革新的な装置「ハイドロウェーブ」でもフリッピングしている時は必要じゃないかも?

ボートでそっと近づいて静かにアプローチしたいマットカバー。

しかし、あいつが何やらガサガサ…ゴソゴソ…。なんか釣れる気がしなくなっっちゃうじゃないか!

もしかしたらハイドロウェーブのが悪さをしている…かも?

スポンサーリンク

バシャ!バシャ!グフゥ!!


ハイドロウェーブを装備してからと言うもの、明らかにボートの周りが騒がしくなるのを感じる今日このごろ…。

フリッピングをしているときも、いつものように使用していたのですが、オオバナミズキンバイで釣っている時いつもと違って何やら水面が騒がしいのです。


そいつは…フロッグ!それもデカいウシガエル

私がフリッピングをする時は、とにかく静かに近寄ってこちらの存在を気付かれないようにするようにしているのですが、キャストもしてないのに草の中をガサガサ飛び跳ねるんです。※この時使っていた音は「Bait Blitz」です。

明らかに違う雰囲気にすぐにピンときてハイドロウェーブのスイッチを切ったのですが、そしたら驚くほどカエルが静かになり動きが止まったのです。

確認の為にまたスイッチを入れたらガサガサ動き出したので、ちょっと魔法でも使ってカエルを動かしているんじゃないかと思うほどでした。

適材適所の使い方


基本的にヘビーカバーにいるバスをフリッピングで釣るときは「居れば食う」という感じだと思ってます。そう考えた時、デカいカエルが水面でバシャバシャしてたら余計なプレッシャーになるんじゃないかと思いました。なのでハイドロウェーブのスイッチを入れない方が釣れるって考え方ができると思います。

逆に考えれば、菱藻やブッシュでフロッグゲームをしている時にハイドロウェーブを使えば、カエルを動かしバスの活性を上げることができるかもしれません。

ちなみにこの前の試合の時は全てOFFにしている時にバイトがありました。

最後に・・・


ハイドロウェーブは確かに生き物たちの活性が変わります。しかし、まさかカエルまで動くようになるとは思ってもいませんでした「フリッピング時はハイドロウェーブのスイッチをOFF「フロッグゲームの時はONそんな使い方もありかなって感じました。

まだまだこれからも効果的な使い方を模索していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

   
 
 

関連記事

  1. タックル

    なぜ、私はシマノのリールを選ぶのか?しょんない独り言

    皆さんはバス釣りの道具を選ぶ時、何を基準に選びますか?少し前に…

  2. タックル

    心躍る釣り具の祭典!「2018キープキャスト」に行ってきたよ! Part1

    3月10日(土)・11日(日)の2日間に渡って行われた、中部最大級の釣…

  3. フリッピング

    適度が最適!テキサスリグのシンカー固定はデコイ「テキサスロック」がオススメな理由

    たかがウキ止めゴム、されどウキ止めゴム…テキサスリグで障害物(…

  4. タックル

    今では当たり前?!移動時のロッドとラインを守る、おすすめのロッドカバー。

    あなたのラインを引きちぎって行ったバス。そのラインブレイク、もしかした…

  5. フリッピング

    釣れるマットカバーはここが違う!簡単にバスが潜むエリアを見つける方法

    小規模なマットカバーなら片っぱしから釣りして釣れる場所を探すことができ…

おすすめ記事

  1. ベビーブラッシュホグ
  2. ルドラSP

シャロー道/SNS

メニュー

最近の記事一覧

  1. バスの本能や修正

人気記事

  1. DoliveShad
  2. トレーラーフック
  3. newスライドスイマー250

2019 MLF/BPT スケジュール

2019 Bassmaster Elite スケジュール

  1. シーズナルパターン

    鳥を見よ!!意外とみんな知らない、鳥がバスの居場所を教えてくれる!
  2. アメリカ

    大森さんが優勝したレイク・マーチン戦のTV番組が見れるようになりましたよ!
  3. フリッピング

    釣れすぎるヒシ藻のデカいバス。基本的な釣り方とオススメルアーなど
  4. タックル

    億を稼ぐロッド「TATULA ELITE 701MHRB-G」を1シーズン使って…
  5. ハードルアー

    シャロー道(今のところ)オールタイムベスト10ルアー!
PAGE TOP