村田基さんのビッグフィッシュ論に耳を傾けたらデカバスが釣れるようになった!?

最近、釣りしながら頭の中を絶えずグルグルと回っている考え方があります。それは…

「村田基さんのビッグフィッシュ論」

3月に行われたキープキャストで聞いてきた内容をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

村田基さんのビッグフィッシュ論とは

皆さんこんにちは、シャロー道のhidekiです。

最近自分の中ではイケてる釣りしてるな~と自画自賛ですwその釣りとはトップウォーターの釣りですが、私は今までそこまでトップウォータープラグを投げる回数は多くない方でした。

しかし、今シーズンのこの季節はトップウォーターをもっと多様していこうと思う出来事が実はあったんです。それは3月に行われたキープキャストでの村田基さんのセミナーでのできごとでした。

息子を連れていたので隅から隅までしっかり聞けてはいませんが、ひとつしっかり頭の中に残っていたのがこのホワイトボードの絵です。

うるおぼえで申し訳ないですがこんなことを言っていたと思います。

デカバスを釣るのなんて簡単だよ!バスを上に向けるか下に向ければ釣れるから…。

ホワイトボードには上を向いた魚の絵下を向いた魚の絵が書いてあります。ジグザグの線はワームをリフト&ホールさせて…みたいな事だったと記憶しています。

私はこれを見て色々考えた内のひとつがトップウォーターでの釣りだったのです。考えをシンプルに「バスを上を向けやすい」というか「バスが上を向かざるおえない」と言った方が良いでしょうか。

このことを頭の中に強く意識して釣りをするようになったら、何か最近よく釣れている気がします。そのエリアのワンキャスト目をかならずトップウォーター系のルアーを投げるとか…



大会では釣れなかったけど、前日のプラでは50アップ3発です。

最後に・・・


サイトフィッシングではバスを下に向けると食う…と聞いたこともありますし、私のフリッピングでの誘いもバスを上に向ける誘い方だったり…。

皆さんもバスを上に向ける…下に向ける…と意識して釣りをするとまた釣果が変わるかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

PS:最近発売された村田さんのバズベイトが気になっているのは私だけでしょうか???

 

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. シーズナルパターン

    春の琵琶湖…ビッグバスの通り道「リップラップ」攻略を考える。

    春の琵琶湖の王道パターンのヒトツ「リップラップ」パワーフィッシングでバ…

  2. シーズナルパターン

    ヒシ藻カバーで回遊しているバス?!

    突然連発!なんてことがありますよね。そんな感じでバスが釣れると…

  3. basser
  4. シーズナルパターン

    日向ぼっこ中の、のほほんバスをキャッチする方法!

    今日は暖かいなぁ。日向ぼっこが気持ちいい~!お昼寝日和だなぁ!そ…

  5. シーズナルパターン

    冬なのに流れがでる場所の休憩ピンスポット!

     こんな流れがある場所にバスなんていないよなぁ…冬の季節の誰も…

おすすめ記事

  1. ルドラSP
  2. ガンタージグ・ノリーズ
  3. 熊が鮭を食べる
  4. Swing Impact FAT KEITECH

  1. mhgkhtf,gjt

    ハードルアー

    これがスピナーベイトだ!!大森さんから学んだスピナーベイトの出し所。
  2. タックル

    大森さん本人とベイトリールのギア比の話をした時の話。
  3. ソフトルアー

    鬼の食わせのライトリグ。ゲーリーヤマモト・カットテールワーム4インチが釣れる!
  4. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  5. ハードルアー

    曲がってしまったワイヤーの直し方。基本的なスピナーベイトのセッティング方法
PAGE TOP