menu

シャロー道

シーズナルパターン1 冬から春への最初のパターン変化。(3月前半)

越冬エリアからスポーニングエリアへの移動

 3月の初め頃から、バスは春を意識して行動するようになります。
(河口湖や西湖などの1年を通して気温が低い湖などは、1ヶ月程遅れる傾向があります)
1年で最も低かった水温が、日照時間が延びるにつれて、徐々にではあるが水温が上昇していくのがこの時期です。
この頃になると、水深2~3mのミドルレンジに数多くのバスが上がって来るようになり、明らかに春のパターンとして成立してるな!と思えるような、立て続けにバイトがあったりという変化が出てきます。
そんな傾向と同じ時、越冬場所でのパターンは釣れるサイズか小さくなったり、釣れる数も減少してきて、パターンとしては弱い釣りになっていきます。
この時期は春のパターンが始まってるかな?とチェックする感覚ではなく、春の行動を始めているバスをしっかり追いかけて釣るという気持ちでボートをミドルレンジに進めましょう。
この時にはもう、運良く釣れるではなく、確実にバスを釣ることのできる季節になっていると考えられるからです。

バスの動き方

 この時期のバスの動きは、2月後半ごろは、ワンドの入り口から程近い、少し深めの位置にポディショニングしていたバスが、3月前半ごろには、ワンド内の様子を確認しに来るような行動をし始め、ミドルレンジから、シャローに入り込むようになってきます。
つまり、最終的にはスポーニングエリアに入っていこうとするバスなので、ここで考える事は、自分が選んだエリアのどこをどう通って、スポーニングエリアに入って行くかを読む事が大切です。
越冬場所からスポーニングエリアの移動ルートの最初の部分になるミドルレンジで行動しているバスを探す感じで、絞り込んでいきます。
具体的には、2月後半に見つけたエリアから、シャロー側に少し入り込んだ場所をしっかりとチェックする事です。

ルアーを使い分ける

 そんな場所でバスをとらえる事ができたならば、スピナーベイトやジャークベイトを投げ続けるようにします。パターンにハマれば、体高のあるデカくて太いナイスなバスが、立て続けにバイトしてくる事が少なくないです。
ディープエリアからミドルレンジに上がってきて回遊しているバスを狙う釣りになるので、広く探る必要があり、安定した水深をリトリーブでき、ビックバスにも効果が高いスピナーベイトを最初にキャストします。
ノリーズ クリスタルS シリーズ

NORIES

CRYSTAL S ORIGINAL
CRYSTAL S SHALLOW ROLL
スピナーベイトを追いかけては来るが、バイトに至らない時など、バスがいるのは分かってるんだけど、食わせられない時などは、ジャークベイトに変えます。止めて食わせたりアクションの変化が必要な時にキャストします。
O.S.P. アシュラ シリーズ

O.S.P

ASURA O.S.P 925 SP JERKBAIT
ASURA O.S.P VARUNA 110 SP JERK BAIT
ASURA O.S.P RUDRA 130 SP JERKBAIT

最後に…

 スポーニングという1年の約1/4にも渡る長い時間の中で、最初の動きをとらえることは、この後のプリスポーニングミッドスポーニングアフタースポーニングの釣りを追いかける中で、しっかりと押さえておきたい行動の変化です。ここで、バスの最初の動きをとらえることができれば、季節が進んでも、手に取るようにバスのホディショニングを掴む事ができるでしょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事ランキング