシャローだと言えます。

流れが止まると再びディープへ

行動
3日目、また川の流れが止まったときにはバスはディープへと再び戻り、ただよってる状態になる様です。

最後に…

この事からも分かる様に、「流れ」と言うのはバスのポディションを変え、活性を高める効果があり、釣り上げるチャンスだという事です。

今回は川の流れでしたが、風の吹き始めや湖流など、流れが発生する要素は他にも色々あります。その流を考えながらエリアを探しタイミングを合わせていけば、バスと巡り会える可能性がさらにアップするのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング