2018年バスマスターエリート年間王者が最終戦で使っているルアーは、バークレーの「Cane Walker」

2018年バスマスターエリート最終戦も残すは最終日のみとなるなか、今年の年間王者で現在5位に付けている「ジャスティン・ルーカス」が最終戦で使っているルアーを紹介しています。

他にも使用しているタックルから、興味深いラインシステムも紹介されていましたので見ていきましょう!

スポンサーリンク

ペンシルポッパーと使用カラー

皆さんこんにちは、シャロー道のhidekiです。

生放送を見ている方はご存知かと思いますが、現在5位に着ける「ジャスティン・ルーカス」は時折シューティングしながらトップウォーターをメインに戦っています。

ワームを使ったシューティングも行っていますが、検量に持ち込んでいるバスは結局トップウォーターで釣ったバスのみのようです。そのトップウォーターがこちら▼

バークレーから発売されている「Cane Walker」と言うペンシルポッパーです。クリアーウォーターでバスの警戒心が高いこの湖でロングキャストがキーになっているようです。

ある程度の重量が有り、後方重心システムが内蔵されたボディーはよく飛びます。そして内蔵されたシンカーから発せられるゴトゴト音とペンシルポッパー特有のスプラッシュ、クロームカラーのフラッシングが噛み合った時にバスが狂ったように飛び出してくるようです。

タックル

リール


気になるタックルですが、リールはギヤ比8.0:1のハイギヤを使っているようです。遠投して遠くでバスが食ってくるので、ラインスラックを素早く取れガッチリフッキングするにはハイギヤが必要だと。

ロッド


ロッドはアブガルシアの7ft6inのMHですね。ロングキャスト後直ぐに食ってきた時でもしっかりフッキングができるよう長めのロッドを使っているようです。

ライン


ラインはBerkley x9というPEの30lbを使用しています。これもロングキャストを意識した選択であり、フッキングも意識しているようですね。

Berkley X9 Braided Line Lo-Vis Green

ラインシステム


そのPEを直接ルアーに結ぶのではなくフロロカーボンのリーダーを付けるシステムを採用しています。やはりそこはクリアーウォーターだからというのが理由のようです。

個人的にナイロンじゃないの?と思ったのですが、説明では水に馴染んで警戒心の強いバスからラインが見えないようにするためのようです。

日本製だったら

盛三シャワーブローズ
ペンシルポッパーでパッと思いつくのは、やっぱりモリゾーさん所の「シャワー・ブローズ」ですよね!コンセプトが一緒すぎる!っていうツッコミをしたくなる程(笑)

清水盛三が語る 「世界基準のペンシルベイト、シャワーブローズ」

私も使用していて良い思い出は沢山あるけれど、最近使ってなかったからまた投げようかなって感じです(^^)

最後に・・・


私的にはラインシステムを真似してみようかなって感じです。日頃はナイロンでやっちゃうのでシステム組むのは多少手間な部分もあると思いますが、それ以上にアドバンテージが有るのかなって感じです。

そして、2018年最終戦も残すは最終日のみとなりました。日本時間の今夜、23日(日)21時〜生中継が始まります。ルアーやタックルがわかった上で見ると、また違った視点で見れるので面白いと思います。ぜひチェックしてみてください(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【バスマスターエリート】ジャスティン・ルーカスが年間王者に王手!2018 Bassmaster AOY Championship 最終戦 day2前のページ

【バスマスターエリート】ジャスティン・ルーカスが2018年の年間王者に輝く!次のページ

関連記事

  1. アメリカ

    優勝秘話!バスマスターエリート開幕戦終了後の大森さんへのインタビュー動画

    「簡単に優勝したように思われてるけど、簡単じゃなかった…」FL…

  2. アメリカ

    2020年のバスマスター・エリートはこの選手に注目!!伊藤巧選手ほか…

    アメリカトーナメントの最高峰バスマスターエリートに、2019年のオープ…

  3. アメリカ

    エリート開幕戦の大森さんの優勝は決まりか!?チャンピオンシップ・サンデーのキッカーフィッシュ!見逃し…

    2018バスマスターエリート開幕戦の最終日の決勝。天候が心配されてまし…

  4. アメリカ

    史上11人目の快挙!ジェラルド・スウィンドル2度目の栄冠!Angler of the Year 20…

    あまり大々的に報道される事の無い年間王者Angler of the Y…

  5. アメリカ

    2017年バスマスター・クラシック出場を賭けた1対1の戦い!2016 Bassmaster Clas…

    あのB.A.S.S.がまた新しい試合方式を試みてます。そのトーナメント…

おすすめ記事

  1. LC RTO 1.5

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. VS-3080
  2. 琵琶湖の棚

人気記事

  1. LC RTO 1.5
  2. DoliveShad

2020 MLF/BPT スケジュール

2020 Bassmaster Elite スケジュール

  1. タックル

    時代の最先端…そして大人気のベイトリール「18バンタムMGL」のXGを使ってみた…
  2. アメリカ

    反則レベル?!ハミンバードの魚探【360 Imaging】がすごい!ケビン・バン…
  3. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
  4. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  5. ハードルアー

    意外とみんな知らない?ハードルアーにスナップは使うべきか?リングに直結するべきか…
PAGE TOP