革命的なワームのズレ防止「ループストッパー」を作る方法。

ループストッパーが革命的にワームをズレなくしてくれる。

フィナから発売されているNSSフックFPPストレートに採用されている「ループストッパー」。このストッパーがワームのホールド性能やワームの裂け防止にものすごく威力を発揮してくれます。

でも自分のスタイルに合った針で釣りしたいですよね。例えば、私ならもっと強度の有るフックにループストッパーを付けたいと思うんです。そう思ったらループストッパーを自分で付けてしまいましょう。

今回は私がやっているループストッパーの作り方を紹介したいと思います。

 

N・S・S HOOKを観察してみると…


他のフックで真似てみようと思いNSSフックをよく観察してみると、フックの内側(フックポイント側)から輪っかが出てるんですよね。

実はNSSフックを観察する前に適当に作ったんです(下の写真の黒い方です) しかし、なんか輪っかが小さい気が…。

ここで初めて気が付きNSSフックをよく観察することにしたのですが、ワームのホールド力や裂けにくさはこの巻き方にあるんだ!と驚いたと同時に、光太郎さんの発想が凄いな~と感心。ループストッパーの素晴らしさを改めて感じる出来事でした。
 

明らかにループの大きさが違いますよね。今まで色々なストッパーを見てきましたが、これが一番扱いやすい完成系のワームストッパーではないかと私は思います。作るのは面倒だけど作る価値ありです!

ループストッパーの作り方


準備するものは写真の物になります。

①バイス フックを固定する台ですね。机などに固定するタイプが使いやすいと思います。他にもラバージグやティンセルフックなど自作することができるので、買って損はないと思います。
②フック ループストッパーを付けたいワッキーリグ用のフックやストレートフックです。
③ブラシガード 今回はラバージグのブラシガードを使いました。丁度いい固さの物を選びましょう。
④ボビンホルダー これも必ず用意したい物で、しっかり固定できるようになります。固定するための糸(スレッド)はフライ用の物を使っています。
⑤瞬間接着剤 巻いた糸を固定するのに必要なゼリー状瞬間接着剤。爪楊枝も用意しましょう。
⑥硬化促進剤 無くても問題ないがあると便利。接着剤が白くならないのがgood!
⑦ハサミ 写真撮り忘れました…汗。ブラシガードや糸を切るのに必須です。
 

はじめにブラシガードを切って二つ折りにします。長さは2cm〜2.3㎝が良いと思います。
 

ループストッパーを付けたい位置に下巻きしていきます。下の写真のように長めに巻いておくと動きにくくなります。
 

下巻きが終わったら、先に二つ折りにしておいたブラシガードを巻いていきます。
 

3、4回巻いたら…
 

下から指で軽く押さえながら巻くと綺麗に巻けます。
 

写真のように一通り巻いたら、ブラシガードのループを起します。起したら内側(ラインアイの方)にも2回ほど巻きます。これはNSSフックではやってませんが、こうすることによってループの角度の調整がしやすくなります。
 

「ハーフヒッチ」と言う結び方で固定していきます。
 

ティンセルフックの写真で説明します。②の糸の手前に①がくるようにします。
 

そして、①の糸を、写真のように針に引っ掛けます。
 

縛り付けるときは、指で押さえながら引くと解けず固定できます。
 

ゼリー状の瞬間接着剤で固定していきます。適量を糸の上にたらし、爪楊枝で塗っていきます。
 

DeeeP STREAMさんで紹介されていたアルテコスプレープライマー。塗り付けた瞬間接着剤にシュッと吹きかけます。(凄い臭いなので窓の外でやることをオススメします)
 

白くならず一瞬で固まるので作業が捗ります。これで完成です!

最後に・・・


慣れてくると4分ぐらいで簡単に作れるようになります。このひと手間が格段に使いやすくなったり、誰も手にできなかったバスを釣り上げることができるようになるんですよね。自分の日頃使っている信頼のフックをチューニングして、さらなる1匹を追い求めてみてはいかがでしょうか。


 

今回使用した道具です。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ビッグスモール炸裂!そしてセンコーの活躍…2016バスマスターエリート最終戦のハイライト映像。AOY Championship前のページ

日本人唯一の優勝者、大森貴洋さんの映像もあるよ!バスマスタークラシック動画まとめ。1971年の初開催~次のページ

関連記事

  1. タックル

    これだけは知っておきたい、リールメーカーまとめ。

    バスフィシング用のリールは毎年新製品が発売され、その種類は数えきれない…

  2. ハードルアー

    ハードベイトの力を最大限に発揮させるには「トゥルーチューン」を覚えよう!

    ハードベイトプラグの力を最大限に発揮するには、まず真っ直ぐにルアーが泳…

  3. タックル

    自分のフィッシングスタイルに合ったレンズを選ぶ。失敗しないサングラス選び。タレックスレンズ

    サングラス選びは難しいイメージがありますよね。はっきりいって正直難しい…

  4. タックル

    T.namiki流でディープの根掛かりも回収!必ず持っておきたい8mロープのルアーリトリーバー

    浅い場所での根掛かり回収機のオススメは伸長式スティックタイプが使いやす…

  5. タックル

    結局ACDelcoボイジャーバッテリーにしました…重いですけどコスパ最強ですよね…

    今まで使ってたエレキ用のバッテリーが寿命なんで、新しいのを検討。軽くて…

  6. ソフトルアー

    新来の X-ZONE「マッスル バック ホグ ハンター」はZBCブラッシュホッグの地位を揺るがすのか…

    フリッピング時のリーサルウェポン「ベビーブラッシュホッグ」しか…

おすすめ記事

  1. LC RTO 1.5

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. VS-3080

人気記事

  1. ドライブスティック・バックスライド
  2. LC RTO 1.5
  3. DoliveShad
  4. スウィートビーバー

2021 MLF/BPT スケジュール

2021 Bassmaster Elite スケジュール

  1. ハードルアー

    意外と知らない?スピナーベイトやラバージグの重量表記は、実際の重さとは違う!?
  2. アメリカ

    ファイト中の竿さばきは必要なし?大森貴洋さんから学ぶバスの釣り上げ方
  3. アメリカ

    秘密のタックル画像。バスプロ達はどんな道具を使ってるのか?B.A.S.S. In…
  4. タックル

    誰もが求める機能が充実!おすすめタックルボックス「バーサス-3080」VS-30…
  5. ハードルアー

    あなたも間違えているかも?クランクベイトを語る上で必ず覚えておきたいワイドウォブ…
PAGE TOP